松月のRhymes&Reasons

アメリカン・フォーク・ソングの言葉と想い そして源流をたずねる旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「魔法のドラゴン パフ」~日本語版「パフ」の絵本

2008年10月にピーター・ポール&マリーの「パフ」(Puff, the Magic Dragon)を取り上げたとき気になっていた「絵本」も読んだので、こちらでレビューしたいと思います。

見つけた場所 → 日立市立多賀図書館 こどもとしょしつ

魔法のドラゴン パフ魔法のドラゴン パフ
(2008/03/13)
レニー リプトン、ピーター ヤロー 他

商品詳細を見る

夢の島ホナリーで暮らす、魔法のドラゴン・パフと少年ジャッキー・ペーパーの物語。

日本語版の訳者は国民的なミュージシャンであり、作家でもある偉大な(!)さだまさし(1952- )さんなのです。彼は昔から「パフ」が大好きだったそうで、1行1行から物語への思い入れが伝わってくるような文章を書いています。

中はこんな感じ。アーティストのエリック・ピゥィーバーレイ(Eric Puybaret)氏のイラストは本の全面に描かれ、目の前にホナリー島の世界が大きく広がります。グラデーションと影によって立体感が出て、パフやジャッキー少年がいきいきとして見えますね



でも、原曲を知っている方は、こんな疑問を抱くかもしれません:

「子ども向けの絵本にするのはいいけどさ、確かパフって、ジャッキー少年が大人になって遊びに来なくなったら、自信をなくして引きこもってしまう悲しいお話でしょ?」

確かにそうです。しかし、長い年月を経て、この物語に新しい命が吹きこまれたのです
(以下追記。ネタばれ注意!)

実は、それからパフに新しい友だちができたのです。ある日、ジャッキー少年によく似た無邪気な女の子が、パフのところへ遊びに来たのでした。よかったね、パフ

よく見ると、お城の陰から大人になったジャッキー少年もひょっこり顔を出しているじゃありませんか。もしかすると、この女の子はジャッキーの娘さんなのかもしれません。

原作者のピーター・ヤローさん自身も「パフ」を語り継いでいました。絵本に付属のCDで歌を聴くことができます。PP&M時代の声の張りは失ったものの、優しく語りかけるように歌うピーターさんと、娘のべサニー(Bethany Yarrow)さんとのユニゾンが感動的です。ベサニーさんもシンガー・ソングライターとして、主に友人でチェリストのルーファス・カパドシア(Rufus Cappadocia)さんとデュオを組んで活動されています。

ピーターさんとベサニーさんのライブ映像を見つけました。
みなさんもよろしければ一緒に歌ってくださいね!

http://www.youtube.com/watch?v=FQV43mo_bCU


ピーターさんは、コンサートで観客たちから「パフ」との思い出をたくさん聞いて、長年の間に「パフ」は自分にとっても大きく変わったと語っていました。コンサートで最後のコーラスを「パフはホナリーという島で暮らしている」と「現在時制」で力強く歌っているのも、パフが多くの「友だち」に元気づけられていることに気づいたからでしょう。

この物語が40年前の子どもたちに愛され、彼らが大人になって子どもたちに歌って聞かせることで語り継がれていくように、パフと子どもたちとの交流はこれからもずっと続いていくことでしょうね

☆関連リンク☆

レモンさんの関連記事です♪
PUFF パフ
そして時代は変わって行く ↑読んでいただけたら評価をお願いします。↓コメントいただけるとさらに喜びます☆

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

*** COMMENT ***

パフ

こんにちはー^^
さだまさしさんが訳した絵本、素敵ですね。CDもついているなんてーe-51
立体感がある挿絵も素敵です。
動画、私も一緒に歌いましたー♪
最後、大人になったジャッキーが顔を出し、その娘らしき女の子が遊んでいるところが出ていましたね。新しいお友達ですねe-257
ピーターの娘のベサニーさんの歌声、きれいですね。

NoTitle

「パフ」はだれでも歌えるけど、こうしたシンプルな曲をじっくり聞かせるのは難しいと思います。
ただ、いろいろな解釈が出来るので自分の世界を作るのも楽しいかもしれませんね。

寒い日が続いてます。 お互いに風邪には気をつけましょう。

語り継がれる話、いろんな解釈

sayaさん、

この絵本にも興味を持っていただけたら、ぜひ探してみてくださいませ。
ベサニーさんの歌も気に入ってくださってうれしいですv-360

このCDにおまけで入っている、リズムが楽しい“Froggie Went A-Courtin'”、
メロディと父&娘のハーモニーがきれいな“The Blue Tail Fly” もおすすめです♪

レモンさん、

そうですね、メロディは簡単ですが、じっくり聞かせるのは難しいですね。
例えば、ジャッキーがいなくなった場面ではしんみりと歌うとかですね。

レモンさんのところでは「戦争に行った」という解釈も紹介されましたね。
わたしはパフに新しい友だちができると信じていましたし、
自分もパフの友だちでありたいと思いましたv-344

レモンさんもどうぞお元気でお過ごしくださいね!

コメントの投稿


No.220 「魔法のドラゴン パフ」~日本語版「パフ」の絵本
上の記事を読まれたご感想・ご意見をお聞かせくださいね!
初めての方は、まずこちらへお立ち寄り願います^^♪ → 松月の芳名録

らいむ&りーずん(2011.4- )

現在、松月は千葉からゆる~く発信中♪

プロフィール( -2011.3)

松月

Author:松月(しょうげつ)
別名「日立の笛吹き娘」

20代ですが、アメリカン・フォーク・ソングに10年間も熱中しています。

茨城で演奏活動されている読者の方々の影響で、現在はブルーグラスに傾倒?
広場にティンホイッスルを持ちこんで、人と地球にやさしい?音楽を発信中。

ご感想・ご意見の書きこみ歓迎♪もちろん楽器(演奏の話)の持ちこみも歓迎♪各記事の下で、レッツ・セッション♪♪

初めての方は、こちらへどうぞ☆
松月の芳名録

YouTubeに演奏を載せています。
よかったら聴いてみてくださいね♪
The Whistlin' Gal from Hitachi

ごあんない
松月のお気に入りリスト
最近の記事
最近のコメント

コメントありがとうございます!

最近のトラックバック

TB元に直接飛べます!
松月の元記事は「←」で参照できます。

カテゴリ
月別アーカイブ

My Whistles


Dixon DX006D
(Tuneable Aluminium Soprano D)

Dixon DX107A
(Tuneable Aluminium Alto A)

緑のgoo

子どもたちや花々は 僕のきょうだい
笑顔でこころも 晴れわたるよ~
 -「ライムズ・アンド・リーズンズ」

いつもお世話になっております♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。