松月のRhymes&Reasons

アメリカン・フォーク・ソングの言葉と想い そして源流をたずねる旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「雨の日の人々」 by ゴードン・ライトフット

こちらでお話ししたように、先月ジョン・デンバーのトリビュート・ライブに参加し、寄り合いでみなさんと大好きな音楽について存分に語り合うことができました。松月のブログについてもいろいろとコメントをいただきましたが、もうひとつうれしかったのが「うわー、ゴードン・ライトフットとかいるよ~!」というものでした。彼の歌を紹介している日本のサイトは少なく、はっきり言って認知度が低いように感じるのですが、お好きな方はやはりレコードを何枚か持っていらっしゃるのですよね・・・。

わたしはというと、レコードは持っていないのですが、4年ほど前に70年代のシンガー・ソングライターに興味がわいて、こちらのアルバムを借りて聴いたところ、11曲目の「サンダウン」(Sundown)という曲がとても気に入ってしまって・・・。調べてみれば、このゴードン・ライトフットって、イアン&シルビアやピーター・ポール&マリーの歌でおなじみの「朝の雨」や「フォー・ラヴィン・ミー」を作ったその人じゃーありませんか!!というわけで、すっかり親しみを覚えてしまったのです

そのゴードンさまが、今日ちょうど70歳を迎えられるということで、こちらに「1日指定席」をご用意させていただきました。70歳は「古稀」といって、昔から祝うのが難しいと言われてきましたが、今では現役ばりばりな歌手や俳優の方も多くいらっしゃいますよね。ゴードンにもまだまだ元気に活動を続けてほしいと思います

今日は「雨の日の人々」(Rainy Day People)をご紹介しましょう。1975年に全米最高26位を記録した歌で、松月がこれまでにラジオで聴いたゴードンの作品の中では一番のお気に入りナンバーです。

「きみが落ち込んでいる時、雨の日の人々は心からの愛を伝えてくれる」・・・寂しい時、悲しい時、そっと慰めてくれるような優しく温かい歌です

http://jp.youtube.com/watch?v=xBqPN4Gg1hY
↑読んでいただけたら評価をお願いします。↓コメントいただけるとさらに喜びます☆

テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

ゴードンは雨男か

いきなり馬鹿なタイトルですいません。v-354
でもゴードンライトフットはずいぶん雨で稼ぐではないですか。
僕も痩せている方なので彼が他人とは思えません。
僕がもし無事70歳を迎えられたら彼のように歌っていたいと切に望むところです。

 PS   「雨の日の人々」 いい歌ですね。

NoTitle

先日レモン鈴木さんのサイト、のぞかせていただきました。素晴らしい歌声と、ギターバックですね。他の曲も聞いてみたいと、切に望んでいるところです。
 ゴードンの雨男説、確かにその通りで、笑ってしまいました。

そんだらジョン・デンバーは晴れ男だっぺなぁー^^

レモン鈴木さん&Georgeさん、

コメントありがとうございます。
レモンさんのタイトルに思わず笑ってしまい、茨城弁で答えてみました・・・v-410

確かにゴードンには心のわだかまりを雨や雪に例えた歌が多いように思います。ミュージシャンとしてはとても近いのですが、太陽を背に受けているイメージのジョン・デンバーとは対照的ですよねv-281

PP&Mの3人も70歳を超えていますし、来年はピート・シーガー爺の90歳のお祝いもしたいですね♪レモンさんもGeorgeさんも、これからもずっと元気で活動を続けられますよう、心から祈っていますv-360

コメントの投稿


No.64 「雨の日の人々」 by ゴードン・ライトフット
上の記事を読まれたご感想・ご意見をお聞かせくださいね!
初めての方は、まずこちらへお立ち寄り願います^^♪ → 松月の芳名録

らいむ&りーずん(2011.4- )

現在、松月は千葉からゆる~く発信中♪

プロフィール( -2011.3)

松月

Author:松月(しょうげつ)
別名「日立の笛吹き娘」

20代ですが、アメリカン・フォーク・ソングに10年間も熱中しています。

茨城で演奏活動されている読者の方々の影響で、現在はブルーグラスに傾倒?
広場にティンホイッスルを持ちこんで、人と地球にやさしい?音楽を発信中。

ご感想・ご意見の書きこみ歓迎♪もちろん楽器(演奏の話)の持ちこみも歓迎♪各記事の下で、レッツ・セッション♪♪

初めての方は、こちらへどうぞ☆
松月の芳名録

YouTubeに演奏を載せています。
よかったら聴いてみてくださいね♪
The Whistlin' Gal from Hitachi

ごあんない
松月のお気に入りリスト
最近の記事
最近のコメント

コメントありがとうございます!

最近のトラックバック

TB元に直接飛べます!
松月の元記事は「←」で参照できます。

カテゴリ
月別アーカイブ

My Whistles


Dixon DX006D
(Tuneable Aluminium Soprano D)

Dixon DX107A
(Tuneable Aluminium Alto A)

緑のgoo

子どもたちや花々は 僕のきょうだい
笑顔でこころも 晴れわたるよ~
 -「ライムズ・アンド・リーズンズ」

いつもお世話になっております♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。