松月のRhymes&Reasons

アメリカン・フォーク・ソングの言葉と想い そして源流をたずねる旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイモン&ガーファンクル会議室演奏オフ会れぽーと Part 3

これまでのお話
サイモン&ガーファンクル会議室演奏オフ会れぽーと Part 1 / Part 2

後半はベテランの方々の熱ーい演奏です。選曲もマニアックです!!

☆ 湘南の若大将さん
♪ 99 Miles From L.A.
♪ Red Rubber Ball
♪ For Emily, Whenever I May Find Her


“Red Rubber Ball”はSkywriterさんと一緒に力強く歌われました。“For Emily”は12弦がやはりカッコイイですよねー。「チューニングが大変」ということに関連して(?)あとで個人的にオートハープの話なんかもできてうれしかったです。

☆ けんさん
♪ One Man's Ceiling Is Another Man's Floor
♪ Still Crazy After All These Years
♪ My Little Town
♪ Bridge Over Troubled Water


彼が持ってきたのはギターではなく、フラッシュメモリ! なんと彼はこのサイト右上の「平和の鐘」と同じように、MIDIでもって1音1音打ちこんで伴奏を作ってきたのでした。“Bridge”ではアートとポール2役をこなすという・・・とても器用な方でした!!

☆ イッシー&バッシーさん
♪ Old Friends / Bookends Theme
♪ When Numbers Get Serious
♪ Breakaway
♪ Take Me to the Mardi Gras
♪ The Obvious Child


イッシーさんとは隣に座らせていただいたので、開演前から演奏などの話ができました。彼は「B級ソング」が大好きだそうで、“Hearts and Bones”のエンディングから始めて、“When Numbers Get Serious”を披露されました。ポールの“Hearts and Bones”のアルバムの中ではリズミカルで大好きな曲です。それと、“Look at the stink about Japan!”のところを“China!”って歌っていましたね。人民元切り上げ問題の影響か!?

アートの曲“Breakaway”では「コーラス隊」を企画され、コーラスの4行を歌えればよいということなので、わたしもドタサン(=土壇場参加)しちゃいました。結局、参加者ほぼ全員で“Breakaway(離脱)~♪”と声をあわせて歌い、逆に絆を強めたのでした(笑)



さらに、彼はアンコールに“The Obvious Child”のショート・バージョンを用意していました。中ほどの“Sonny sits by his window...”からギター1本でやるというものでした。ポールのアルバム“The Rhythm of the Saints”の1曲目で、普通に聴けば力強いパーカッションに押されてしまう曲ですが、それを取り去ってみれば、この部分のギターのなんと心地いいこと! 60年代の“The Paul Simon Song Book”を思わせるような演奏なのです。

同様に、“The Cool, Cool River”“I believe in the future...”の部分にも「スカボロー・コード」と呼べるあの独特のギター伴奏が後ろに聴こえるというのも納得できますね。
大発見!! これを聴かなければ気づかなかったでしょう。おかげでポール・サイモンのソロ・アルバムをもっと深く聴いてみる楽しみができたのでした♪

続きです → サイモン&ガーファンクル会議室演奏オフ会れぽーと Part 4
↑読んでいただけたら評価をお願いします。↓コメントいただけるとさらに喜びます☆

テーマ:音楽を楽しもう! - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

NoTitle

大変ご無沙汰しておりました。m(_ _)m
いろいろなライブ・レポート、いつも楽しみに拝見しています。
しかし、松月さんのご活躍ぶりにも驚いています。
機会がありましたら、自分も皆様のライブに行きたいのですが、遠いので、なかなか行けませんが、自分と同じ街のイッシー&バッシーさんが松月さんと隣に座ったり、演奏したりしているので、またまた驚いた次第です。
イッシー&バッシーさんのセット・リスト、さすがです。自分は、曲名だけでは分かりませんでした。(^^;)
それでは、また宜しくお願いします。

NoTitle

私も松月さんのブログの更新をいつも楽しみにしています。
サイモン&ガーファンクルファンの皆さんの雰囲気がとても伝わってきていいですね。
Part4も楽しみにしています♪

スカボロー・コード

こんばんは。オフ会レポート、楽しく拝見しております。
さすが、ディープなファンのオフ会だけあって、選曲もマニアックですね。

ポールの弾く、あの「スカボローコード」は私も大好きで、
「The Cool Cool River」のあの部分だけ、繰り返し聞いたりしています(笑)

左手の押さえ方は簡単なのですが、右手で弾くアルペジオが実に巧みで、
とても美しい響きがします。
本当に何気ないんですが、ポールのギターアレンジのセンスにうっとりしてしまいます。
続きのレポートも楽しみにしています(^^)

読んでくださってありがとうございます♪

takabohさん、

こちらこそ、しばらくですー。
いつも来ていただいてありがとうございますv-300

イッシーさんは八戸の方だと聞いていたので、
おおー、takabohさんの町だ、と思っていたら、ご存じだったんですかー。
「談話室」の過去記事を読んでいたら、以前takabohさんも書き込まれていたんですね!
8月になってまた「談話室」をのぞくようになったので、当時気づかなくてすみません。

