松月のRhymes&Reasons

アメリカン・フォーク・ソングの言葉と想い そして源流をたずねる旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第9回里美カントリーミュージックフェスティバル Part 1

11月13~14日は第9回、わたしにとっては3度目の里美フェスに参加してきました。
(これまでの里美フェス・レポート → 第7回 / 第8回
参加されたみなさん、今回も最初から最後までどうもありがとうございました。
お待ちかね「ひたちの笛吹き娘」レポートのはじまりはじまり~!

第7回からご一緒して仲よくなった司会のひとみさんに勝田駅から乗せていただいたので(感謝!)、今回は早く到着し、オープニング・ジャムから楽しませていただきました。

万丈童子さん(ひたちなか市)、ウインズさん(水戸市)、レイジンさん(土浦市)たちとのうれしい再会!「ふれあい館」の前でさっそくジャムってます



前回、古民家「荒蒔邸」の囲炉裏のまわりで夜更けまでセッションした「あけぼのマウンテンボーイズ」のメンバーは今回そろわず(モーリーさん、お会いしたかったです~)、「South Lake Ramblers」という名前で再編されていらっしゃいました。

ひでぼーさんは、前項(No.206)のコメント欄でお約束したとおり、ディクソンのブラス(真鍮)の笛を持ってきてくださいましたよー。思わず松月のアルミの笛と記念撮影



真鍮なのでずっしり重く、音に深みがありました。また真鍮なのでしばらく使っているとすっかり色が変わってしまうんですね。でも、いぶし銀(金?)のような味があります。

13日は茨城では「県民の日」で、山の紅葉は色づき始めのちょうどいい時季です。天気もよくて暖かく(こういうのを「小春日和」というのでしょう)、会場では「かかし祭」と「新そば祭」も行われていたので、お客さんもかなり入っていました

ステージはこんな感じで、盛り上がっていました!



・・・えっ、毎回写真を載せるだけじゃ、どんな感じなのかよくわからないって?

そ・こ・で! 今回は映像をupしてみましたー。
携帯のムービー機能で撮ったので、画質と音質の低いのはご勘弁を^^;
雰囲気だけでもお楽しみいただければ幸いです

こちらからどうぞ♪ → Blue Ridge Mountain Home

曲は、第8回レポートのPart 3でご紹介した“Blue Ridge Mountain Home”です。
今回だけでいったい何度歌ったのだろうというほど、里美フェスでは定番の歌です。
でも、本場アメリカのフェスでは、ほとんど歌われないらしい・・・!?

☆お楽しみコーナー☆

1記事に1曲、フェスで演奏された曲を(よそのバンドのですが)ご紹介します。

今回は“Little Cabin Home on the Hill”を聴いてみましょう。「ブルーグラスの父」と呼ばれたビル・モンロー(Bill Monroe, 1911-96)の代表作のひとつで、スタンダードになっている曲です。あのエルヴィス・プレスリーもカバーしているようです。

「君がいなくて、今宵はただひとり窓辺に座って雨の音を聴きながら泣くしかない」
という、ブルーグラスではよくある「ふられた男の歌」なのですが、この明るさ!!

http://www.youtube.com/watch?v=mU-8L4pRboU


わたしたちはこれから、丘の上の小さな家(?)「プラトーさとみ」で騒ぎますよっ!
続きです → 第9回里美カントリーミュージックフェスティバル Part 2
↑読んでいただけたら評価をお願いします。↓コメントいただけるとさらに喜びます☆

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

NoTitle

里美フェスレポート楽しませていただきました♪ さわやかそうな秋空での演奏がいいですね~! 

ディクソンの2ショットもGOOD!

小春日和♪

とちさん、

さっそくコメントをいただき、ありがとうございますv-278
紅葉は少し早いようでしたが、寒くもなく、さわやかな2日間を過ごせました。

ディクソンの2ショットはわたしも撮りたくて撮ったのですが、
ひでぼーさんが大感激していらしたのがすごくうれしかったですv-221

Part 2もお楽しみにー♪

行けなくて残念でした・・・

あけぼの山のモーリーです。里美には行けなくて本当に残念でした。ひでぼーさんからお聞きになっていらっしゃると思いますが、6月の里美で松月さんのホイッスル演奏を聴いたのが本格的にアイリッシュトラッドに取り組むきっかけになったので、今回は松月さんとのセッションができるかなーと思っていたのですが・・・

気を取り直して、11/27のハンズ・アラキ氏のライブを聴きに、水戸ケルズまで行きます!

27日水戸でお会いしましょう♪

モーリーさん、

コメントありがとうございます。里美でお会いしたかったですね。
Part 2に書こうと思っていますが、今回は笛を持ってきたメンバーで
「アメイジング・グレイス」をハモってみたりして、盛り上がりました。

あ、でも27日「ケルズ」でご一緒できる~~~♪v-411v-344
楽しみにしています。笛も一緒に連れてきてくださいね!

楽しかった^^

松月さん
里美フェスのレポート楽しみにしていました!

おぉ~自分のDixonブラスと松月さんのアルミが2ショット!!

我々のBlueridge Cabin Homeの動画までアップしていただいてありがとうございます。

本当に楽しかった^^

ひでぼーさん、

読んでいただいてありがとうございます。
「ディクソンのHigh-Dで一番高価な笛」を拝めて(笑)うれしかったです。
あの「ずっしり感」は忘れません。“Kesh Jig”も合わせられたし、最高でしたね。

「あけぼの山」の演奏にも参加できて幸せでした。
今後ともどうぞよろしくお願いしますv-22

コメントの投稿


No.207 第9回里美カントリーミュージックフェスティバル Part 1
上の記事を読まれたご感想・ご意見をお聞かせくださいね!
初めての方は、まずこちらへお立ち寄り願います^^♪ → 松月の芳名録

らいむ&りーずん(2011.4- )

現在、松月は千葉からゆる~く発信中♪

プロフィール( -2011.3)

松月

Author:松月(しょうげつ)
別名「日立の笛吹き娘」

20代ですが、アメリカン・フォーク・ソングに10年間も熱中しています。

茨城で演奏活動されている読者の方々の影響で、現在はブルーグラスに傾倒?
広場にティンホイッスルを持ちこんで、人と地球にやさしい?音楽を発信中。

ご感想・ご意見の書きこみ歓迎♪もちろん楽器(演奏の話)の持ちこみも歓迎♪各記事の下で、レッツ・セッション♪♪

初めての方は、こちらへどうぞ☆
松月の芳名録

YouTubeに演奏を載せています。
よかったら聴いてみてくださいね♪
The Whistlin' Gal from Hitachi

ごあんない
松月のお気に入りリスト
最近の記事
最近のコメント

コメントありがとうございます!

最近のトラックバック

TB元に直接飛べます!
松月の元記事は「←」で参照できます。

カテゴリ
月別アーカイブ

My Whistles


Dixon DX006D
(Tuneable Aluminium Soprano D)

Dixon DX107A
(Tuneable Aluminium Alto A)

緑のgoo

子どもたちや花々は 僕のきょうだい
笑顔でこころも 晴れわたるよ~
 -「ライムズ・アンド・リーズンズ」

いつもお世話になっております♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。