松月のRhymes&Reasons

アメリカン・フォーク・ソングの言葉と想い そして源流をたずねる旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「太陽を背にうけて」 by ジョン・デンバー

諏訪梅林と鮎川

茨城で梅の名所といえば水戸の偕楽園が有名ですが、日立にも諏訪梅林という公園があります。水戸藩主の徳川斉昭は梅をこよなく愛し、この地に梅を植えさせたと伝えられています。高鈴山のふもと、市民がよみがえらせた清流・鮎川の流れるこの地は「茨城の自然百選」に含まれており、春になれば300本の梅が花を咲かせます・・・。

先月、ふと思い立って諏訪梅林を訪れたところ、白梅が花を開き始めていました

風はまだ冷たかったけれど、だからこそ身にしみて感じられた日の光の暖かさ。
日の光を見つめれば、あふれる涙、じわーっとわきあがるやさしさと力強さ。

そばを流れる鮎川の水面にも日の光が踊って、とってもすてきでした。
梅もきっとやさしい日の光に励まされて、花を開くのでしょうね・・・


最近になって母から教わったのですが、2月は日の出がぐんと早くなり、日の光も次第に強まるので「光の春」というのだそうです。とってもすてきな表現だと思いました。冷たい風の吹く中でも、力強さを増す日の光のように、心に希望を持っていたいものですね

3月を迎えて、これからさらに暖かくなっていくと思います。
みなさんも日々の暮らしに疲れたら、歩きに行きませんか。太陽を背にうけて・・・

というわけで、今回は「光の春」にぴったりの歌、ジョン・デンバーの「太陽を背にうけて」(Sunshine on My Shoulders)をご紹介します。1974年に全米最高1位を記録しています。日の光の暖かさが伝わってくるようなこの歌は、当時のアメリカにも明るい希望の光をもたらしたのでしょうね・・・。

この歌の詩は本当にやさしくて暖かいです。それに、“makes me happy”とか、“If I had”とか、重要な文法表現が繰り返し出てくるので、高校の英語の授業で紹介するのにうってつけ!

でも、ふと疑問に思ったのですが、なぜ“If I had”と「仮定法」を使っているのでしょう?
まっすぐに愛を伝える歌なら、“If I have”のほうがふさわしいと思ったのです。

もしかすると、ジョンは奥さんのアニーさんとうまくいっていなくて、暗い気持ちになっていた時、暖かい日の光に元気づけられて、この歌を書いたのかもしれませんね。わたしが諏訪梅林で日の光から感じたような、やさしい気持ちを伝えたいけれど、うまく伝えられるだろうか、、、という気持ちだったのかもしれません。あ、でもこれは松月の考えにすぎませんので、ジョンのコメントがあったらぜひ知りたいです。いつかマーヤさんに解説の記事を書いていただけたらうれしいですねぇ~^^;

下の映像は1995年の「ワイルドライフ・コンサート」での演奏ですね。ジョンが初めに「僕の歌には自然から受けたイメージがたくさん詰まっているんだ」と語っていますが、だからこそ、ジョンの歌を聴くといつもおおらかな気持ちになれるのでしょうね・・・。どうかじっくりと聴いてみてくださいね

http://www.youtube.com/watch?v=HrI_VXLUcFk
↑読んでいただけたら評価をお願いします。↓コメントいただけるとさらに喜びます☆

テーマ:心に沁みる曲 - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

春よ 光輝く春

いい写真撮られましたね。
梅の花が咲くときって寒さがまだまだ残っていて時折暖かさを感じるような時期ですよね。
でもそれがもうすぐやってくる春を思う心の豊かさを育ててくれるのだと思います。
 「光の春」という言葉は初めて知りました。優しくて力強いというイメージかな。

ジョンデンバーも一人の人間ですから奥さんと上手くいかない事もあったでしょう。そこに着目した松月さんもさすがです。

そういえばこちらのブログも春になりましたね。





早春の光

レモンさん、

うれしいメッセージをありがとうございます!
日の光が梅の花と鮎川の水を輝かせて、本当に素敵な光景でした。

その時わたしも精神的に疲れ果てていたので、この川岸に腰をおろして、背中を暖めてくれた光に元気づけられました。記事中に緑色でしるした4行は、この歌の初めの4行にぴったり重なる経験でした。ジョンもきっと同じように感じていたのだと思います。

「きみのために願いごとができるなら、日の光がずっと輝いているようにと願いたい」

こんな気持ちになれますよ、本当に。ネイチャー・セラピー効果は凄いですv-410v-281

最近は雨が続き、3日にはめずらしく雪も舞いましたが、この寒さが過ぎれば(特にヒタチストなら)だれもが心待ちにしている桜の季節がやってくることを信じて、明るく過ごしたいですね!v-252v-485

