松月のRhymes&Reasons

アメリカン・フォーク・ソングの言葉と想い そして源流をたずねる旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「500マイル」 by ブラザース・フォア

フォーク・ソングというと、反戦歌(anti-war song)や抗議の歌(protest song)のイメージが強いかもしれませんが、それらはほんの一部に過ぎません。ほかにも愛の歌や故郷の歌、子供のための物語の歌などさまざまなジャンルがあります。その中のひとつに「ホーボー・ソング」(hobo's song)と呼ばれるものがあります。

「ホーボー」とは「渡り労働者」のことです。20世紀のはじめ、大不況下のアメリカで、貧しい労働者たちは仕事を転々としながら土地から土地へ渡り歩いて暮らしていました。彼らにはお金がないので、もっぱら徒歩か列車(それも貨物列車に飛び乗って)で移動していました。(この類の歌に「貨物列車」(freight train)が多く登場するのはそういうわけだったのですね。)

今回ご紹介する「500マイル」(500 Miles)は、ジョージア州に伝わるホーボー・ソングをヘディ・ウェスト(Hedy West, 1938-2005)が採譜して広めたものなのだそうです。1マイルは約1.6kmですから、500マイルは約800kmということになります。これは東京~札幌間に相当するほどの距離なのです!今のわたしたちにとっては、帰ろうと思えば帰れる距離ですが、昔の貧しい労働者たちにとっては、故郷へ帰るのがかなり難しい距離だったのです・・・。

この歌はピーター・ポール&マリーやキングストン・トリオ(The Kingston Trio)、ハイウェイメン(The Highwaymen)などいろんなグループが歌っていますが、わたしの一番のお気に入りバージョンはやっぱりブラザース・フォアです。

今回はすごいのをみつけました!
ブラフォーのオリジナル・メンバーによる貴重~なライブ映像ですよ

向かって左から
ディック・フォーリー(Dick Foley, 1939- )
マイク・カークランド(Mike Kirkland, 1937- )
ジョン・ペイン(John Paine, 1937- )
ボブ・フリック(Bob Flick, 1938- )

http://jp.youtube.com/watch?v=9wso8-vebHc
☆松月のRhymes&Reasons☆

>If you miss the train I'm on
>You will know that I am gone
>You can hear the whistle blow a hundred miles

ホーボーは貨物列車に飛び乗り、どこまで行くかわからない旅に出ます。
a hundred milesは「100マイル」ぴったりかどうかはわかりませんが、
出発点からかなり遠く離れていることは確かです。

>Not a shirt on my back
>Not a penny to my name
>Lord, I can't go back home this away

ホーボーはお金も何もなく、そのうえかなり遠くまで来てしまったため、
故郷へ帰りたくても帰れないのです。 ↑読んでいただけたら評価をお願いします。↓コメントいただけるとさらに喜びます☆

テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

500 Mile

こんばんは^^
私はPPMのバージョンをUPしてますよ。
ブラフォーも歌っていたんですかぁー。

いろんなバージョンがありますよね!

sayaさん、
メッセージありがとうございますv-410v-344

ブラフォーのは、ちょうどこんな感じ。
PP&Mのは、スロー・テンポで切なさが感じられますよね。
ヘディ・ウェストのは、アップ・テンポでバンジョーの響きが軽快です。

歌う人によって、こうも雰囲気が変わるんですね・・・。
いろんなバージョンを聴き比べてみると面白いですよね☆

NoTitle

この曲、父がよく 聴いていたのですよ!
このバージョン、すごくよいです・・・。
心にしみました。

ようこそ♪

うだきちさん、
こんにちは!メッセージありがとうございますv-411

お父様がよく聴いていらしたのですね・・・。
わたしもこれは父から教わった覚えがあります。

PP&Mのも素敵ですが、ブラフォーのもいいでしょう?^^
マイクさんのバンジョーがたまらなく好きなんですv-413v-347

コメントの投稿


No.19 「500マイル」 by ブラザース・フォア
上の記事を読まれたご感想・ご意見をお聞かせくださいね!
初めての方は、まずこちらへお立ち寄り願います^^♪ → 松月の芳名録

らいむ&りーずん(2011.4- )

現在、松月は千葉からゆる~く発信中♪

プロフィール( -2011.3)

松月

Author:松月(しょうげつ)
別名「日立の笛吹き娘」

20代ですが、アメリカン・フォーク・ソングに10年間も熱中しています。

茨城で演奏活動されている読者の方々の影響で、現在はブルーグラスに傾倒?
広場にティンホイッスルを持ちこんで、人と地球にやさしい?音楽を発信中。

ご感想・ご意見の書きこみ歓迎♪もちろん楽器(演奏の話)の持ちこみも歓迎♪各記事の下で、レッツ・セッション♪♪

初めての方は、こちらへどうぞ☆
松月の芳名録

YouTubeに演奏を載せています。
よかったら聴いてみてくださいね♪
The Whistlin' Gal from Hitachi

ごあんない
松月のお気に入りリスト
最近の記事
最近のコメント

コメントありがとうございます!

最近のトラックバック

TB元に直接飛べます!
松月の元記事は「←」で参照できます。

カテゴリ
月別アーカイブ

My Whistles


Dixon DX006D
(Tuneable Aluminium Soprano D)

Dixon DX107A
(Tuneable Aluminium Alto A)

緑のgoo

子どもたちや花々は 僕のきょうだい
笑顔でこころも 晴れわたるよ~
 -「ライムズ・アンド・リーズンズ」

いつもお世話になっております♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。