松月のRhymes&Reasons

アメリカン・フォーク・ソングの言葉と想い そして源流をたずねる旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PPMM at BACK IN TOWN 2010年12月11日 Part 1

11日は曙橋「BACK IN TOWN」でPPMMさんのライブに参加させていただきました。
前回のライブから5か月くらいで、またすぐにお会いできてうれしかったです!!

前回のライブ・レポート → PPMM at BACK IN TOWN 2010年7月31日

17時くらいに到着すると、ポールさんたちが迎えてくださり、開店前のお店のステージで軽く音合わせすることができました。開店時間になってからは、前回も潜入したド○モショップの上にある楽屋へ遊びに行くことに。今回はいつもお世話になっているブログ・フレンドのレモンさんと、里美フェスですっかり仲よくなった「あけぼのマウンテンボーイズ」のひでぼーさんをお誘いして、楽屋にも来ていただいちゃいました♪

この日も朝から練習していらしたそうですが、メンバーほぼ全員が風邪をひいてしまって声がうまく出せないということでした。この1週間でいろんな薬を試されたそうですが、

最終手段として「プロポリスの原液」をのどに数滴さしたのでした!!



ということで、
「風に吹かれて」ならぬ「風邪をひかれて」なライブの本番いってみっぺ!

<Stage 1>

♪PPMM♪

1. And When I Die
2. Kisses Sweeter Than Wine
3. Early Morning Rain
4. The Very Last Day


歌い始めると、それまで出なかったと言っていた声もよく出ていました。先ほどのプロポリスが効いたのでしょうか。今度のどを傷めたら試してみようかな、プロポリス。



♪Lue & Kuripon♪

5. Four Strong Winds
6. Swing Down, Chariot
7. Changes
8. Jesus Met a Woman


今回のゲスト1組目の「Lue & Kuripon」さんは、PPMMのポールさん(Kuriponさん)とお仲間のLueさんとで今年結成された、カナダの夫婦フォーク・デュオ「イアン&シルビア」(Ian & Sylvia)のカバー・ユニットです。右下の「緑のgoo」から“Ian & Sylvia”で検索すると1発でヒットするくらい、日本では貴重なバンドだと思います☆

特に7曲目の「木の葉の丘」(Changes)は昨年の今ごろ記事にしましたが、昔イアン&シルビアのデュエットで聴いて覚えた、今でも大好きな歌なんです。本物に忠実な演奏が生で、しかも間近で聴けたのは、本当に幸せでした。ありがとうございました!



♪PPMM♪

9. I Shall Be Released
10. Man Come into Egypt
11. Blowin' in the Wind
12. Leaving on a Jet Plane


magcafe at garden・Kiroさんのパーカッションと、Lueさんのブルースハープも交えてのにぎやかで楽しい演奏でした♪♪

☆おまけ☆



休憩中にアコーディオンとバルーンアートで楽しませてくださったMAYAKOさん。
パフォーマーの募集とかあれば、ぜひ「ひたち国際大道芸」にお呼びしたいなぁー。

☆お楽しみコーナー☆

みなさんも一緒にLue & Kuriponさんの素敵なハーモニーをお楽しみくださいね。
イアン&シルビアの代表作のひとつで、これも松月のお気に入りで2年前に記事も書いた「風は激しく」(Four Strong Winds)です♪

http://www.youtube.com/watch?v=QDzCDkZJ4RE


続きです → PPMM at BACK IN TOWN 2010年12月11日 Part 2
↑読んでいただけたら評価をお願いします。↓コメントいただけるとさらに喜びます☆

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

レポート有難う御座います。

松月様

先日は、ありがとうございました。本当に、プロポリスの効き目は、すごいです。ここまでひどくて、原液をのどにというのは、過去にも1回ありましたが、今回は全員がというのが本当に大変でした。でも終わってホッとしたというのが、正直なところです。連日ライブをやられているプロミュージシャンの方々の健康管理の大変さをつくずく感じました。

