松月のRhymes&Reasons

アメリカン・フォーク・ソングの言葉と想い そして源流をたずねる旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Four Green Fields (4つの緑の野原)

~ トミー・メイケムとアイルランドの緑の風 Part 2 ~

これまでのお話
トミー・メイケムとアイルランドの緑の風 Part 1

今日はメイケム&クランシー特集の後編をお送りしたいと思います。

前編でご紹介した「春のさすらい」の歌も、右上の「平和の鐘」で今季演奏されている「春の日の花と輝く」もそうですが、アイルランドの歌には「みどり」という言葉が象徴的に使われているのですね。写真で見てわかりましたが、そこは緑あふれる、それはそれは美しい島なのです。きっと新緑の季節はとても素敵なのでしょうね・・・

今日は“Four Green Fields”という歌をご紹介します。この歌はトミー・メイケムの代表作といわれ、アイリッシュ・フォークのスタンダードになっているそうです

これは、コノート(Connacht)、マンスター(Munster)、レンスター(Leinster)、アルスター(Ulster)という、アイルランド島の4つの地方を指していますが、この愛と緑の島の美しさを讃える詩の裏側には、1人の老婦人が語る、悲しい歴史の物語がありました。

4つの緑の野原 そのひとつひとつが宝石でした
しかし 見知らぬ人たちが 私から取り上げようとしました
勇敢な息子たちは 宝石を救うために戦ってくれました
戦って死んでいったのは とても悲しいことでした

遠い昔 戦争や死や略奪があり
子どもたちは 山や谷や海からの愛に飢えていました
彼らの悲しみの叫びは 天をも揺るがし
4つの緑の野原は 彼らの血で赤く染まりました

4つの緑の野原の1つは 今もなお見知らぬ人たちの手の中
しかし 4つめの緑の野原にも きっと再び花が咲くでしょう


イギリスによる植民地支配のことが語られています。きっと語り手の老婦人はアイルランドの大地そのものであり、「子どもたち」は国を愛する人々を指しているのでしょうね。「4つめの緑の野原」は今なおイギリスの統治下にある北アイルランドのことで、この歌が作られた60年代当時、そこでは独立派と連合派の対立が続いていたので、平和が訪れるようにと願っていたのですね。今では少しずつ平和的な解決に向かっているようです。

アイルランドの歴史なんて、これまで考えてみたことがなかったのですが、こういうことが歌によって語り伝えられて、平和の尊さを認識するのは大切なことだと感じました

メイケムさんが静かに、力強く歌っています。彼が間奏で吹いているのは「ティン・ホイッスル」(tin whistle)という、アイリッシュには欠かせない縦笛なのだそうです。きれいな音色ですね。わたしも笛吹きなので、1本ほしくなってしまいました。ブログ・フレンドで世界楽器屋さんのすだれさんは扱ってくださってるかしら。後でうかがってみよう!

http://www.youtube.com/watch?v=grwZo6dxXDA


メイケムは2007年、肺がんのためクランシーの兄さんたちの元へと旅立ちましたが、彼の子どもたちが歌うことを引き継いでいるそうです。残されたリアム・クランシーはメイケムのことを友達ではなく「兄弟」だと語ったそうです。この「兄弟たち」が緑の風にのせて届けた歌は、これからもたくさんの人々の心に生き続けることでしょうね

続編を書きました。あわせてどうぞ♪
アイリッシュとアメリカン・フォーク Part 1
トミー・メイケムとアイルランドの緑の風 Part 3
↑読んでいただけたら評価をお願いします。↓コメントいただけるとさらに喜びます☆

テーマ:ケルト音楽 - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

故郷への思い

とてもしみじみといた、暖かみのある歌でしたね!
アイリッシュ・フォークのスタンダードなんですね・・・。

イギリスというと、ひとつの国だと思っていたのですが、実際にはイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドから構成されている連合王国で、歴史の中でいろんな悲しい出来事もあったのですね。

誰かが誰かを支配しようとはせずに、みんなが友達のように兄弟のようになれたらいいのにねぇ、と思うのですが・・・。

この歌を聴きながら、平和について考えて実践していきたいものですねv-22

平和とは

IF I WERE FREEという曲を取り上げてからこちらを覗くと松月さん記事の中にも平和という文字が、偶然とはいえやはり人はどんな時でも平和を願いそれを忘れないようにしなければならないと思いました。

Four Green Fieldsという曲も心に響く素敵な曲で、メイケムさんの笛と歌声もいいですね。

松月さんの笛も早く聴いてみたいです。

NoTitle

 本当に最もシンプルで、しかも最も説得力がある〃唄〃の素晴らしさを感じさせてくれるいい曲ですね。
 こういう〃唄〃を大事にする音楽が好きです。アイルランド系の音楽はその点、本当に素晴らしい音楽文化を持っていると思います。
 自分もまたかつてのレコードやCDでも引っ張り出して、ブリティッシュ・トラッド系もたまに聞いてみようかと思いました。
 日本もまた自然が美しい国なので、もっともっと自然を大事にするため、日本語で歌えるこのような歌が日本にも欲しい気がしました。

愛と緑の島だより

マーヤさん、

みなさんにこの企画に参加していただき、本当に感謝しています。
メイケム&クランシーのおかげで、わたしも改めて平和について考えさせられました。

実はこの記事を書いた後、南こうせつさんのラジオ番組「こうせつと仲間たち」の中で、偶然にもアイルランドでの体験を語っていらして、超びっくり&うれしかったです。そのお話がとてもよかったし、関連してご紹介したい歌があるので、近々Part 3も書きたくなってしまいました。どうぞお楽しみに!v-238

レモンさん、

おー、これまた偶然でしたね。あとでまた読ませていただきますー!

