松月のRhymes&Reasons

アメリカン・フォーク・ソングの言葉と想い そして源流をたずねる旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ティーチ・ユア・チルドレン」 by クロスビー・スティルス&ナッシュ

前回は終戦の日ということで、わたしの町が受けた戦災のお話をしましたが、その日、市役所の前で「平和集会」が行われ、その後「平和の鐘」まで、日立駅へ通じる大通りを市民200人くらいで反戦と核兵器の廃絶を訴えながら行進しました。

この大通りは終戦後、都市計画に基づいて整備された道で、平和な街になることを願って「平和通り」と名づけられました。約1kmの道の両側には115本の染井吉野が植樹され、4月になれば見事な桜のアーチとなって訪れる人々を迎えてくれます。でも今の季節も緑の木陰をつくってわたしたちを癒してくれているんですよ

そんな「平和通り」を、わたしも市民の1人として一緒に歩き、12時の「平和の鐘」に黙祷を捧げてきました。みんなで同じ目的をもって活動するのは楽しいですね

その後シビックセンターで、市内の中学生たちが戦災を体験した市民たちの話をスライドを見せながら一生懸命語ってくれました。力強いメッセージに涙があふれました。過去の悲しい歴史を繰り返さないようにと、語り継がれていくんですよね・・・。

ふと思ったのですが、平和運動も、環境保護活動も、フォークソングを歌うことも、、、古くから語り継がれてきたものに、新しい解釈を加えて、次の世代に語り継いでいくというところが似ていますね・・・。これからも松月はがんばりますよ

さて、今回は「子どもたちによーく教えてあげなさい!」ということで、「ティーチ・ユア・チルドレン」(Teach Your Children)という歌をご紹介します。クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング(Crosby, Stills, Nash and Young; CSN&Y)のアルバム「デジャ・ヴ」(Deja Vu)の2曲目に収録されている親しみやすい歌です。

今日はクロスビー・スティルス&ナッシュ(Crosby, Stills and Nash; CS&N)の3人による演奏を楽しみましょう。3人とも元々別々のグループで活躍していて、すごく個性が強いと思うのですが、きれいなハーモニーを聴かせてくれますね♪

☆メンバー紹介☆

向かって左から
スティーブン・スティルス(Stephen Stills, 1945- )
デービッド・クロスビー(David Crosby, 1941- )
グレアム・ナッシュ(Graham Nash, 1942- )

http://jp.youtube.com/watch?v=p6pphVs8bF0
☆松月のRhymes&Reasons☆

>And so become yourself
>Because the past is just a good-bye

大人たちに、昔のことを引きずらずに
先を見つめて自分らしく生きるように言っていますね。

>Don't you ever ask them why?
>If they told you, you would cry

世代が違えば、持っている考えもだいぶ違いますよね。

>So just look at them and sigh
>And know they love you

だから相手を信じて、静かに見守っているのがいいんですよね。

>And so please help them with your youth
>They seek the truth before they can die

今度は子どもたちに、若さで大人たちを助けてあげるように言っています。

この先どんな恐ろしいことが起こるかはわからないけれど、、、
夢と思いやりの心を持ち続けて、精一杯に生きていきたいですね。 ↑読んでいただけたら評価をお願いします。↓コメントいただけるとさらに喜びます☆

テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

小さな恋のメロディー

皆さんは「小さな恋のメロディー」という映画をご存知ですか。イギリスの映画で、マーク・レスターとトリイシー・ハイド、それにジャック・ワイルドを主役にした、子供達の純真な心をテーマにした映画でした。全編にディスコ以前のビージーズの曲がちりばめられていました。特にロンドンの夜明けのシーンでかかるIn The Morning、メロディーが登場する場面でかかる、Melody Fair、そして主役の2人がお墓で心を通じ合わせる場面でかかるThe First Of May。 どれも素晴らしい曲でした。
 そして最後の場面で、仲間の子供達に大人の妨害から助けてもらいながら、2人がトロッコに乗って去っていくのですが、そこでかかるのが松月さん紹介のTeach Your Childrenなのです。私はC,S,N,&Yをこの映画で初めて知りました。
 当時はテレビでこの曲を聞くのは殆ど不可能でしたが、NHKのステージ101の中で、マイク真木さんがゲスト出演したとき、仲間と一緒にこの曲を披露してくれました。ペダルスティールギターってむずかしいんだよ、と紹介しながら演奏してくれたのですが、もう大感激ものでしたよ。
 その後、何とか歌いたくて、自分で各パートを練習して、多重録音して楽しんだりしました。今でも私が所属しているバンドで時々歌います。
 それにしてもC,S,&Nのハーモニーは誰にも真似できませんね。その中心になっているのはクロスビーとナッシュでしょう。それにスティルスが味付けをしているような気がします。ニールの声は音質が違うので、どちらかといえばニールのリードにバックをつけて歌うパターンが多いようですね。
 いやー、この歌も20世紀が生んだ名曲の一つでしょう。私もバンドの中で歌いつづけたいと思っています。紹介のビデオではクロスビーとナッシュがマーチンのD45を弾き、スティルスのギターはマーチンの何かはちょっとわからないのですが(多分D28かD35)、後ろにも豪華絢爛のマーチンがならんでいますね。特にスティルスはギターのコレクターとしても有名な人なので、きっといろいろそろえているんでしょう。
 まだ若い(クロスビーはバーズの中では信じられない位若いのですが)3人ですね。このあと、あの貴公子と呼ばれたスティルスもだいぶ太ってしまいますし、クロスビーはドラッグでぶっとんでしまうし、あまりかわらないのはナッシュでしょうかね。先日NHKでこの3人のコンサートを「黄金の洋楽ライブ」で南高節の解説で放映していましたが、みましたか。ティーチユアチルドレンは松月さん紹介のビデオのほうがずっといいと思います。ありがとうございました。

NoTitle

2006年の再結成ライヴを出しましたね。(日本では来月)反戦、政治色の強いナンバー(アフターザガーデンも入ってます。)が多い中このナンバーも歌ってます。

これナッシュの作品だと思うんだけど彼以外にシカゴ、狂気の軍隊なんて政治色強いソロナンバーあるんですよ。
CS&Nやっぱりもっと早く来日してほしかったです。それにYが+だともっと・・・
私に取ってはウエストコースト音楽はビーチボーイズ~CSN&Y~イーグルスと言う流れです。
もちろん「小いさな恋のメロディ」リアルタイムです。笑い


D45でした

よく見るとスティルスのギターもD45でした。3台のD45での演奏なんてめったに見れるものではありません。本当に良い音ですね。
 こうせつも言っていましたが、彼のコンサートにナッシュに出てもらった時、平和を目指す彼の強い信念を感じたそうです。
 学生の頃ニールが東京と大阪で公演を行いましたが、そのコンサートに行かなかったのが私の人生の中の大きな失敗でした。当時新宿に大きなビルボードがかけられていたのを今でもよく覚えています。その中でニールがロケット型のギターを演奏していました。友人が行き、いたく感激して帰ってきました。
 時がたち、海賊版のCDを手に入れたところ、その時期の大阪公演が録音されていました。誰かがテープレコーダーを会場に持ち込み、こっそり録音したものでしょう。観客のおしゃべりがはいっていて、かえって臨場感があります。驚いたのはニールが「おおきに」とあの鼻にかかった声でしゃべっていることです。また、カントリーホームなどは荒々しい演奏で、まだ完成されていないなと感じます。
 C,S,N,&Y,ぜひ誰かが逝かないうちに、日本でコンサートを行って欲しいですね。ニールも脳梗塞の手術をしたし、デイビッドもドラッグで危ないし、スティーブンも超メタボだし・・・ でもあのハーモニーは不滅ですものね。

すばらしいですね♪

Georgeさん&oyaji910さん、

お返事がすっかり遅くなってしまって申し訳ありませんでしたm(__)m
お2人のリアルタイムの思い出を寄せてくださり、ありがとうございます!