こりゃー、いつかオフ会にもお越しいただかなくちゃですね、「先輩」!(笑)v-392

とちさん、

ご来訪ありがとうございます。読んでいただけてうれしいです。
これだけ夢中で書けるってことは、わたしも相当マニアックなのかもしれません^^;
今後ともよろしくお願いしますv-254v-411

Dsus4さん、

今回もメッセージをいただき、ありがとうございます。
完コピ派のギター弾きのみなさん「スカボロー・コード」に注目されているんですね!
あの力強いビートの後ろの繊細なアルペジオにすっかり惚れこんでしまって、v-398

最近はアルバム「リズム・オブ・ザ・セインツ」にどっぷりハマっております。
また、アルバム「グレイスランド」に関しては、じっくり聴いてみると、
実はものすごく単純なコード進行になっているようですね!v-341

NoTitle

松月さん、イッシーです。
オフ会ご一緒できて楽しかったですねー。
僕のObvious Childに耳を留めていただき、ありがとうございます。
ポールファンなら、気づいたときに嬉しくなるのではないかと思い、
ご披露しました。
今度はtakaboh先輩と一緒にオフ会参加したいと思っています。

B級ソングよかったです!

イッシー&バッシーさん、

ご来訪&メッセージありがとうございますv-238
いろいろお話できたし、“The Obvious Child”のあの部分は大発見でした。
“When Numbers Get Serious”も途中でギターをたたくパフォーマンスが
みられて楽しかったです。ディープなファンの集まりだからこそできる曲ですねv-221

takabohさんとの共演、見られたらいいなぁーと思います。
曲は・・・そうですね、アート&JTの“Crying in the Rain”とか聴きたいです♪

NoTitle

 松月さんとイッシーさんは、ポール・サイモン好きということでも縁があったわけですが、他にも不思議な縁があったようですね。

 イッシーさんは、サイモン&ガーファンクルのマニアックなプレーヤーとして、尊敬する方です。八戸にイッシーさんのような方がいるのは、貴重な財産です。イッシーさんのソロを2年くらい前に聴き、初めてお会いしたのですが、すべて暗譜で、歌詞もすべて見ずに10数曲を歌い、そして、S&Gのことを語ったら、マニアックなお話ばかりで驚いたものでした。

 歳だけはイッシーさんより一応先輩ですが、自分は、ヘタ過ぎて・・・。(^^;) でもオフ会、そして松月さんにも機会がありましたら、お会いできる日が来るのを夢見ています。それにしてもイッシーさんの「夢のマルディグラ」聞きたかったですねぇ。

いいですね~!

takabohさん、

イッシーさんって、八戸でもすごく有名なS&Gプレイヤーなんですね。
いいなー、いいなー、takabohさんも含めて地方でのご活躍、うらやましいです!

「マルディグラ」、ポールはめったにライブで歌わないそうですが、いい歌ですよね。
最後の器楽演奏のところは、みんなでサックスやキーボードのまねをして歌って、
ちょっとしたセッション気分が味わえました。イッシーさんの企画に感謝ですv-278

コメントの投稿


No.198 サイモン&ガーファンクル会議室演奏オフ会れぽーと Part 3
上の記事を読まれたご感想・ご意見をお聞かせくださいね!
初めての方は、まずこちらへお立ち寄り願います^^♪ → 松月の芳名録

らいむ&りーずん(2011.4- )

現在、松月は千葉からゆる~く発信中♪

プロフィール( -2011.3)

松月

Author:松月(しょうげつ)
別名「日立の笛吹き娘」

20代ですが、アメリカン・フォーク・ソングに10年間も熱中しています。

茨城で演奏活動されている読者の方々の影響で、現在はブルーグラスに傾倒?
広場にティンホイッスルを持ちこんで、人と地球にやさしい?音楽を発信中。

ご感想・ご意見の書きこみ歓迎♪もちろん楽器(演奏の話)の持ちこみも歓迎♪各記事の下で、レッツ・セッション♪♪

初めての方は、こちらへどうぞ☆
松月の芳名録

YouTubeに演奏を載せています。
よかったら聴いてみてくださいね♪
The Whistlin' Gal from Hitachi

ごあんない
松月のお気に入りリスト
最近の記事
最近のコメント

コメントありがとうございます!

最近のトラックバック

TB元に直接飛べます!
松月の元記事は「←」で参照できます。

カテゴリ
月別アーカイブ

My Whistles


Dixon DX006D
(Tuneable Aluminium Soprano D)

Dixon DX107A
(Tuneable Aluminium Alto A)

緑のgoo

子どもたちや花々は 僕のきょうだい
笑顔でこころも 晴れわたるよ~
 -「ライムズ・アンド・リーズンズ」

いつもお世話になっております♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。