松月のRhymes&Reasons

アメリカン・フォーク・ソングの言葉と想い そして源流をたずねる旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PPMM at BACK IN TOWN Part 3

これまでのお話
PPMM at BACK IN TOWN Part 1 / Part 2

<第2部>



14. Don't Think Twice
15. Tell It on the Mountain
16. Power
17. Island in the Sun(パーカッション:Kiroさん)
18. Jamaica Farewell(パーカッション:Kiroさん)
19. Hurry Sundown
20. Kisses Sweeter than Wine
21. 500 Miles
22. Early Morning Rain
23. Leaving on a Jet Plane
24. Come and Go with Me
25. And When I Die

26. If I Had a Hammer
27. Down by the Riverside
28. This Land Is Your Land
  (全員+ブルースハープ:Lueさん、ホイッスル:松月)


第2部は「ゲストに頼らずに自分たちの力でやってみよう!」ということで、PP&Mのレパートリーをメインに、シンプルな編成で演奏されましたが、彼らの歌声は力強く、まっすぐに伝わってきました。特に「パワー」には平和を愛する歌のパワーにあふれていました

そして再びKiroさんと一緒に演奏されたのは、夏の海にぴったりなカリプソ2曲。どちらもハリー・ベラフォンテの歌でよく知られている作品ですね。マリーさんが砂利を入れたケースみたいなものを揺すって「ざざーーーっ」という波の音。これで気分は常夏の島!

わたしの隣のテーブルにいらしたK藤さんは、酔っぱらった勢いなのか途中からちょっとうるさかった(←失礼)ですが、ステージとのやり取りがおもしろく、大いに盛り上がりました。フォークやブルーグラスのライブでは、こんな盛り上げ役が実は重要だったりします。これがあってこそ、観客は一緒に歌ったり、気軽に参加できるのだと思います。「500マイル」以降はわたしも思いっきり歌ってしまいました。一緒に歌うって、気持ちがスカッと晴れるし、本当に楽しいですよねっ!

終戦の日を前に、みんなで「戦争は繰り返すまい!」と歌声と手拍子を世界に向けるように響かせながら、自分たちの胸にも言い聞かせ、そして最後「我が祖国」では、、、

ステージに乱入!!
(写真はBITのご主人・Y井さん提供です。ありがとうございました!)



ポールさんから「最後にゲストみんなでソロをまわしながら歌いたいのですが、松月さんも演奏に参加しませんか?」と誘っていただいたのでした。PPMMさんやゲストの方々と一緒に演奏できたし、客席からも声援をいただけて、よい思い出になりました。初めての参加ながら、こういう機会を与えてくださったことに、心から感謝しています

そして、さらに思いがけないできごとがありました。わたしが同席した方々はまったく知らず、ライブ中は親しくお話などできなかったのですが、終演後に真実を知ったのです。実はお会いしたことがなかっただけで、見えない接点があったことを。

わたしの隣で熱心に撮影しながら聴いていらして、「我が祖国」で一緒にステージに乱入したLueさんは、ポールさんとイアン&シルビアのユニットを組んで活躍されているその方でした。

また、向かいに座っていた男性が「原生林」の「こうもり」さんだと知って驚き、同時に感激してしまったのでした。というのは、「2代目サイモン&ガーファンクル会議室」の管理人さんとして彼のお名前を存じていたからです。それはS&Gを聴きはじめたころ見つけたサイトで、気に入ってよく訪れていました。日本を代表する濃いファンの集まるところで、わたしはあまりに未熟だったため、書きこみなどとてもできませんでしたが・・・

こうもりさんとはこちらですっかり仲よくなり、この後さらなる展開が待っていたのでした。このライブ&レポートはPart 3でおしまいですが、新展開で次回に続きますのでお楽しみに~♪

ピーターさん、ポールさん、マリーさん、ディックさん、
Lueさん、そして、こうもりさんご夫妻、
終演後、みんなで楽しくお話ができてよかったです!!




最後までおつきあいいただき、ありがとうございました!

