松月のRhymes&Reasons

アメリカン・フォーク・ソングの言葉と想い そして源流をたずねる旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回上野牧場フォーク・フェスティバル Part 3

これまでのお話
第5回上野牧場フォーク・フェスティバル Part 1 / Part 2

今回、A木さんは画期的なアイテムを導入されていました。普通ならば奏者の方々は楽器と一緒にたくさんの楽譜を綴じたファイルを抱えてくるのですが、彼はなんとiPadに歌詞や楽譜や音源などを全部入れて持ってきたのでした。iPadそのものも初めて見たのですが、薄くて軽くて、譜面台に載せて使えるんですから、すごく便利だと思いました。

さらに、ハンマー・ダルシマーやオートハープのアプリまであるんですねー。わたしも触らせていただきましたが、これすごく楽しいですよ。アコースティックといえないのが残念ですが、どこでも気軽に持ちこめるし、チューニングもメンテナンスも不要ですから。いいなー。いずれ演奏活動もデジタル化の時代が来てしまうかもしれませんね(笑)



また、ちょうど環七環八さんから芳名録へのコメント記録が松月の携帯に届いたこともあり、2日目の朝はK山さんとポール・サイモン談議に花を咲かせてしまいました。「ソング・ブック」や「ライブ・ライミン」のレコードや演奏、日本公演の話で盛り上がって、「ポールのソロなら、わたしも絶対行く!」とすっかり意気投合してしまったのでした。

それがきっかけで、2日目のステージで、K山さんとS&Gを歌わせていただきました!
相方より背が低く、歌がへたくそで、間奏で笛を吹く「がぁふぁんくる松月」(笑)

♪「スカボロー・フェア」(Scarborough Fair)
♪「ボクサー」(The Boxer)


上野さんのワークショップの生徒さんたちも参加して「遠い世界に」を歌っていました。
Traditional Friendsも、Oldtime Partnersとお仲間のみなさんも絶好調でした!



最後はみんなで3曲歌いました。やっぱり一緒に歌えるのがフォークの醍醐味ですね♪
雨降りで蒸し暑い日でしたが、心はさわやかな五月晴れです。みなさんありがとう

♪「トゥデイ」(Today)
♪「キープ・オン・ザ・サニー・サイド」(Keep on the Sunny Side)
♪「永遠の絆」(Will the Circle Be Unbroken)




☆お楽しみコーナー☆

“Keep on the Sunny Side”は、1930年前後にヒットしたカーター・ファミリー(The Carter Family)の代表曲です。世界恐慌の影響で大不況だった当時、「暗い時もあるけれど、明るい時もやってくるんだから、毎日明るく過ごそうぜ!」という詩は、アメリカ南部を中心に、多くの労働者たちを元気づけたのではないでしょうか

http://www.youtube.com/watch?v=AULQxVfxMAs


日本でも、1970年代に高石ともやとナターシャセブンが「陽気に行こう」というタイトルに日本語の詩をつけて歌っていて、今でも全国のフォークの集いで愛唱されています

http://www.youtube.com/watch?v=7qExcKH9LDA


☆関連リンク☆

Traditional Friends・A木さんのサイト → Traditional Folk Music.com
Part Per Millionさんのサイト → Part Per Million
↑読んでいただけたら評価をお願いします。↓コメントいただけるとさらに喜びます☆

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

NoTitle

松月さん、こんには。

2日間も楽しい時と出会いがあっていいですね。
しかし「茨城パワーすごい」ですね。圧倒されてしまいました。

夏に向かってもイベントあるんですか? 「百聞は一見にしかず」とも云いますので是非行ってみたい気持ちが芽生えています。ワクワクしてくるんですよ。

茨城パワーすごいです!^^

タウン・ワンダーさん、

読んでいただいて、ありがとうございました!
すごいでしょう、自然豊かな土地と熱心な方々に恵まれて本当に幸せです。
機会がありましたら、ぜひぜひお越しくださいませ~v-481

これから夏本番、いろんなところでイベントがありますが、
わたしはすでに予定がいっぱいで、演奏活動にはほとんど出られません・・・。

さっそく、今週末は地元・日立市のイベントに参加します(演奏はしませんが)。
「ひたち環境都市フェスタ」と「大甕きゅうり祭り」でお会いしましょうv-411

コメントの投稿


No.190 第5回上野牧場フォーク・フェスティバル Part 3
上の記事を読まれたご感想・ご意見をお聞かせくださいね!
初めての方は、まずこちらへお立ち寄り願います^^♪ → 松月の芳名録

らいむ&りーずん(2011.4- )

現在、松月は千葉からゆる~く発信中♪

プロフィール( -2011.3)

松月

Author:松月(しょうげつ)
別名「日立の笛吹き娘」

20代ですが、アメリカン・フォーク・ソングに10年間も熱中しています。

茨城で演奏活動されている読者の方々の影響で、現在はブルーグラスに傾倒?
広場にティンホイッスルを持ちこんで、人と地球にやさしい?音楽を発信中。

ご感想・ご意見の書きこみ歓迎♪もちろん楽器(演奏の話)の持ちこみも歓迎♪各記事の下で、レッツ・セッション♪♪

初めての方は、こちらへどうぞ☆
松月の芳名録

YouTubeに演奏を載せています。
よかったら聴いてみてくださいね♪
The Whistlin' Gal from Hitachi

ごあんない
松月のお気に入りリスト
最近の記事
最近のコメント

コメントありがとうございます!

最近のトラックバック

TB元に直接飛べます!
松月の元記事は「←」で参照できます。

カテゴリ
月別アーカイブ

My Whistles


Dixon DX006D
(Tuneable Aluminium Soprano D)

Dixon DX107A
(Tuneable Aluminium Alto A)

緑のgoo

子どもたちや花々は 僕のきょうだい
笑顔でこころも 晴れわたるよ~
 -「ライムズ・アンド・リーズンズ」

いつもお世話になっております♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。