松月のRhymes&Reasons

アメリカン・フォーク・ソングの言葉と想い そして源流をたずねる旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

還暦おめでとう、南こうせつさん♪



先日いただいたお花を組み替えて作りました。真ん中のハートはチョコです^^
なんでこんなものを作ったのかというと、今日は特別な記事を書きたい日だから。

ポール・サイモンの還暦祝いの日以来の念願がかない、
ジェイムス・テイラーの還暦祝いの前日についに開設したこのサイトで、
今日、この方の還暦祝いができるのをとてもうれしく思います
南こうせつさん・・・4年前、「岩を砕く花のように」というすばらしい歌に出会わなかったら、彼とジョン・デンバーのことを今こんなに好きにはなっていないでしょう。あの歌がわたしを変えてくれました。美しい故郷を残すことの大切さに気づかせ、松月のスピリットを目覚めさせてくれました。さらに彼の歌声が、心から平和を願う誠実さを感じさせるような、こんなにも優しくて暖かいものだったなんて、それまで気づいていなくて、彼に対するイメージががらっと変わったのです

それから何か月か過ぎたある日、某音楽番組でこうせつさんが歌っているのをたまたま見ました。「加茂の流れに」ともう何曲か歌ってくれたと思うのですが、どの曲も心に響いて、気づくと視聴者プレゼントへのはがきを書いていました。何よりも感想を書いて送りたくて仕方がなくて、下のアルバムが当たることなど正直まったく期待していませんでした。1か月後、そのアルバムが送られてきた時はビックリしました。あの時の想いがまっすぐ届いたのだと今でも信じています

ギターを鳴らせ songs of the best(DVD付)ギターを鳴らせ songs of the best(DVD付)
(2005/06/22)
南こうせつ

商品詳細を見る

もうすごくうれしくて、何度も繰り返し聴きました。特に好きだったのが1曲目の「きらり」で、自然に帰ろうとする彼の生き方そのものが表れているようで、深い共感を覚えました。そのアルバムには毎年みどりの日に行われる「グリーン・パラダイス」というイベントの模様を収録したDVDもついていて、平和や環境保護を力強く訴える彼のメッセージに感動しました。さらに一緒に歌ったり体を動かしたりしているお客さんたちを見ていて、本当に楽しそうでとてもうらやましくなり、「わたしもこうせつさんのライブに行きたぁ~い!」と心から願っていたのですが、、、

その想いもまっすぐ届いたのでしょうか。願いはすぐにかなったのです。2007年の11月、こうせつさんの21年ぶりの日立公演が実現したのです。市報でその記事を見つけ、チケットを買いに、朝早くから市民会館に並んだ時のワクワクは今でも忘れられません。ライブの感想は次回詳しくお話ししようと思っていますが、本当にすばらしく、忘れ難い思い出になりました。いつかもう一度行けたらいいなぁー、、、

と思いつつ調べてみれば、今年のツアーの始まりが成田と取手じゃありませんか!
成田と取手かぁー、場所的には行けなくもないでしょうけど、今年は余裕がなくて行けそうにありません・・・。というわけで、行かれる方はどうか松月の分まで楽しんでいらしてくださいね。よろしければライブ・レポートお待ちしてまーす!

こうせつさん、還暦おめでとう。そして40周年おめでとう。これからも平和を願う歌声が世界中に響き渡るように、どうかお元気で旅を続けてください

それから、近いうちにまた日立に来る約束、忘れないでね!!(←冗談です^^)

☆おまけ☆

マーヤさんがこうせつさんの還暦祝いに、愛に満ちたお手紙を書いていらっしゃいます。すごく尊敬しちゃいます・・・。どうぞあわせてご覧くださいね♪
あのリフレインが忘れられない : お誕生日おめでとう!

マーヤさんから聞いたのですが、こうせつさんの還暦記念にベスト・アルバムを出すので、リクエスト募集中だそうです。みなさんも一緒にリクエストしませんか?