今年は、メンバーのスケジュールが忙しくて、ライブの本数も少なかったですが、前回、今回と松月さんに参加いただき本当に楽しいライブになりました。

PPMM そして LUE&KURIPONとも来年も頑張りますので、またご一緒しましょう。

風邪は激しく

ポール&イアン・クリポンさん、

こちらこそ、先日はありがとうございました。
今年はライブの本数が少なかったとのことですが、
わたしは2回もお会いできて、とてもうれしく思っています♪

さらに、親しくお話できただけでなく、ステージにも参加させていただけるなんて
夢のようでした。今後も機会があったら一緒に遊ばせてくださいませ。

ミュージシャンの健康管理は大変ですね。わたしは「土曜ミュージシャン」ですが、
今日もこれから中野でS&Gユニットとジョイント、来週は定例の勝田セッションと
今月はかなりハードです。といっても、楽しいのでやめられないんですけどね。
のどをやられないように・・・やられてしまったらプロポリスですね!(笑)v-485

とても丁寧なリポート、ありがとです!!

松月さま、

先日はえらく寒い中、遠方からまたまた泊りがけでお越しいただき
ありがとうございました。
PPMMさま、原生林(-1)さまの演奏、ホントに素晴らしかったですよね。
わたくし達、Lue & Kuripon は、毎月、B.I.T.の「弾語りナイト」という
オープン・マイクの日に出向いて演奏(修行?)していますが、
本ライブでの演奏は今回が初めてでした。
記念すべき初ステージを観ていただき、そして、とても丁寧にリポートを
書いていただき、ありがとうございます。
わたくしは、日頃、いろいろな方々のライブリポートやその他を書いていますが、
こうして自分たちのことを書かれたものを読むことはあまりないので、
なんかすごく照れくさいです...。
でも、こんな風に書いていただけると、やっぱりすごくうれしいですね。
今回どなたにもお願いしていなくてステージの写真がなかったので
↑の貴重な初ライブ写真は早速保存させていただきます。

松月さんのホイッスル、しっかりと大きな音できれいに響いてましたよ。
素晴らしかったです。また聴かせてください。

今回はたくさんお話できて楽しかったです。
また、お会いしましょう!

貴重なステージ

Lueさん、

メッセージありがとうございます。
最初から最後までご一緒できてうれしかったです。
たくさんお話もできましたね。

Lue & Kuriponさんの演奏、とにかくカッコよかったです。
イアンとシルビアのユニットというのも、とても貴重ですね。
初ステージだったんですかー。
さらに貴重なステージを拝見できてよかったです。
また聴かせてくださいね~v-354

来年は「キングストン女子部」もありますね(笑)
ますますのご活躍を楽しみにしています。v-300v-411

コメントの投稿


No.212 PPMM at BACK IN TOWN 2010年12月11日 Part 1
上の記事を読まれたご感想・ご意見をお聞かせくださいね!
初めての方は、まずこちらへお立ち寄り願います^^♪ → 松月の芳名録

らいむ&りーずん(2011.4- )

現在、松月は千葉からゆる~く発信中♪

プロフィール( -2011.3)

松月

Author:松月(しょうげつ)
別名「日立の笛吹き娘」

20代ですが、アメリカン・フォーク・ソングに10年間も熱中しています。

茨城で演奏活動されている読者の方々の影響で、現在はブルーグラスに傾倒?
広場にティンホイッスルを持ちこんで、人と地球にやさしい?音楽を発信中。

ご感想・ご意見の書きこみ歓迎♪もちろん楽器(演奏の話)の持ちこみも歓迎♪各記事の下で、レッツ・セッション♪♪

初めての方は、こちらへどうぞ☆
松月の芳名録

YouTubeに演奏を載せています。
よかったら聴いてみてくださいね♪
The Whistlin' Gal from Hitachi

ごあんない
松月のお気に入りリスト
最近の記事
最近のコメント

コメントありがとうございます!

最近のトラックバック

TB元に直接飛べます!
松月の元記事は「←」で参照できます。

カテゴリ
月別アーカイブ

My Whistles


Dixon DX006D
(Tuneable Aluminium Soprano D)

Dixon DX107A
(Tuneable Aluminium Alto A)

緑のgoo

子どもたちや花々は 僕のきょうだい
笑顔でこころも 晴れわたるよ~
 -「ライムズ・アンド・リーズンズ」

いつもお世話になっております♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。