松月のRhymes&Reasons

アメリカン・フォーク・ソングの言葉と想い そして源流をたずねる旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ポール・サイモンのどうぶつえん」~日本語版“At the Zoo”の絵本

最近、たまたまこんなものを見つけちゃいました。サイモン&ガーファンクルの「動物園にて」(At the Zoo)という歌なのですが、絵本になっていたんですねー。

見つけた場所 → 茨城県立図書館 地下書庫 絵本コーナー

ポール・サイモンのどうぶつえんポール・サイモンのどうぶつえん
(1991/12)
柴門 ふみ

商品詳細を見る

しかも、訳者が柴門ふみ(さいもん・ふみ、1957- )さん!「P.S. 元気です、俊平」という恋愛漫画(TVドラマ化されたのを中学時代に見ていました)の作者でもあったようですが、わたしは「とっても、愛ブーム」などのエッセイを好きで読んでいました。

彼女を知ったきっかけは、筆名から想像できると思いますが、彼女がものすごいポール・サイモン・ファンで、2004年に「ポール・サイモン・ソングブック」がCD化&再発された時、小冊子にコメントを書いていたことでした。その前にこんな素敵な絵本を訳していたのですね。巻末には幸せそうなふみさんとポールの2ショットが載っていました

これは動物園で「しろくまくん」がひとりぼっちだという記事を見て、子どもたちが会いに行くお話です。あれ、原詩に「しろくまくん」なんて出てきたっけ? まあいいか。

原詩には、人の世にも言えるような動物たちのユニークな性格や行動がおもしろく描かれていますが、このお話の中でも、子どもたちはさまざまな動物たちとふれあいます。原詩の難しい言葉は、ふみさんがやさしくやわらかい言葉に置き換えて表現されています

バレリー・ミショー氏のイラストも丸っこいキャラクターがかわいらしく、色合いもほのぼのして和みます絵の中に出てくる英単語は、枠の外に注釈がついてるのもグ~



個人的に笑ってしまったのが「ビーバーのラムちゃんに夢中なサイの飼育係さん」
なるほど、“And the zookeeper is very fond of rum.”というところですね。“rum”って「ラム酒」のことだと思っていましたが、子どもの教育上、変えたのかもしれませんね。

サイの飼育係さんに、シマウマのおまわりさんに、カモシカのお医者さん・・・
この動物園は、動物たち自身によって運営されているようです。

「どうぶつえんでは みんな ともだちに なれるのさ」・・・人間の子どもたちと他の動物たちが同じ目線でふれあえる、そんな動物園に行ってみたくありませんか

ところで、動物園の門の前でギターを弾いている、このイケメン(?)さん・・・
ひょっとして・・・!?(笑)



原曲は、サイモン&ガーファンクルのアルバム「ブックエンド」(Bookends)に収録されています。投稿された方の「オークランド動物園」での映像と一緒にお楽しみください。

http://www.youtube.com/watch?v=4-_Sf-dIbhg


わたしの町にも「かみね動物園」という立派な動物園があります。この本を読んだら、なんだか動物たちに会いに行きたくなってしまいました。行ったら喜んでくれるかな?
↑読んでいただけたら評価をお願いします。↓コメントいただけるとさらに喜びます☆

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

*** COMMENT ***

ポールが来日した年ですね。

この絵本が出た1991年は、ポールが「ボーン・アット・ザ・ライト・タイム・ツアー」で来日した年でした。

あのコンサートの日は東京に台風が来ていて、東北本線寝台特急は運休になりました。
上野駅では、走らなくなった電車が急きょ宿泊所となり、僕もそこへ泊まりました。

あの1991年から、もう20年が経ちますねぇ。

NoTitle

今晩は♪

柴門ふみが、ポール・サイモンが好きで柴門にしたのは知っていました。
半村 良が、イーデス・ハンソンから取った様なもんですね。(イーデス・ハンソンて知っていますか?)

柴門ふみが、こんな絵本を翻訳していたなんて知りませんでした。

子供が小さい頃は、上野動物園他、色々行きましたが動物は純粋でいいですね。
私は、犬、大好き人間で犬を飼いたいのですが、人間が食べられないのに犬を飼うなんて無理でしょ!と嫁さんから言われ、その通りとおもいつつ、

私の夢は、犬と散歩する事です・・・小さな夢ですね!

NoTitle

こんばんは^^
可愛い絵本と挿絵ですね。動物達自身で運営されているってところが面白いです。
動物達のほのぼのとした動画もよかったです。
メリーゴーランドに乗っている人達の映像がいいですね。
やはり柴門ふみさんの「柴門」という名前は、ポール・サイモンからとったんですね。
ツーショットの写真もあるんですかぁ。
私は幼稚園の遠足で埼玉県内のこども動物自然公園に行き、中学の校外学習で上野動物園に行きました。社会人になってから、家族とまたこども動物自然公園に行きましたよ^^
動物はいつ見てもほのぼのしますね。

コメントありがとうございます♪

イッシー&バッシーさん、

言われてみれば、ポールは50歳を迎える直前に来日してましたっけ。

うわお、その時東京は台風でしたか・・・コンサートはどうでしたか?
とにかく、無事でなによりでしたねv-410

そのころ、わたしはちょうどこういう絵本を読み聞かせてもらっていた
年齢でした(笑)20年はあっという間ですね!!

