松月のRhymes&Reasons

アメリカン・フォーク・ソングの言葉と想い そして源流をたずねる旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョン・デンバーのトリビュート・ライブに行ってきました! Part 1

おととい10月19日は朝からよく晴れてとても気持ちのよい休日だったのですが、わたしは1日東京・銀座へ行っていました。といっても出張ではなく、「田中タケルとパイナップラーズ」というジョン・デンバーのトリビュート・バンドのライブを見に行くのが目的でした。そこでメンバーの方々はもちろん、全国のファンのみなさんと直接お会いして趣味のお話ができるのをとても楽しみにしていたのです

田中タケルさんは1960年代生まれで、中学時代に「オー!ゴッド」という映画がきっかけでジョン・デンバーにすっかり夢中になり、1997年ジョンが飛行機事故で亡くなって間もなく追悼の意をこめて“In A Far Away Land”というサイトを立ち上げ、2000年にはそのサイトで知り合った仲間と「田中タケルとパイナップラーズ」を結成し、東京近郊を中心にライブ活動を続けていらっしゃいます。

昨年、タケルさんはジョンの没後10周年企画として紙ジャケット化された5枚のアルバム(あの南こうせつさんがセレクトしたんですよ!)の制作に関わり、こうせつさんのラジオ番組「週末はログハウスで♪」で企画された「ジョン・デンバー追悼特集」にゲスト出演されました。わたしもファンの方々のおかげでそれを聴くことができたのですが、2人のお話が楽しくて、深くひきこまれてしまいました。こうせつさんもビックリしていましたが、タケルさんってほんとに研究熱心なんですよ。それに声がとっても素敵で・・・。「太陽を背にうけて」を「サンシャーイン、オンマイショルダー♪」と歌って紹介していたのが特に印象的でした

で、機会があればぜひ生演奏を聴いてみたいなぁ、と思っていたのですが、東京にほとんど縁がないわたしにとっては非常に勇気のいることでした。でも、前のライブに参加された方々のコメントから楽しそうな雰囲気が伝わり、次は行きたい、と思ったのです。そんな時、いつもブログでお世話になっているマーヤさんが誘ってくださり、タケルさんにごあいさつのメールを送ったところ温かいお返事をいただき、もうわくわく・どきどき・興奮が止まりませんました

そして19日、日立からジョーバン線ではるばる3時間、銀座で(大学で地図を使った研究をしてたくせに地図がまったく読めず^^;)道に迷い迷いながらも、どーにかこーにか会場前でマーヤさんとお会いすることができ、仲間のemichiさん、meruさんも一緒に近くのカフェでお話をすることができました。最も心に残ったのは、わたしが「『カントリー・ロード』も知らなかったのに、『岩を砕く花のように』の詩を読んで感動して調べてジョン・デンバーに出会いました」と話したら驚かれ感心されてしまったことです。でも、あの歌に出会っていなければこの日の出会いもなかったわけですから、あの英語の教科書には改めて感謝しなきゃ、と思いました・・・

さて、あっという間に午後1時、いよいよ開場です!

続きはまた次回お話ししますね。どうぞお楽しみに

☆関連リンク☆
始まりはいつもジョン・デンバー : 「田中タケルとパイナップラーズ追悼ライブ2008」(1)
マーヤさんのレポートです。さらにディープなJDワールドにハマりたい方へ♪
↑読んでいただけたら評価をお願いします。↓コメントいただけるとさらに喜びます☆

テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

ありがとうございました★

松月さん、日曜日は遠いところから来てくれてありがとう! 

しっかし松月さんは本当に若い! 
その若さで、古き佳き時代の音楽に対してこんなに造詣が深いのだから本当に驚いてしまうよ。

それに音楽に限らず、物事の捉え方がものすごく的確で、全方位的なのが素晴らしい!!

こんなしっかりした若い人がジョン・デンバーのファンでいてくれるのは心強い限りです。
今後ともよろしく!!