NoTitle

松月様

 するどい着眼でしたね。あれほどのジョンですから、歌を作れないことはないはずですものね。それをif I had a song I could sing for youというのは、心情的に作れない、つまりちょっとうまくいっていない、ということが考えられますものね。
 私はこの歌を聞くと、すぐにBig JohnのジーンズのCMを思い出してしまいます。あの頃はバックパッキングがはやり、チェックのシャツにダウンベスト、しかもジーンズというスタイルがはやりました。なつかしいですね。

レモン様

 ギターの弦についてお教えください。
 私はいつも演奏(練習)したあとぺグを4回まわし(実際は2周)て緩めるようにしていますが、1弦と3弦が特に緩める時に切れてしまいます。3回くらい張って緩めることを繰り返すと切れてしまいます。
 そんなものなのでしょうか。あるいは何かよい対策法をご存知でしたら、お教えいただけるとありがたいと思います。

光の春

もうすぐ春だなぁ、と思える季節になりましたね

松月さんのおっしゃる通り、「太陽を背にうけて」は、こんな季節にびったりの曲ですよね♪

本当に何度繰り返し聴いても飽きない素晴らしい曲だと思います。

「サンシャイン」と言えば、BIG JOHNと言うジーンズでもあるし、この歌の誕生秘話のほうもいつの日か、まとめてみたいですね!

春はいつ来る

天気が今ひとつですがあせらず春を待つのもいいですね。

georgeさん、実は僕はギターの弦を無精で緩めないんですよ。1弦が011という細い弦なのでそりも気にしなくてもいいと思っています。緩めるとチューニングした時安定するまで時間がかかるからという理由もあります。だから参考にならないと思います。
ただ3回くらいで切れるというのはおかしいですね。切れるところが同じなら何かそこに問題があるかもしれませんね。
ブリッジ側かネック側なのかも確認しないと分からないですね。
僕は弦を巻くときニッパーで切って長さを調節して巻いていますがジョージさんはどうしてますか。

マーヤさん最近はお体いかがですか、ブログもすこし書かれているみたいですね。でもあまり無理をされないように。

NoTitle

レモンさん

 さっそく教えていただきありがとうございます。私もニッパで弦を切っています。巻き終わってから切るようにしています。切れる時は糸巻きの根元の部分で切れます。でも、レモンさんのおっしゃるように1弦、3弦くらいならゆるめない方がかえってよいのかもしれませんね。
 ギターソースというものがあり、ネックとサドル部分に塗ると弦のすべりがよくなる、というものを使っていますた、切れる時は切れますね。でも、チューニングは安定するような気がします。
 レモンさんの000、いつか聞かせていただければと思います。ギターって、本当に生き物だし、そのつもりであつかってあげれと、こちらの気持ちに答えてくれますね。素晴らしい楽器だと思います。

NoTitle

Sunshine on my shoulder makes me happy
この歌詞に、全てがこめられている名曲ですね。

なんとなく西田敏行の「もしもピアノが弾けたなら、心の全てを歌にして」とif I had a song I could sing for you が重なって感じられるのは、私だけでしょうか?

ちなみに、この歌は、1976年に、NOWというアルバムで、ブラザース・フォアもカバーしています。

GEORGEさん レモンさん
ギターの弦は、一般的に緩める時に切れやすいので、ある意味しょうがないことですよね。1弦と3弦が切れやすいというのでしたら、基本的にその2本は、あまり緩めないということでいいのではないでしょうか。全部を緩めすぎても、ネックにはよくないようです、











NoTitle

ポールさん

ご指南、ありがとうございます。
昨夜も練習があり、その際HD28Vを使っているリードギタリストにきいたら、彼もやはり1,2,3弦は緩めていないということでした。しかしミディアムをはっているので、この前ポールさんに教えていただいたフォワードブレイシングの話をしておきました。彼のHDは一度ギタースタンドごと転倒し、ネックが真っ二つ!という憂き目にあっているのですが、最近良い音がでるようになってきています。
 全部を緩めすぎるのもネックによくない、というご指摘も本当にありがたいです。知りませんでした。
 まだまだ私もギターという楽器そのものについても勉強していかなければいけませんね。いつか、レモンさんたちとギターを持ち寄って、一緒に演奏してみたいですね。
 
 ここで池中弦太が登場するとは思いませんでした。でも言われてみれば確かにその通りですね。
 「太陽を背にうけて」は自然に対するジョンの畏敬の念が現れている歌とも、とれるような気がします。どんなにがんばって僕の気持ちを伝える手段を持ってしても、太陽の輝きには到底かなわない。それさえあれば僕の気持ちは伝わる、そんな風にも解釈できるような気がします。それが西田さんの「ピアノが僕の気持ちを伝える最上の手段なんだろう」という気持ちに通じるのではないでしょうか。
 If I had a piano, I'd play it for you with all my feelings. とでもいうのでしょうか。

冬の終わり、春の始め

Georgeさん、

やっぱりジョンも心情的に歌が作れないことがあるのでしょうね・・・。
“If I have a song that I can sing for you, I'll...”
と比べてみて、ジョンのやるせない想いが感じられるなぁと思いました。