Toshinosuke(としちゃん)さん、

柴門ふみさんとポール・サイモンの関係、ご存じでしたかー。
ちなみに、磯貝サイモンという、松月と同年代のミュージシャンがいまして、
最近知って気になっています。見た目が若い頃のジャクソン・ブラウンぽいかも?
http://ameblo.jp/isogai-simon/

イーデス・ハンソンは女優さんでしたっけ。NHKにも出ていたような。
半村良さんは「はんむら」ですから、気づかなかったですねー。

としちゃんは犬好きなんですかー。いつか飼えるといいですね。
わたしは、飼育もいいですが、自然のまま静かに見守っていたい派ですv-525

sayaさん、

絵本ですが、興味を持っていただけましたか? 
埼玉の街の中にお住まいなら、図書館の児童コーナーに
普通に置いてあると思いますので、チェックなさってくださいねv-87

「こども動物自然公園」ですかー。楽しそうですね。
わたしも上野動物園や、中国旅行中は北京動物園へも行きました。
今でも一番好きな動物はパンダです。特に寝姿が可愛くて癒されますよーv-238

At the Zoo~♪

松月さん、こんばんは。
私も何年か前、地元の図書館で、この絵本を見つけました。
柴門さんの訳本と、英語の原本の両方、ありました。

原本のほうは、ポールの「At the Zoo」の歌詞がそのまま載っています。
これを直訳したら、日本の子供達には???でしょうから、
柴門さんが、上手に、わかりやすい日本語に翻訳してくれていますね。

原本の裏表紙には、ニッコリ微笑んでいるポールの写真が・・
そして、この絵本の収益金は、ポールも設立者の一人である基金、
Children's Health Fund に寄付される、と書いてありました。

バレリー・ミショーさんの絵も、とても暖かでいいですよね。
見つけた時には、開架図書の棚に置かれていたのに、
今は、書庫にしまい込まれています(とほほ)

あったかい動物たちの世界

Dsus4さん、

英語の本も図書館にあったのですか! いいなぁー。
確かに、これはそもそも子ども向けの歌ではありませんよね。
原詩にはお酒や薬も蔓延しているような人間社会が重ねられています。
温かい絵と日本語訳によって、素敵な物語になっていますね。

動物園は「生き方は違っても、みんな生きている」ことを間近で感じられる
楽しい教育の場所です。zooというのも不思議なほど簡単な単語ですね。
大好きな動物の名前をたくさん覚えられるのも楽しいでしょう。

>この絵本の収益金は、ポールも設立者の一人である基金、
>Children's Health Fund に寄付される


そうなんですか! 子どもがいたらぜひプレゼントしたいと考えてはいましたが、
世界の子どもたちを元気にする力にもなれるなんて、最高ですねv-485

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


No.219 「ポール・サイモンのどうぶつえん」~日本語版“At the Zoo”の絵本
上の記事を読まれたご感想・ご意見をお聞かせくださいね!
初めての方は、まずこちらへお立ち寄り願います^^♪ → 松月の芳名録

らいむ&りーずん(2011.4- )

現在、松月は千葉からゆる~く発信中♪

プロフィール( -2011.3)

松月

Author:松月(しょうげつ)
別名「日立の笛吹き娘」

20代ですが、アメリカン・フォーク・ソングに10年間も熱中しています。

茨城で演奏活動されている読者の方々の影響で、現在はブルーグラスに傾倒?
広場にティンホイッスルを持ちこんで、人と地球にやさしい?音楽を発信中。

ご感想・ご意見の書きこみ歓迎♪もちろん楽器(演奏の話)の持ちこみも歓迎♪各記事の下で、レッツ・セッション♪♪

初めての方は、こちらへどうぞ☆
松月の芳名録

YouTubeに演奏を載せています。
よかったら聴いてみてくださいね♪
The Whistlin' Gal from Hitachi

ごあんない
松月のお気に入りリスト
最近の記事
最近のコメント

コメントありがとうございます!

最近のトラックバック

TB元に直接飛べます!
松月の元記事は「←」で参照できます。

カテゴリ
月別アーカイブ

My Whistles


Dixon DX006D
(Tuneable Aluminium Soprano D)

Dixon DX107A
(Tuneable Aluminium Alto A)

緑のgoo

子どもたちや花々は 僕のきょうだい
笑顔でこころも 晴れわたるよ~
 -「ライムズ・アンド・リーズンズ」

いつもお世話になっております♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。