「小さな恋のメロディ」聞いたことありますよ♪
ビージーズの歌で有名ですが、この歌も使われたのですねv-353

3人ともマーチンのD45を弾いているのですね。
よく見ると確かに同じギターです・・・。いい音ですよねv-269v-398
Georgeさんのおかげで、ギターにも注目するようになりました。

こうせつさんがCS&Nのライブを解説していたのですか~!
見たかったなぁ、、、とは言ってみても、家にBSないんですけどね(sigh)

2006年の再結成ライブが出るのですね!
政治色の強い歌を多く歌って、平和運動にも力を注いでいるのですねv-22

CSN&YもS&Gも再結成して来日してくれたらいいですね!
歌い手は誰しも歳をとってしまいますが、彼らの歌は不滅ですv-354

CS&Nと政治

私も子供の頃に映画館で『小さな恋のメロディ』を観ましたよ。ラスト・シーンは今でもよく憶えています。
この映像のCS&Nは若いですね。真面目に演奏しています。1991年に来日した時はもう少し年齢を重ねていました。素晴らしいコンサートでしたが、情熱といういう点ではこの頃のほうが勝っていたと思われます。
スティルスがダン・フォーゲルバーグと同じ病気で倒れたと聞いた時はショックでした。でも、今では順調に回復して復帰している模様なのでひとまず安心です。天皇陛下もあれだけお元気なので、早期発見ならば大丈夫なのかもしれません。
CS&N、CSN&Yはかつてより政治色の強いメッセージを発信しておりました。今年はアメリカ大統領選挙の年。多くのロック・ミュージシャンが民主党を支持しているように、彼らもまた同じ行動を取るかと思われます。でも、日本人の生活を考えると保護貿易の民主党よりも自由貿易の共和党が勝った方が良いのかもしれません。また、アメリカがヴェトナム戦争に介入したのは民主党が政権を握っていた時のことでした。それ故、民主党だから平和になるとは一概には言えないものです。もちろん現在の候補者が当選した後にどのような政治を行うかは未知数ですが・・・。

政治かぁ~・・・

Backstreetsさん、

1991年の来日をご覧になったのですね!
スティルスはダン・フォーゲルバーグ(去年の暮れに亡くなってしまいましたよね、、、残念v-409)と同じ病気と闘っていたのですね。快復してくれてよかったですね♪

そうでした、今年はアメリカの大統領選挙でしたね。
やはり世界平和って簡単に手に入るものではありませんよね・・・。
候補者の方には、当選した後責任を持って一生懸命政治を行ってほしいですよねv-354

コメントの投稿


No.46 「ティーチ・ユア・チルドレン」 by クロスビー・スティルス&ナッシュ
上の記事を読まれたご感想・ご意見をお聞かせくださいね!
初めての方は、まずこちらへお立ち寄り願います^^♪ → 松月の芳名録

らいむ&りーずん(2011.4- )

現在、松月は千葉からゆる~く発信中♪

プロフィール( -2011.3)

松月

Author:松月(しょうげつ)
別名「日立の笛吹き娘」

20代ですが、アメリカン・フォーク・ソングに10年間も熱中しています。

茨城で演奏活動されている読者の方々の影響で、現在はブルーグラスに傾倒?
広場にティンホイッスルを持ちこんで、人と地球にやさしい?音楽を発信中。

ご感想・ご意見の書きこみ歓迎♪もちろん楽器(演奏の話)の持ちこみも歓迎♪各記事の下で、レッツ・セッション♪♪

初めての方は、こちらへどうぞ☆
松月の芳名録

YouTubeに演奏を載せています。
よかったら聴いてみてくださいね♪
The Whistlin' Gal from Hitachi

ごあんない
松月のお気に入りリスト
最近の記事
最近のコメント

コメントありがとうございます!

最近のトラックバック

TB元に直接飛べます!
松月の元記事は「←」で参照できます。

カテゴリ
月別アーカイブ

My Whistles


Dixon DX006D
(Tuneable Aluminium Soprano D)

Dixon DX107A
(Tuneable Aluminium Alto A)

緑のgoo

子どもたちや花々は 僕のきょうだい
笑顔でこころも 晴れわたるよ~
 -「ライムズ・アンド・リーズンズ」

いつもお世話になっております♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。