わたしは、好きな曲はたくさんあるのですが、今の気分で1曲選ぶならこれかな:

「国境の風」

「ソング・フォー・めぐみ」の記事を書いている時に知ったのですが、こうせつさんも拉致被害者の救出を願って熱心に歌っていたのですね。ポール・ストゥーキーさんとも親交が深くて、2007年の彼の来日公演にも一緒に出演したそうですよ ↑読んでいただけたら評価をお願いします。↓コメントいただけるとさらに喜びます☆

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

NoTitle

こうせつさんも還暦ですか!
第一期かぐや姫の時、当事の地元横浜の戸塚のレコード
店に来たのが最初!酔いどれかぐや姫のポスターをもら
いました。笑
その後TVKのヤングインパルスと言う番組があり、当時
まだハードフォークだったRCがレギュラーで2期かぐや姫
がゲストで私は友人のコネでリハーサルから見ることがで
き、さらにロビーのTV見てたら真横にこうせつさんも見てて
NHKの番組だったんですが、「ツェッペリンいいなぁ~」と
興奮気味にひとり言?を・・・
今後も地道に活動、良質音楽提供してほしいですね。

NoTitle

こんばんは^^
こうせつさんも還暦だったんですかぁー。ずっと若く見えますねv-405
ジョン・デンバーやポール・ストゥーキーとも親交があったんですね。
私は・・・、リクエストはどうしましょう、「神田川」にしましょうかねぇー?(笑)

メッセージありがとうございます!

oyaji910さん、

かぐや姫時代にレコード屋さんでポスターもらったんですか!?
しかもTVのゲストで出てたのをリハーサルから見られたなんて・・・
すごーい! ラッキーでしたね!!v-411

さらに真横でこうせつさんが「ツェッペリンいいなぁ~」ですか!
最高にうらやましい経験ですよー。ぜひ一生の思い出にしてくださいv-218

sayaさん、

そうですよね、心の若い方はいつまでも若く見えるんですよね♪
そうなんですよー、アメリカン・フォークの影響はとても大きかったようですv-339

リクエストにご協力ありがとうございます☆
「神田川」は永遠の名曲ですよね! まさに、エバーグリーン!!v-22

いいなぁ~♪

松月さん、
こうせつさんの番組をご覧になって、視聴者プレゼントのはがきを出して、当たったのですね!凄~いv-344これは、松月さんの思いが番組の方に届いたからこそ、当たったんだと思います。本当によかったですね!とっても羨ましいですv-410

それと、こうせつさんにとっても松月さん世代のファンがいるというのが心強いと思うんですよ・・・・。

こうせつさんは、老若男女を問わず、愛されるキャラクターですからねぇ~。

こうせつさんのことをどこかで「国民的歌手」と書いてありましたが、ジョン・デンバーも「アメリカの国民的歌手」ですから、このお二人はやはり出会うべくして出会ったのかなぁ、と改めて思いました。

これからも、こうせつさんには今は亡きジョン・デンバーの分まで頑張って長生きして、素晴らしい歌とメッセージを残してほしいなぁ、と願っています・・・v-410

NoTitle

昔、こうせつさんがラジオの深夜番組の中で、むちゃくせいきょう先生をもじって、「むちゃくせいこう」と名乗って出演していたことがあります。(どっちがどっちののかよく覚えていません)もう30年以上前の話です。でもその時、ある番組の中で、その番組のホスト(拓郎か山本コータローだったような記憶があります)がそのむちゃく先生に、「むちゃく先生のお気に入りのミュージシャンはだれですか」と聞いたところ、「うーん、そうですねえ。ジョン・デンバーですかねー」などと答えていました。こうせつさんも、ずっと昔からジョンのファンだったのですね。
 時は流れ、12年ほど前、研修で職場を離れる機会があり、その時社会勉強のためと思い、コンサートスタッフの仕事をしたことがあります。なんのことはない、学生と同じアルバイトですが。そのコンサートがこうせつさんのもので、ソロのコンサートでした。よって会場もPA機材のセッティングが主で、舞台はたいしたことがありませんでした。よって、時間がかなりあり、会場でコンサートをゆっくり聞くことができたのです。会場を笑わせていましたね。ハーモニカをホルダーにつけてから、ここをみていると鳩が飛び出しますよ、などといい、なんともいえない雰囲気をつくりだしていました。
 あのキャラですが、反骨精神は旺盛で、神田川が大ヒットしたとき、NHKのスタジオ101に出演したとき、クレパスは商標だからクレヨンと歌えと言われ(ころもどっちがどっちだか良く覚えていない)、それに強い憤りをおぼえた若きこうせつは、そんな忠告を無視して、堂々とクレパスとうたったのです。さて放映時にはどうなるのかと、興味津々と見ていたのですが、見事にその場面では「ピー」でしたね。当時のNHKにも意地がありましたね。
 さらに時は流れ、昨年横浜の黒澤楽器店にギターを探しに行ったところ、店員さんが、「先日、こうせつさんが見えて、うーん、いろいろあってまよっちゃうね、と言いながら、マネージャーさんが見つけたマーチンの7弦ギターを購入されていきましたよ。」と教えてくれました。こうせつさんらしいですよね。
 と、まあ、考えてみれば、ジョンと同じくらいこうせつさんとは長いつきあいのGeorgeでした。