当時は“Big John”というジーンズのCMがはやったのですね!?
みんな「自然に帰ろう」って想いが強かったのか、それともジョンのまねがしたかったのか?^^;
いずれにしても、バック・パッキング~!v-218はいいですよね!v-411

マーヤさん、

ジョンの歌って、まさに「冬の終わり、春の始め」のこの季節が旬というか、
最も心にしみるように感じます。わたしにとってジョンは早春の日ざしのイメージなんですv-281

やっぱり“Big John”ですかー。バック・パッキングまではしませんが、
今年も4月の終わりに、神峰山へ大島桜を見に行けたらいいなぁ~と思っています。

解説を書いていただけるんですか!? ありがとうございます~!
気が向いたらでいいので、その時はどうぞよろしくおねがいいたしますねv-238

レモンさん、

お返事をいただき、ありがとうございます。今日はサンシャインがいっぱいでしたねv-278
かみね公園頂上の日立紅寒桜の葉が出始めていましたよv-252

冬の終わり、春の始め~つづき

PPMMポールさん、

「もしもピアノが弾けたなら」、確かに同じような想いを感じ取れますねv-341

“Sunshine on my shoulders makes me happy.”も、
“If I had a song that I could sing for you, I'd...”も、

短い1文の中に想いがすべてつまっていますよね。
そのまま日本語にしてしまうと読み取れない、深い意味も感じられます。

ブラフォーも歌っていたのですか! 4人でハモったら素敵でしょうね・・・v-344

もう一度、Georgeさん、

>「太陽を背にうけて」は自然に対するジョンの畏敬の念が現れている歌とも、とれるような気がします。

すばらしい解釈ですね! すごくジョンらしい考えだと思いましたv-398

今日はひさびさに晴れ渡り、暖かな1日で、気持ちがとても明るくなりました。
わたしたちもいつも日の光から元気をもらっているのだと感じました。
寒い地域や雪国にお住まいの方は、日頃から感じられていることでしょうねv-353

NoTitle

ジョンはこの歌を日本語で歌っていました。もう30年以上も前の武道館でです。カンニングペーパーをギターのヘッドにはさんで歌ったことを自分でばらしていました。明るいジョンらしかったです。
 このどちらかというと間延びしたような曲がなぜあんなに受け入れられたか、それはやはり歌詞の内容の強さと、曲想の良さなのでしょうね。
 私は映画「サンシャイン」を思い浮かべますが、同時に田んぼ、夏の青い空、川をよぎるそよ風、そんな光景も脳裏をよぎっていきます。素晴らしい曲ですね。

サンシャインはいつだって・・・

Georgeさん、

わー、ジョンは武道館でこの歌を日本語で歌っていたのですか!?
どんなだったか、今度お会いした時に詳しく聞かせていただきたいですね!v-392

わたしも初めて聴いた時は、正直「なんか退屈な歌だなぁ」と思っておりましたが、
歌詞の意味がわかると、自身の経験と重なって、涙が止まらなくなりました。

さらにみなさんからの、特に8番目のGeorgeさんのコメントのおかげで、
この歌がもっともっと好きになりました。本当に感謝ですv-238

>田んぼ、夏の青い空、川をよぎるそよ風

これは茨城の田園風景そのものですよ!(←どんだけローカルなんだお前は^^;)

コメントの投稿


No.87 「太陽を背にうけて」 by ジョン・デンバー
上の記事を読まれたご感想・ご意見をお聞かせくださいね!
初めての方は、まずこちらへお立ち寄り願います^^♪ → 松月の芳名録

らいむ&りーずん(2011.4- )

現在、松月は千葉からゆる~く発信中♪

プロフィール( -2011.3)

松月

Author:松月(しょうげつ)
別名「日立の笛吹き娘」

20代ですが、アメリカン・フォーク・ソングに10年間も熱中しています。

茨城で演奏活動されている読者の方々の影響で、現在はブルーグラスに傾倒?
広場にティンホイッスルを持ちこんで、人と地球にやさしい?音楽を発信中。

ご感想・ご意見の書きこみ歓迎♪もちろん楽器(演奏の話)の持ちこみも歓迎♪各記事の下で、レッツ・セッション♪♪

初めての方は、こちらへどうぞ☆
松月の芳名録

YouTubeに演奏を載せています。
よかったら聴いてみてくださいね♪
The Whistlin' Gal from Hitachi

ごあんない
松月のお気に入りリスト
最近の記事
最近のコメント

コメントありがとうございます!

最近のトラックバック

TB元に直接飛べます!
松月の元記事は「←」で参照できます。

カテゴリ
月別アーカイブ

My Whistles


Dixon DX006D
(Tuneable Aluminium Soprano D)

Dixon DX107A
(Tuneable Aluminium Alto A)

緑のgoo

子どもたちや花々は 僕のきょうだい
笑顔でこころも 晴れわたるよ~
 -「ライムズ・アンド・リーズンズ」

いつもお世話になっております♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。