松月のRhymes&Reasons

アメリカン・フォーク・ソングの言葉と想い そして源流をたずねる旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笛吹き・ハンズ・アラキ氏のライブ in 水戸

先日の勝田セッションで「ワイルドギース」さんからのお誘いを受け、4月30日はハンズ・アラキ氏のライブを見に、水戸のアイリッシュ・パブ「ケルズ」へ行ってきました。

ハンズ・アラキ氏は、アメリカのシアトル出身のアイリッシュ・フルート奏者なのですが、父親は由緒ある尺八奏者・荒木古童(あらき・こどう)氏、母親はアイルランド移民の子孫だそうで、見事に両親の血を受け継いでいらっしゃいます。なんとあの「タイタニック」のダンス・シーンの音楽も指導したという、すんごい方らしい・・・。

彼はアメリカやカナダで活躍されているのですが、毎年のように来日ツアーを行っていて、初日が水戸だったのです。その日はちょうど休みで、そんなわけで水戸行き決定!

<クランベリーのノンアルコールカクテル。松月は今お酒ひかえ中なのだ~>



前日に予約したので、用意されたのは誰かがお手洗へ行くたびに外からの冷たい風が入るような席でしたが、なんとステージが目の前! 実はここが一番の特等席なのでは!?

そこから会場もよく見渡せました。もちろん「ワイルドギース」や「ぽっちーん」のメンバーもいらして、お話しできてうれしかったですし、ほかのお客さんたちも彼らと何らかのつながりがあり、すぐに打ち解けました。わたしにとってライブの醍醐味は、何より共通の趣味を持つ方々と一緒に盛り上げられるところなのです

とりわけ、リールの演奏は<手拍子・足拍子・テーブル叩き・声援・最後は大きな拍手>と、会場大盛り上がりでした。アイリッシュ・パブだからこそです。最高~~~!!

ですが、アメリカ人だからか、純粋なアイリッシュというよりは、演奏にアメリカンなものが感じられました。途中でブルーグラスっぽい歌が歌われたのです。フォークやブルーグラスがお好きで、よく「ワイルドギース」でマンドリンを弾いているというAさんに、“Old Home Place”という歌だと教えていただきました。

その時の演奏がカッコよかったので、ギタリスト&フィドラーのキャスリンさんに
「ブルーグラスお好きですか?」
と英語で聞いてみました。すると、彼女はものすごく興奮した様子で、
「大好き!! この後も何曲かブルーグラスやるつもりよぉん♪」
みたいな内容を、英語で返してくれました。

もちろんその後の演奏も楽しめました。ここでブルーグラス・ナンバーも聴けて、みんなで盛り上げられて、今やブルーグラサーなわたしとしては、本当にうれしかったです!

ハンズさんはフルートやホイッスルだけでなく歌声も素敵でした。また、長浜さんのバウロンを打つ手の動きにもくぎづけでした。いろいろお話もできて感謝でした

向かって左から
長浜武明さん(バウロン)
ハンズ・アラキさん(フルート/ホイッスル/ヴォーカル)
キャスリン・クレアさん(フィドル/ギター/ヴォーカル)



ライブは23時過ぎまで続き、その後セッションに誘っていただきました。この大盛り上がりな中で、アメリカの演奏家とセッションできたら、さぞかし気持ちいいでしょう。

でも、高萩行の終電は待ってはくれないのです~・・・

あわてて会場を出てしまい、ごあいさつもできなかったので、この場を借りて・・・

お会いできてうれしかったです。ありがとうございました

ハンズさんたちは水戸の後、この連休中は盛岡をはじめ東北で演奏し、それから広島、京都、横浜、東京(下北沢・吉祥寺)を回ります。もしこのブログを通してアイリッシュに興味を持った方がいらっしゃいましたら、ぜひぜひ! 歓迎されますよ~

昨年の池袋での演奏、ちょっと聴いてみてくださいな~! か~っこいい~でしょ!?

http://www.youtube.com/watch?v=crVYdT-mq58

↑読んでいただけたら評価をお願いします。↓コメントいただけるとさらに喜びます☆

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

ハンズ・アラキ氏のライブ

ライブは東北どまりでしたか。
素敵な笛、茨城もアイリッシュが盛んなんですね。

私の住んでいるところからそう遠くはない千歳の隣町恵庭市にもコノリーさんというアイルランドの方(奥さんが日本の方)が住んでおられて、小松崎さんのフェスで演奏に加わっています。
お子さん達も楽器演奏やダンスをされます。
http://www.youtube.com/watch?v=gXIKT0vn9Vk
ギターとフィドルは星さんと小松崎操さんです。

コノリーさんは札幌のパブ「ブライアンブルー」やカレーハウス「ジャックインザボックス」でセッションにも参加されていますが、一度も聴きに行けていません。
今度私も潜入レポートをしようかな(笑)

わーお、“Balleydesmond Polka No.2”だ~!^^

てりーさん、

再度のコメントありがとうございます!
茨城と岩手ってアイリッシュ活発なんですよね。うれしいです!!

おー、北海道にもアイリッシュなお方がいらした!?
映像拝見しました。子どもたちもなんて楽しそうなんでしょうv-398

てりーさんもいつかセッションに行けるといいですねー。
潜入レポート、ぜひぜひ書いてくださいませ。楽しみにしてまーすv-264

コメントの投稿


No.180 笛吹き・ハンズ・アラキ氏のライブ in 水戸
上の記事を読まれたご感想・ご意見をお聞かせくださいね!
初めての方は、まずこちらへお立ち寄り願います^^♪ → 松月の芳名録

らいむ&りーずん(2011.4- )

現在、松月は千葉からゆる~く発信中♪

プロフィール( -2011.3)

松月

Author:松月(しょうげつ)
別名「日立の笛吹き娘」

20代ですが、アメリカン・フォーク・ソングに10年間も熱中しています。

茨城で演奏活動されている読者の方々の影響で、現在はブルーグラスに傾倒?
広場にティンホイッスルを持ちこんで、人と地球にやさしい?音楽を発信中。

ご感想・ご意見の書きこみ歓迎♪もちろん楽器(演奏の話)の持ちこみも歓迎♪各記事の下で、レッツ・セッション♪♪

初めての方は、こちらへどうぞ☆
松月の芳名録

YouTubeに演奏を載せています。
よかったら聴いてみてくださいね♪
The Whistlin' Gal from Hitachi

ごあんない
松月のお気に入りリスト
最近の記事
最近のコメント

コメントありがとうございます!

最近のトラックバック

TB元に直接飛べます!
松月の元記事は「←」で参照できます。

カテゴリ
月別アーカイブ

My Whistles


Dixon DX006D
(Tuneable Aluminium Soprano D)

Dixon DX107A
(Tuneable Aluminium Alto A)

緑のgoo

子どもたちや花々は 僕のきょうだい
笑顔でこころも 晴れわたるよ~
 -「ライムズ・アンド・リーズンズ」

いつもお世話になっております♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。