ティン・ホイッスル、いろいろ調べていたところ、ちょうどいいのを見つけたので、注文してしまいました。連休前に届くといいのですが。連休中に山か海で少し練習できたらいいなぁーなんて思ってます。これもいずれ記事にしたいです。どうぞお楽しみに!v-278

takabohさん、

わたしも「唄」を大事にする音楽が好きです。メロディがきれいならなおいいですね!

>日本もまた自然が美しい国なので、もっともっと自然を大事にするため、日本語で歌えるこのような歌が日本にも欲しい気がしました。

そんだら、そういう歌をつくっちゃいましょうか。そして「ひたち松月」でシンガー・ソングライター・デビュー目指しましょうか・・・なんちゃって(笑)。記事にする可能性はかなり低いですが、どうぞお楽しみに!?v-264

いいですね、デビュー

デビューしたらもちろん1枚目のアルバムは僕が買います。 
それよりなにより伴奏もさせていただきたいし、お邪魔でなければバックコーラスもいたします。
ポールさんにプロデュースしてもらうというのもいいかな。おっとジョージさんのギターを忘れちゃーいけませんね。 (笑)

何はともあれ1曲作ってくださいね。

NoTitle

私が2枚目を購入します。
 レモンさんの提案のようなアルバムがつくってみたいなー。いろいろなジャンルの曲を集めてみたいですね。
 私のバンドでもオリジナルを作りたいのですが、むずかしいですね。

わーい、2枚売れたー♪(笑)

レモンさん&Georgeさん、

「なんちゃってシンガー・ソングライター」の1stアルバムをお求めいただき、まことにありがとうございます(笑)

そうですね、こちらには素晴らしいプロデューサーに、少なくとも4名のギタリスト、それにたくさんのシンガーがいらっしゃいますので、みなさんと一緒にこの庭から世界へメッセージを発信することができればもう大感激ですよーv-411

デビュー宣言は99%冗談ですが、ご賛同いただけてとてもうれしかったです。
今後ともこの空間を素敵な庭にしていただきますよう、ご協力お願いいたしますv-344

NoTitle

初めて聴く歌ですが、
力強く、心ゆさぶられますね。
トミー・メイケムというシンガーの声もとってもいい声で、
何より観客の反応がすごいですね。
北アイルランド紛争はリアルタイムで経験しましたが、
日本に伝わってくるのは陰惨なテロ事件でした。
その中でこのような歌がうたわれていたとは、
また教えていただきました。

北アイルランド紛争とフリーダム・ソング

ミキタカ08さん、

聴いていただいてありがとうございます。
トミー・メイケムさんも2年前に亡くなってしまいましたが、アイリッシュ・トラッドとアメリカン・フォークを結びつけた素晴らしい方でした・・・。

この歌も力強いメッセージ・ソングですよね。この歌やNo.118の「風は歌うよ」をたくさんの方に聴いていただいて、「自由」について考えるきっかけにしたいですねv-22

コメントの投稿


No.96 Four Green Fields (4つの緑の野原)
上の記事を読まれたご感想・ご意見をお聞かせくださいね!
初めての方は、まずこちらへお立ち寄り願います^^♪ → 松月の芳名録

らいむ&りーずん(2011.4- )

現在、松月は千葉からゆる~く発信中♪

プロフィール( -2011.3)

松月

Author:松月(しょうげつ)
別名「日立の笛吹き娘」

20代ですが、アメリカン・フォーク・ソングに10年間も熱中しています。

茨城で演奏活動されている読者の方々の影響で、現在はブルーグラスに傾倒?
広場にティンホイッスルを持ちこんで、人と地球にやさしい?音楽を発信中。

ご感想・ご意見の書きこみ歓迎♪もちろん楽器(演奏の話)の持ちこみも歓迎♪各記事の下で、レッツ・セッション♪♪

初めての方は、こちらへどうぞ☆
松月の芳名録

YouTubeに演奏を載せています。
よかったら聴いてみてくださいね♪
The Whistlin' Gal from Hitachi

ごあんない
松月のお気に入りリスト
最近の記事
最近のコメント

コメントありがとうございます!

最近のトラックバック

TB元に直接飛べます!
松月の元記事は「←」で参照できます。

カテゴリ
月別アーカイブ

My Whistles


Dixon DX006D
(Tuneable Aluminium Soprano D)

Dixon DX107A
(Tuneable Aluminium Alto A)

緑のgoo

子どもたちや花々は 僕のきょうだい
笑顔でこころも 晴れわたるよ~
 -「ライムズ・アンド・リーズンズ」

いつもお世話になっております♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。