松月のRhymes&Reasons

アメリカン・フォーク・ソングの言葉と想い そして源流をたずねる旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アメイジング・グレイス」 by ジュディ・コリンズ

今年度はこの曲で締めくくりましょう。「アメイジング・グレイス」(Amazing Grace)。日本でも「我をも救いし」というタイトルで歌われている、有名な讃美歌ですね

ロンドン出身の作詞者ジョン・ニュートン(John Newton, 1725-1807)は、幼い頃に敬虔なクリスチャンだった母親を亡くし、その後預けられた学校を飛び出し、地中海航海船の船長だった父親について船乗りの生活を始めてからも、反抗したり、徴兵中に逃げ出して投獄されたりと、荒れ狂った青年時代を送っていました。そのためイギリスの海軍によって奴隷船の船員にさせられ、アフリカの奴隷貿易にも関わっていました。

1748年、乗っていた奴隷船がひどい嵐に遭い、難破寸前まで追い詰められた時、22歳のニュートンは必死で神に祈ったといわれています。積み荷のほとんどが流されてしまい、しばらくは苦しい生活を強いられたものの、彼の船と命は奇跡的に助かったのです。

ニュートンはその後も7年ほど奴隷船の船長を務めましたが、礼拝の時間を設けたり、キリストについての本を読んだりするようになりました。奴隷たちに対する想いも変わり、今後は生活を改め、キリストに従う者として生きることを心に決めたそうです。

1755年、病を患ったのがきっかけでニュートンは船を降り、青年時代に心を慰めてくれた恋人と結婚し、リバプールで仕事をしながら聖書を読み始め、がんばって牧師になりました。それからは奴隷船員の姿で教会を回りながら、大衆に向けて自身の経験と福音を語り、いくつかの讃美詩を残したということです。

詳しくはこちらのサイトをご覧くださいませ・・・。
オルニー讚美詩集とアメージング・グレイスを謳った元奴隷船の船長ジョン・ニュートンの生涯

この歌は、荒れた人生を送り、奴隷貿易に関わってきた自分をも許し、嵐から救い出してくれた神の恵みの大きさを歌っている、まさにニュートンの神に対する感謝の想いだったのですね・・・

わたしも太平洋のようにおおらかで、桜のように優美な女性になりたいものです

この曲もまたいろんな人が歌っていますが、わたしにとってはやっぱりジュディ・コリンズですかね。今日は少年合唱団と一緒にアカペラで歌うジュディの美しい声をじっくり聴いてみましょう。合唱団の前列の子どもたちが一生懸命でかわいいなぁー

http://www.youtube.com/watch?v=l6vR-TQ7n68
☆歌詞と対訳☆

Amazing Grace, how sweet the sound
That saved a wretch like me
I once was lost, but now I'm found
Was blind, but now I see


驚くばかりの恵みよ、なんと優しい響きなのでしょう
このような私でさえも救ってくれたのです
私は自分を見失っていましたが、見つけられました
見えなかったものが、今では見えるのです

T'was Grace that taught my heart to fear
And Grace my fears relieved
How precious did that Grace appear
The hour I first believed


私の心に恐れることを教えてくれたのは恵みでした
恐れを取り除いてくれたのも恵みでした
なんと素晴らしかったでしょう、恵みが現れたのは
私が初めて神を信じた時に

Through many dangers, toils and snares
We have already come
T'was Grace that brought us safe thus far
And Grace will lead us home


たくさんの危険や苦難や誘惑を乗り越え
私たちはやって来たのです
恵みはこんなに遠くまで、無事に連れてきてくれたのです
そして私たちが帰るべき場所へと導いてくれるでしょう ↑読んでいただけたら評価をお願いします。↓コメントいただけるとさらに喜びます☆

テーマ:心に沁みる曲 - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

NoTitle

こんばんは^^
アメイジング・グレイス、こんな背景があったんですね。知りませんでした。
そうですよね。日本人アーティストも歌っていますけども、このジュディ・コリンズのもいいですねv-410
歌詞はこういう意味があったのですね。ありがとうございますm(_ _)m

大いなる恵み

sayaさん、

日本人アーティストといえば、白鳥英美子さんとか本田美奈子.さんとかが歌ってましたっけ。最近(といってももう5年以上前か^^;)では、ドラマ「白い巨塔」でヘイリーという若手の歌手が歌っていたのがよかったですねv-353

わたしもこの背景を知って初めて歌詞の意味がわかりました。そして、周りの方々の励ましに支えられていることに気づき、自分の生きる道を見出せたような気がしました。これから忙しくなり、さらに更新が減りそうですが、どうぞよろしくお願いいたしますv-22