大感激です(*^▽^*)☆

タケルさん、
ようこそ、メッセージありがとうございますv-238

こちらこそ、すばらしいライブを楽しませていただき、ありがとうございました。
みなさんあったかく迎えてくださって、夢のような時間でした・・・v-398

そう言っていただけるなんてとってもうれしいですー^^
若い方も多くいらして、共通の趣味を熱く語れたのは最高でしたよ♪

みなさんが世代を超えて親しく語り合える家族のように思えて、
またひとつ「わが故郷」ができてしまいました。
来年もきっと見に行きますね。今後ともよろしくお願いいたしますv-300v-410

ご来場Thanks! でした。

先日のライブ、ご来場りがとうございました!
松月さんの席のまん前で、ハープを吹いていた Nobuこと小林です。。。 ww

なんともお耳汚しだったと思いますが、楽しめたようでなによりです!

レポの続きも、めちゃ楽しみにしてますよっ!

よかったですよー^^

Nobuさん、
いらっしゃいませ~!メッセージありがとうございますv-254

わたしハーモニカも大好きなので、目の前で聴けて大感激でしたよー。
菅澤さんとのデュオも素敵でした。ギターもお上手ですごいですv-269

レポートはPart 4くらいまで書きたいと思っています。
さて、今月中に書き終わるかな・・・^^;

NoTitle

松月さん、
今回のライブで初めてお会いでき、この素晴らしい時間をご一緒に共有できて本当によかったと思っています。

松月さんは文章を書くのもとってもお上手ですし、若い世代ですので、若い世代の人たちを引っ張っていってくださるのではないかと思っています。

私もこの年で文章力も未だに未熟ですし、今後は松月さんにお任せして私はもう引退してもいいかなぁって思うくらいです。

タケルさんのこともきちんとご紹介していただきよかったです。タケルさんも本当に喜んでいらっしゃるようで、私もとても喜んでいます。

今後のレポートも楽しみにしてますね!

本当にありがとう!

マーヤさん、

今回のライブに誘ってくださり、ありがとうございました!
マーヤさんのおかげで、とても素晴らしい思い出になりましたよv-238v-238v-238

わたしの文章を褒めてくださるなんてうれしいです^^
でもお願いです、引退しようかなんて思わないでくださいね。

そもそもわたしはジョンの生前の姿を見たことがありませんし、
どんなにがんばっても、マーヤさんのようには書けないのです。
マーヤさんの直向きな思いが詰まった文章があるからこそ
全国のJDファンが集まり、憩える場所になっているのですから・・・。

レポートの続き、これからも楽しみにしてますね!

コメントの投稿


No.56 ジョン・デンバーのトリビュート・ライブに行ってきました! Part 1
上の記事を読まれたご感想・ご意見をお聞かせくださいね!
初めての方は、まずこちらへお立ち寄り願います^^♪ → 松月の芳名録

らいむ&りーずん(2011.4- )

現在、松月は千葉からゆる~く発信中♪

プロフィール( -2011.3)

松月

Author:松月(しょうげつ)
別名「日立の笛吹き娘」

20代ですが、アメリカン・フォーク・ソングに10年間も熱中しています。

茨城で演奏活動されている読者の方々の影響で、現在はブルーグラスに傾倒?
広場にティンホイッスルを持ちこんで、人と地球にやさしい?音楽を発信中。

ご感想・ご意見の書きこみ歓迎♪もちろん楽器(演奏の話)の持ちこみも歓迎♪各記事の下で、レッツ・セッション♪♪

初めての方は、こちらへどうぞ☆
松月の芳名録

YouTubeに演奏を載せています。
よかったら聴いてみてくださいね♪
The Whistlin' Gal from Hitachi

ごあんない
松月のお気に入りリスト
最近の記事
最近のコメント

コメントありがとうございます!

最近のトラックバック

TB元に直接飛べます!
松月の元記事は「←」で参照できます。

カテゴリ
月別アーカイブ

My Whistles


Dixon DX006D
(Tuneable Aluminium Soprano D)

Dixon DX107A
(Tuneable Aluminium Alto A)

緑のgoo

子どもたちや花々は 僕のきょうだい
笑顔でこころも 晴れわたるよ~
 -「ライムズ・アンド・リーズンズ」

いつもお世話になっております♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。