☆お楽しみコーナー☆

<Come and Go with Me>
昨年の結成5周年記念ライブの映像をご紹介させていただきます。
みなさんも一緒に歌ってね!

http://www.youtube.com/watch?v=otthioju868


☆関連リンク☆

PPMMさんのサイト(ブログにレポあり) → PPMM'S HOME PAGE
パーカッション・Kiroさんのサイト → magcafe at garden
ギターとブルースハープ・Lueさんのサイト → Lue's Rooms
↑読んでいただけたら評価をお願いします。↓コメントいただけるとさらに喜びます☆

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

NoTitle

松月さん
本当に、いろんな人たちとつながったライブでしたね。
今度の土曜日にはBITのキングストン大会に、PPMMからは、ポール&ディックが、そして
原生林からは、同じくポール&ディックがで、結成した、ヨコジマトリオで、出演してきます。
また先日のLueさんとはIan&Sylviaのユニットもやっていますが、先日同じくBITの弾き語りナイトで修行中の映像を一部ですが、あげていただいています。
http://www.youtube.com/watch?v=X938XJ8txCE

こうやって広がる音楽のつながりはこれからも大事にしていきたいです。
ラストのTHIS LANDでは、ホイッスルありがとうございました。

マンドリン、ドブロ、パーカション、ホイッスル、ブルースハープ、フルートとつながるソロの回しは、本当に楽しかったです。。





素晴らしいリポートですね。

松月さま、

先日のPPMMライブ、本当に楽しかったですね。
松月さまのリポートを読ませていただいて、ライブ演奏や
終演後のひとときまで、いろいろ思い出てきました。
当日は会場の冷房がきつく、わたくしは開演直後から強い頭痛に悩まされ
演奏を聴くのと写真撮影に手一杯で、松月さまとはお隣り席だったのに
あまりお話できなかったのがちょっと残念でした...。

また、なにかの機会でお会いできたら大好きなアイルランドのことなども
お話できたらと思います。
これからもよろしくお願い致します。

これからもよろしくです♪

PPMMポールさん、

本当に最初から最後までお世話になり、ありがとうございました。
いろんな人とつながりができるのは、楽しいですね。v-360

今度は原生林さんとのジョイントでキントリやるんですね!?
他のバンドとの共演は、刺激しあったりしておもしろそうですね!

Lue & Kuriponの映像も楽しませていただきました。
カッコイイですねー! 聴きに行けたらいいなーと思います。

わたしもホイッスルでよければ喜んで参加しますので・・・v-410

Lueさん、

ご来訪&メッセージありがとうございますv-254

そうでしたかー、あの日は体調がわるかったのですね。
「お話したい」と思うばかりで、お気遣いできなくてすみませんでした。

また今度お会いできたら、お話させてくださいね。
アイリッシュ好きなんですか! ぜひいろいろ聞かせてください♪

こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。
あ、それから、Lueさんのサイトも拝見&関連リンクさせていただきましたv-344

NoTitle

先日はどうもありがとうございました。
こんなに詳しいレポートもありがとうございます。
また一緒に何かやりたいですよねv-221
帰りの打ち上げ、参加できなくて残念!!!v-275

楽しかったですね!

PPMMマリーさん、

ご来訪&メッセージありがとうございますv-22

マリーさんの衣装も歌声もトークも素敵でした。
ライブに協力させていただけたこと、とてもうれしく思っています。
ひとつひとつの瞬間が大切だからこそ、詳しいレポートになってしまうのです。
(本当は、文章をまとめるのがへたくそなだけなのでしょうが^^;)

ポールさんたちには、打ち上げまで本当にお世話になりました。
楽器やミュージシャンの話などして、楽しませていただきましたv-306

コメントの投稿


No.195 PPMM at BACK IN TOWN Part 3
上の記事を読まれたご感想・ご意見をお聞かせくださいね!
初めての方は、まずこちらへお立ち寄り願います^^♪ → 松月の芳名録

らいむ&りーずん(2011.4- )

現在、松月は千葉からゆる~く発信中♪

プロフィール( -2011.3)

松月

Author:松月(しょうげつ)
別名「日立の笛吹き娘」

20代ですが、アメリカン・フォーク・ソングに10年間も熱中しています。

茨城で演奏活動されている読者の方々の影響で、現在はブルーグラスに傾倒?
広場にティンホイッスルを持ちこんで、人と地球にやさしい?音楽を発信中。

ご感想・ご意見の書きこみ歓迎♪もちろん楽器(演奏の話)の持ちこみも歓迎♪各記事の下で、レッツ・セッション♪♪

初めての方は、こちらへどうぞ☆
松月の芳名録

YouTubeに演奏を載せています。
よかったら聴いてみてくださいね♪
The Whistlin' Gal from Hitachi

ごあんない
松月のお気に入りリスト
最近の記事
最近のコメント

コメントありがとうございます!

最近のトラックバック

TB元に直接飛べます!
松月の元記事は「←」で参照できます。

カテゴリ
月別アーカイブ

My Whistles


Dixon DX006D
(Tuneable Aluminium Soprano D)

Dixon DX107A
(Tuneable Aluminium Alto A)

緑のgoo

子どもたちや花々は 僕のきょうだい
笑顔でこころも 晴れわたるよ~
 -「ライムズ・アンド・リーズンズ」

いつもお世話になっております♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。