これも名曲ですね。

ジュディ・コリンズの透き通ったヴォーカルのAMAZING GRACE最高ですね。60年代から、現在に至るまで、活躍している、数少ない女性シンガーですね。CSN&Yの青い目のジュディーとは、彼女のことを歌ったといわれるほど澄んだ瞳とヴォーカルが、この楽曲のよさを引き立ててくれますね。

透き通った歌声にうっとり☆

PPMMポールさん、

本当ですね。この歌はそれだけでも心が洗われるのを感じるのですが、
彼女の透き通った歌声がとてもよくあっていますよねv-238

CSN&Yの「青い目のジュディ」って彼女のことだったのですね!
スティルスさんとは恋人だったそうですね・・・初めて知りましたv-23

 黒人の人達が大切に歌い継いでいるというこの曲の意味がなんとなく分かったような気がします。ありがとうございました。m(_ _)m
 自分にとって、ジュディ・コリンズと言えば、高校当時、昼休みになると放送部が必ず流してくれた「Both Sides Now(青春の光と影)」が思い出の曲です。

黒人たちの心の歌

takabohさん、

そうですよね。このメロディの発祥は詳しくわからないのですが、
スピリチュアルとして歌い継がれているのは、とても感動的ですよね!
歌の力で、世の中から差別がなくなってほしいですねv-354

ジュディの「青春の光と影」はNo.31の記事でご紹介しています。
まだご覧になってないようでしたら、ついでにどうぞv-392

NoTitle

「青春の光と影」の記事、まだ読んでいませんでしたので、読ませていただきます。また、購読ツール、速やかに対処していただき、感謝いたします。ありがとうございました。m(_ _)m

やっぱり

takabohさんでしたかー^^

アンケートにご協力ありがとうございました!
こちらこそ、いつも熱心に読んでいただき感謝ですv-238

驚くばかりの恵み

ご無沙汰しております。
ジュディ・コリンズの「アメイジング・グレイス」はとても良いのですが、ナナ・ムスクーリも双璧をなすぐらいの出来だと思います。ナナ・ムスクーリはギリシャ人ですが英語の発音も美しく、声も綺麗です。また、男性ではジョニー・キャッシュが味わい深く、心に滲み渡ります。聴いた後は何か啓示を与えられたような印象が残りました。既にご存知かもしれませんが、両方ともYoutubeですぐに見つけられます。

すごーい!

Backstreetsさん、

しばらくぶりのメッセージ感謝です。

ナナ・ムスクーリさんは英語圏のスタンダードをたくさん歌っていらっしゃるようで、とてもきれいな声で癒されますよね。ジョニー・キャッシュがこれを歌っていたとは知りませんでした。意外に聴きやすくて驚きました。ご紹介ありがとうございましたv-411

UP感謝です。

 よくぞこの記事をUPしてくださいました。
キリスト信者を代表してお礼を申し上げます。
有難う御座いました。

どういたしまして^^

トクベー&キーボーさん、

クリスチャンの方が来訪されるとは思ってもみませんでした。
気に入っていただけてうれしいですv-259v-353

コメントの投稿


No.92 「アメイジング・グレイス」 by ジュディ・コリンズ
上の記事を読まれたご感想・ご意見をお聞かせくださいね!
初めての方は、まずこちらへお立ち寄り願います^^♪ → 松月の芳名録

らいむ&りーずん(2011.4- )

現在、松月は千葉からゆる~く発信中♪

プロフィール( -2011.3)

松月

Author:松月(しょうげつ)
別名「日立の笛吹き娘」

20代ですが、アメリカン・フォーク・ソングに10年間も熱中しています。

茨城で演奏活動されている読者の方々の影響で、現在はブルーグラスに傾倒?
広場にティンホイッスルを持ちこんで、人と地球にやさしい?音楽を発信中。

ご感想・ご意見の書きこみ歓迎♪もちろん楽器(演奏の話)の持ちこみも歓迎♪各記事の下で、レッツ・セッション♪♪

初めての方は、こちらへどうぞ☆
松月の芳名録

YouTubeに演奏を載せています。
よかったら聴いてみてくださいね♪
The Whistlin' Gal from Hitachi

ごあんない
松月のお気に入りリスト
最近の記事
最近のコメント

コメントありがとうございます!

最近のトラックバック

TB元に直接飛べます!
松月の元記事は「←」で参照できます。

カテゴリ
月別アーカイブ

My Whistles


Dixon DX006D
(Tuneable Aluminium Soprano D)

Dixon DX107A
(Tuneable Aluminium Alto A)

緑のgoo

子どもたちや花々は 僕のきょうだい
笑顔でこころも 晴れわたるよ~
 -「ライムズ・アンド・リーズンズ」

いつもお世話になっております♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。