松月のRhymes&Reasons

アメリカン・フォーク・ソングの言葉と想い そして源流をたずねる旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「風に吹かれて」 by ボブ・ディラン

☆松月のおすすめアルバム☆
フリーホイーリン・ボブ・ディランフリーホイーリン・ボブ・ディラン
(2005/08/24)
ボブ・ディラン

商品詳細を見る

今日5月24日はボブ・ディラン(Bob Dylan, 1941- )のお誕生日だそうです。67歳だそうです。前回に引き続き、ディランの歌について語ってみましょうね

手元の英語の本には、彼のハーモニカはブルースの影響で、ギターはさすらいの吟遊詩人ウディ・ガスリー(Woody Guthrie, 1912-67)の影響が大きい、と書かれていました。ウディに憧れて、ディランは1960年、大学を辞めてニューヨークへ旅立ち、フォーク・ミュージシャンたちが集まるグリニッジ・ビレッジ(Greenwich Village)で歌い始めたのだそうです。

彼の1962年発表の1作目は、自作曲は少なくトラディショナルが中心で、あまり話題にはならなかったそうですが、まさに「時代は変わる」んですね。翌年の2作目「フリーホイーリン・ボブ・ディラン」(The Freewheelin' Bob Dylan)の1曲目「風に吹かれて」(Blowin' in the Wind)があのピーター・ポール&マリーに歌われて全米2位を記録する大ヒットになってしまったのです。

そのアルバムにはほかにも「戦争の親玉」(Masters of War)や「はげしい雨が降る」(A Hard Rain's A-Gonna Fall)などメッセージ性の強い自作曲が収録されていて、公民権運動が高まっていた60年代を象徴する作品となったのですね。彼の歌は不安な社会情勢をよくとらえていて、彼は「時代の代弁者」と言われ、多くの人の支持を受けるようになったのだそうです。

さて、この辺でひとくぎり。今日は「風に吹かれて」を聴きましょう
みなさんもぜひご一緒に歌ってくださいね

http://www.youtube.com/watch?v=ced8o50G9kg
☆松月のRhymes&Reasons☆

>How many seas must a white dove sail
>Before she sleeps in the sand?

鳩は平和の象徴ですから、「砂原で休む」ということは、
「その地に平和が訪れる」ということでしょうね。

>The answer is blowin' in the wind
答えは風に吹かれて舞っている・・・。
すぐ近くにあるはずなのに見えないのです。
それは、見ようとも思わないからなのかもしれませんね。

>How many years can some people exist
>Before they're allowed to be free?

「自由を許されない人々」はまだたくさんいると思います。
be allowed to ~はletの受け身形としてよく使われます。

>How many times must a man look up
>Before he can see the sky?

世界のどこにいても、「空」はひとつにつながっています。
「空が見える」とは、ひとつの真実を見出すことなのかもしれませんね。

>How many deaths will it take till he knows
>That too many people have died?

このtakeは「必要とする」という意味で使われています。
これこそ最も強く伝えたいメッセージなのではないでしょうか? ↑読んでいただけたら評価をお願いします。↓コメントいただけるとさらに喜びます☆

テーマ:懐かしの洋楽映像 - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

風に吹かれて

この曲、過去にUPしていたので、TBさせていただきました^^
今日が彼の誕生日だったんですかぁー。

TB感謝です♪

sayaさん、
TBをいただきありがとうございます。
こちらへのリンクがないと思うので、
あとでこちらからも送らせていただきますねv-5

何年か前にラジオで彼の特集が組まれて、誕生日は覚えてました~v-25

コメントの投稿


No.22 「風に吹かれて」 by ボブ・ディラン
上の記事を読まれたご感想・ご意見をお聞かせくださいね!
初めての方は、まずこちらへお立ち寄り願います^^♪ → 松月の芳名録

*** TRACKBACK ***

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

■\"Blowin\' In The Wind\"-Bob Dylan

 今日は、ボブ・ディランの\"Blowin\' In The Wind\"(風に吹かれて)を紹介しようと思います。  これは、ギターの澄んだ音色と間奏のハーモニカが良いですねぇ。確かこの曲は中学生くらいの時に知ったんじゃないかなぁー?まぁいいや。  内容としましては、聞く者に...
2008/05/24(土) 17:39:28 | Saya\'s Greatest Oldies
らいむ&りーずん(2011.4- )

現在、松月は千葉からゆる~く発信中♪

プロフィール( -2011.3)

松月

Author:松月(しょうげつ)
別名「日立の笛吹き娘」

20代ですが、アメリカン・フォーク・ソングに10年間も熱中しています。

茨城で演奏活動されている読者の方々の影響で、現在はブルーグラスに傾倒?
広場にティンホイッスルを持ちこんで、人と地球にやさしい?音楽を発信中。

ご感想・ご意見の書きこみ歓迎♪もちろん楽器(演奏の話)の持ちこみも歓迎♪各記事の下で、レッツ・セッション♪♪

初めての方は、こちらへどうぞ☆
松月の芳名録

YouTubeに演奏を載せています。
よかったら聴いてみてくださいね♪
The Whistlin' Gal from Hitachi

ごあんない
松月のお気に入りリスト
最近の記事
最近のコメント

コメントありがとうございます!

最近のトラックバック

TB元に直接飛べます!
松月の元記事は「←」で参照できます。

カテゴリ
月別アーカイブ

My Whistles


Dixon DX006D
(Tuneable Aluminium Soprano D)

Dixon DX107A
(Tuneable Aluminium Alto A)

緑のgoo

子どもたちや花々は 僕のきょうだい
笑顔でこころも 晴れわたるよ~
 -「ライムズ・アンド・リーズンズ」

いつもお世話になっております♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。