松月のRhymes&Reasons

アメリカン・フォーク・ソングの言葉と想い そして源流をたずねる旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「青春の光と影」 by デンバー、ボイス&ジョンソン

1960年前後、学生を中心に広まったフォーク・リバイバル。実に多くのグループが登場し、活躍していますが、チャド・ミッチェル・トリオ(The Chad Mitchell Trio)も代表的なグループのひとつです。

たいていのフォーク・グループはギターやベース、バンジョーを弾きながら歌うバンドなのですが、このトリオは「メンバーは楽器を演奏しない」というのが大きな特徴でした。彼らを楽器で支えたミュージシャンたちの中には、あのジム・マッギン(後のロジャー・マッギン(Roger McGuinn, 1942- );バーズのメンバー)の姿もありました。

その代わり、彼らはボーカルのハーモニーにはすごく力を入れていて、フォーク時代のサイモン&ガーファンクルに大きな影響を与えていたとかいないとか・・・。

しかし、1965年、ボブ・ディランがロックに転向した頃、メンバーのチャド・ミッチェル(Chad Mitchell, 1936- )はソロになり、トリオを脱退してしまいます。代わりにあのジョン・デンバーが加入したというのは、とても有名な話ですね。

さて、ジョン・デンバーといえば、マーヤさんより前々項にコメントをいただきました。

>実はこの歌(「青春の光と影」)のタイトルを忘れてしまって、ずっとタイトルを思いだそうとしていたのですが、ジョン・デンバーがソロ・デビュー前にライブで歌っていて、それを見て思いだしたんです。

わたしはそれを読んではっと思い出し、マーヤさんのブログをチェック!
あった、これこれ!と思い、再びじっくりと読ませていただきました。

ジョンがソロ・デビューする前の珍しい映像を発見しました。ジョンは左端で横向きなんですが、横顔も素敵ですね。めちゃくちゃ短い映像なんですが、私は大感激です。と、いうのも、私、この「青春の光と影」のタイトルとこの曲を歌っている人が誰であるかわからず、探していたのです...
ソロ・デビュー前のジョン・デンバーが歌う「青春の光と影」(Both Sides Now)


最初にこれを読んだ時、「おお~、ジョンもこの歌を歌ってたんだ!」と、わたしも大感激したんですよブラザース・フォアも歌っていますが、男性が歌っても素敵な歌です。ハーモニーがとてもすばらしいんですよ。ぜひ聴いてみてくださいね

http://jp.youtube.com/watch?v=zqe75biE6mc


向かって左からジョン・デンバー、デイビッド・ボイス(David Boise)、マイケル・ジョンソン(Michael Johnson)です。この時チャド・ミッチェル・トリオのオリジナル・メンバーがいなくなってしまったので、彼らは「デンバー、ボイス&ジョンソン」(Denver, Boise and Johnson)という名前で歌っていました。(でも、カテゴリが増えて散らばるのがいやなので、ここでは全部「チャド・ミッチェル・トリオ」でまとめさせていただきます。)

さて、前項のクイズの答えですが、、、(追記に続く)
ジョニ・ミッチェルがなぜ「ミッチェル」なのか、もうわかりましたね?

実は、チャド・ミッチェルがソロになった1965年、ジョニは彼と結婚して、イアン&シルビアのような夫婦デュオとして1年ほど一緒に歌っていたことがあったそうです。

なお、チャド・ミッチェル・トリオは2005年以降オリジナル・メンバーで再結成して現在も活動を続けているそうですよ ↑読んでいただけたら評価をお願いします。↓コメントいただけるとさらに喜びます☆

テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

NoTitle

こんばんわ。
フォーク全開なんですねー。
僕はS&G以外はそんなに熱心に聴いてないので勉強になります。
Both Sides Nowは名曲ですね。
どなたが演ってもいい味が出る曲ですよね。・・・ジョン・デンバーも歌ってるとは知りませんでしたが。
僕はハーパース・ビザールのが好きです。

青春の光りと影

松月さん、

こちらでミッチェル・トリオのことを取り上げてくださり、ありがとうございました!
以前ブログに書いたとおり、この「青春の光りと影」が大好きで、しかも大好きなジョン・デンバーが歌っていたこと、それに加えてこのYoutubeの動画で見つけることができたんですから、感無量といった気持ちです。

名曲は男女問わず歌われ、それぞれの持ち味を楽しむことができるんですね。

ブラザース・フォアも歌っていたのですね・・・。いつか聴いてみたいですv-266



ありがとうございます☆

ベンジャミンさん、
「フォーク全開」なブログへようこそいらっしゃいましたv-411
弾き語り中心で、好みにあうかしら?と思ったのですが、うれしいコメント感謝です。

ここでは3バージョン取り上げましたが、誰が歌っても、それぞれにいい味が出ていると思いますね・・・。

ハーパース・ビザールですか~。初めて聞きました。調べてみたら「Feelin' Groovy」なんかも歌っているようですね。ぜひ聴いてみたいです。情報ありがとうございますv-360

マーヤさん、
さっそくのリアクションありがとうございましたv-298

わたしも、マーヤさんの記事を読むまで、ジョンが歌ってることも、ミッチェル・トリオのことも知りませんでしたので、ほんとに感無量でした・・・。

ブラフォーのもポップな感じでとても聴きやすいと思いますよv-269v-353


こうやって集まって、お互いの知っている情報を交換して、世界がどんどん広がっていくのってすばらしい、とつくづく感じましたv-254

コメントの投稿


No.33 「青春の光と影」 by デンバー、ボイス&ジョンソン
上の記事を読まれたご感想・ご意見をお聞かせくださいね!
初めての方は、まずこちらへお立ち寄り願います^^♪ → 松月の芳名録

らいむ&りーずん(2011.4- )

現在、松月は千葉からゆる~く発信中♪

プロフィール( -2011.3)

松月

Author:松月(しょうげつ)
別名「日立の笛吹き娘」

20代ですが、アメリカン・フォーク・ソングに10年間も熱中しています。

茨城で演奏活動されている読者の方々の影響で、現在はブルーグラスに傾倒?
広場にティンホイッスルを持ちこんで、人と地球にやさしい?音楽を発信中。

ご感想・ご意見の書きこみ歓迎♪もちろん楽器(演奏の話)の持ちこみも歓迎♪各記事の下で、レッツ・セッション♪♪

初めての方は、こちらへどうぞ☆
松月の芳名録

YouTubeに演奏を載せています。
よかったら聴いてみてくださいね♪
The Whistlin' Gal from Hitachi

ごあんない
松月のお気に入りリスト
最近の記事
最近のコメント

コメントありがとうございます!

最近のトラックバック

TB元に直接飛べます!
松月の元記事は「←」で参照できます。

カテゴリ
月別アーカイブ

My Whistles


Dixon DX006D
(Tuneable Aluminium Soprano D)

Dixon DX107A
(Tuneable Aluminium Alto A)

緑のgoo

子どもたちや花々は 僕のきょうだい
笑顔でこころも 晴れわたるよ~
 -「ライムズ・アンド・リーズンズ」

いつもお世話になっております♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。