松月のRhymes&Reasons

アメリカン・フォーク・ソングの言葉と想い そして源流をたずねる旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「500マイル」 by ピーター・ポール&マリー

少し前に「500マイル」(500 Miles)をブラザース・フォアの歌でご紹介しましたが、今日はピーター・ポール&マリーの歌でお楽しみくださいね。

YOUNG?OLDさんよりリクエストをいただきましたが、ほかにもこの歌のPP&Mバージョンが心に残っている方はきっとたくさんいらっしゃることと思います。

このPP&Mバージョンは、マリーさんの歌声と寂しげなギターの響きが切ない気持ちをよく表していて、自然と涙があふれてきますよね・・・

わたしの思い出なのですが、昔やむを得ぬ事情で岩手に2週間ほど滞在したことがあって、新幹線の中でこの歌を思い出して涙があふれました。結果としては500マイルも離れてはいなかったし、無事に帰ってこられたのでよかったのですが、、、

前にもお話ししたように、これは仕事を求めて貨物列車で移動する渡り労働者の心を歌ったもので、彼らにとって500マイルは容易に故郷へ帰れる距離ではなかったのです。特にマリーさんが切なげに歌うと、愛する人や故郷との別れを惜しむ気持ちが強く強く伝わってくるのが感じられて、彼らは本当につらかったんだろうなぁ、と思います。

それでは、PP&Mによる「500マイル」をじっくりとお聴きくださいね・・・。
(歌詞はこちらをご覧くださいね。)

http://jp.youtube.com/watch?v=BJXFJW3AIKA
↑読んでいただけたら評価をお願いします。↓コメントいただけるとさらに喜びます☆

テーマ:懐かしのフォークソング - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

こんばんは^^

TBありがとうございます^^
本当にギターの響きとマリーの歌声が切ないですよね(;_;)
さっそくTB返しさせていただきました♪

これこれ♪

松月さん、こんばんは~。
わたしの父が聞いていたのは、これかな???
ピーター・ポール&マリーの名前の
レコード(古いですね~)があったように思います♪

「故郷を離れる」って、まさに「万感の想い」ですね。
旅行だとウキウキなのに、不思議なことです・・・

やっぱりPPMなんですね♪

sayaさん、
TBありがとうございます☆

この歌はいろんな人が歌っていますが、やっぱりPP&Mバージョンが一番泣けますね。あらためてアルバムを聴いてしみじみ感じました・・・v-485

あ、それから今後はこちらからのTBには送り先へのリンクを貼るようにしますので、TB返しの必要はありませんよ~(^^♪

うだきちさん、

そうでしたか~。
前項にも書きましたが、うちにもPP&Mのレコードがあるんですよ。
機械が壊れていて、残念ながら聴けないんですけどね^^;
わたしの父も大好きで昔よく聴いていたそうですv-346

そうそう、目的が旅行ならウキウキするんですけどね・・・。

ありがとうございます

 早速、リクエストにお答えいただきありがとうございます。当時はあまり映像を観ることはありませんでした。貴重な映像ですネ。
 プロテストソング、メッセージソング、反戦歌など60年代はいろいろありましたが、今もって聞かれているということはPPMの音楽に高い音楽性と、美意識があったからこそだと思います。何故なら今はベトナム戦争は終結しているし、公民権運動も当時ほど盛んではありません。それだけを歌ったものであれば過去の遺物(或いは記念物)でしかありませんヨネ。

 これぞGOOD MUSIC!!


ほんとにGOOD MUSICです!

YOUNG?OLDさん、

こちらこそ、リクエストしていただき、ありがとうございます。
ほかの方々にも喜んでいただけたようで、とてもうれしいです。

「高い音楽性と美意識」ですか~。本当にそうですね。きっと戦争が終わっても、永久の平和を願う歌として、彼らの歌は生き続けているんでしょうね。これからもずっと歌い継いでいきたいですねv-264

コメントの投稿


No.24 「500マイル」 by ピーター・ポール&マリー
上の記事を読まれたご感想・ご意見をお聞かせくださいね!
初めての方は、まずこちらへお立ち寄り願います^^♪ → 松月の芳名録

*** TRACKBACK ***

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

■\"500 Miles\"-Peter, Paul&Mary

 おまたぁー♪(」\'O\')」ずっとこれUPしようと思っていつつも伸ばしてしまっていたのですけど、やっとここでUPすることができました。ピーター、ポール&マリーの\"500 Miles\"です!  実はこれ、もともとはジョージア州生まれの女性フォークシンガー、ヘディー・ウエ...
2008/05/31(土) 22:12:43 | Saya\'s Greatest Oldies
らいむ&りーずん(2011.4- )

現在、松月は千葉からゆる~く発信中♪

プロフィール( -2011.3)

松月

Author:松月(しょうげつ)
別名「日立の笛吹き娘」

20代ですが、アメリカン・フォーク・ソングに10年間も熱中しています。

茨城で演奏活動されている読者の方々の影響で、現在はブルーグラスに傾倒?
広場にティンホイッスルを持ちこんで、人と地球にやさしい?音楽を発信中。

ご感想・ご意見の書きこみ歓迎♪もちろん楽器(演奏の話)の持ちこみも歓迎♪各記事の下で、レッツ・セッション♪♪

初めての方は、こちらへどうぞ☆
松月の芳名録

YouTubeに演奏を載せています。
よかったら聴いてみてくださいね♪
The Whistlin' Gal from Hitachi

ごあんない
松月のお気に入りリスト
最近の記事
最近のコメント

コメントありがとうございます!

最近のトラックバック

TB元に直接飛べます!
松月の元記事は「←」で参照できます。

カテゴリ
月別アーカイブ

My Whistles


Dixon DX006D
(Tuneable Aluminium Soprano D)

Dixon DX107A
(Tuneable Aluminium Alto A)

緑のgoo

子どもたちや花々は 僕のきょうだい
笑顔でこころも 晴れわたるよ~
 -「ライムズ・アンド・リーズンズ」

いつもお世話になっております♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。