さらにメッセージありがとうございます!

マーヤさん、

わたし、普段くじ運まったくないんです。だからあの時も、熱心に感想を書いたのを読んでもらえたらいいなぁーって、ただそれだけの思いでした。もうこれはこうせつさんからの贈りものだと思って、今でも大切に聴いておりますv-410v-304

こうせつさんがそう思ってくださってたら、最高に幸せですよーv-343

「親父」というより「とーちゃん♪」て感じのキャラが親しみやすいですよね(笑)

ジョンとこうせつさんって、国は違っても生き方や考え方は似ていますものね。
2人の国境をこえた出会いと友情は多くの人の心を動かしたと思います。
ここにいらっしゃる方はみんなそうでしょうね。心から感謝ですv-354

Georgeさん、

わたしもかぐや姫の自伝?か何かでこうせつさんが70年代ジョンに憧れていたみたいなことを熱~く語っていらしたのを読んだ覚えがあります。「故郷へかえりたい」のシングル・レコードの写真がどかーんと載っていたのが印象に残っています。

わー、こうせつさんのソロのコンサートのスタッフをなさったのですか!
コンサートもゆっくり楽しめて、よかったですねえ!

>ここをみていると鳩が飛び出しますよ

きゃははは! これ、ニール・ヤングに言わしても、おかしかっぺなぁーv-424v-411

んー、クレパスのことも聞いたことありますよ。
よく言えば信念を曲げない、悪く言えば意地っぱり!?なところも好きですね(笑)

お、黒澤楽器さんって、ギルドをお求めになった時のことですね!?
いいですねぇー、こうせつさんがさらに身近に感じられたことでしょうねv-221

Georgeさんも素敵な思い出をどうかこれからも大切になさってくださいね♪

コメントの投稿


No.82 還暦おめでとう、南こうせつさん♪
上の記事を読まれたご感想・ご意見をお聞かせくださいね!
初めての方は、まずこちらへお立ち寄り願います^^♪ → 松月の芳名録

らいむ&りーずん(2011.4- )

現在、松月は千葉からゆる~く発信中♪

プロフィール( -2011.3)

松月

Author:松月(しょうげつ)
別名「日立の笛吹き娘」

20代ですが、アメリカン・フォーク・ソングに10年間も熱中しています。

茨城で演奏活動されている読者の方々の影響で、現在はブルーグラスに傾倒?
広場にティンホイッスルを持ちこんで、人と地球にやさしい?音楽を発信中。

ご感想・ご意見の書きこみ歓迎♪もちろん楽器(演奏の話)の持ちこみも歓迎♪各記事の下で、レッツ・セッション♪♪

初めての方は、こちらへどうぞ☆
松月の芳名録

YouTubeに演奏を載せています。
よかったら聴いてみてくださいね♪
The Whistlin' Gal from Hitachi

ごあんない
松月のお気に入りリスト
最近の記事
最近のコメント

コメントありがとうございます!

最近のトラックバック

TB元に直接飛べます!
松月の元記事は「←」で参照できます。

カテゴリ
月別アーカイブ

My Whistles


Dixon DX006D
(Tuneable Aluminium Soprano D)

Dixon DX107A
(Tuneable Aluminium Alto A)

緑のgoo

子どもたちや花々は 僕のきょうだい
笑顔でこころも 晴れわたるよ~
 -「ライムズ・アンド・リーズンズ」

いつもお世話になっております♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。