松月のRhymes&Reasons

アメリカン・フォーク・ソングの言葉と想い そして源流をたずねる旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ぽっちーん」のアイリッシュ・セッション!2010年4月17日

前回のレポート → 「ぽっちーん」のアイリッシュ・セッション!2010年3月20日

今回の勝田セッションは「ぽっちゃーん」(「ぽっちーん」のメイン2人)に、去年水戸でお会いした「ワイルドギース」のメンバーが加わり、充実していて楽しかったです

「ワイルドギース」さんとの出会い → 潜入!アイリッシュ・パブ in 水戸

☆今回のメンバー☆

ぽっちゃーん:
fiddlerさん(フィドル)&えみゅさん(ギター/ホイッスル/フィドル)
ワイルドギース:
Mさん(フルート/ホイッスル)、Kさん(コンサーティーナ)、Sさん(バウロン)
その他参加者:
松月(ホイッスル)

☆セッション風景☆


向かって左から、ギター、フィドル、フルート、コンサーティーナ、バウロン。
いろんな楽器とあわせられるって、本当に楽しいですね!



fiddlerさんのレポート → 17日の勝田セッションなど

「ぽっちゃーん」は昼間も水戸でライブしていらしたそうです。
その日の朝は雪でした。寒い中、お疲れさまでした~

☆今回の笛吹き娘☆

今回はコンサーティーナやフルートが一緒ということで、ジグやポルカやワルツなどもたくさん演奏され、いつもより「まったり系」なセッションでした。実際は「ワイルドギース」より、リールばっかりやっている「ぽっちゃーん」のほうがワイルドなのかもしれませんね。この2組の競演は性格がまったく違っておもしろかったです

また、定番曲が多く、いつもより「笛吹き娘」は活躍してました!!

Reels:
The Mountain Road / Drowsy Maggie / St. Anne's
The Silver Spear / The Pigeon on the Gate / The Killavil
Jackie Coleman's / The Concertina / The Sally Gardens

Jigs:
The Blarney Pilgrim / The Connaughtman's Rambles / The Kesh
Morrison's / The Pipe on the Hob / Out on the Ocean

Hornpipes:
The Boys of Bluehill / Harvest Home

Polkas:
Egan's / Dennis Murphy's / John Ryan's

O'Carolan's:
Si Bheag, Si Mhor / Eleanor Plankett


ほかにも吹いた気がする・・・それにしても、1年でずいぶん覚えたもんだなぁー。
参加者それぞれ覚えている曲が違うからこそ、いつでも新しい曲を教えていただけるし、
飽きずにセッションを続けられるんですよね~

最後は「みんなでできる曲がいい!」ということで、お客さんからの提案もあり、
ブルーグラス調の「蛍の光」(Auld Lang Syne)をみんなで演奏して締めました。
とってもいい考えだと思いました。Mさんと笛でハモれて、気持ちよかったです♪

☆お楽しみコーナー☆

今回は「ワイルドギース」をマイルドにしている楽器・コンサーティーナ(concertina)をご紹介します。簡単にいえば「ボタン式のアコーディオン」で、蛇腹で空気を送りながら、両脇についているボタンを押して音を出します。すこしだけ触らせていただきましたが、かわいい形をしていながら、なかなか思うように動かせず、難しい楽器でした。これでリールなんかを自在に弾ける方はすごいと思います。

下の映像は“The Rights of Man”というホーンパイプです。
今回のセッションで教えていただいた曲で、笛で覚えたいと思っています

http://www.youtube.com/watch?v=kcTXY7DgWJE
↑読んでいただけたら評価をお願いします。↓コメントいただけるとさらに喜びます☆

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

コメントの投稿


No.176 「ぽっちーん」のアイリッシュ・セッション!2010年4月17日
上の記事を読まれたご感想・ご意見をお聞かせくださいね!
初めての方は、まずこちらへお立ち寄り願います^^♪ → 松月の芳名録

らいむ&りーずん(2011.4- )

現在、松月は千葉からゆる~く発信中♪

プロフィール( -2011.3)

松月

Author:松月(しょうげつ)
別名「日立の笛吹き娘」

20代ですが、アメリカン・フォーク・ソングに10年間も熱中しています。

茨城で演奏活動されている読者の方々の影響で、現在はブルーグラスに傾倒?
広場にティンホイッスルを持ちこんで、人と地球にやさしい?音楽を発信中。

ご感想・ご意見の書きこみ歓迎♪もちろん楽器(演奏の話)の持ちこみも歓迎♪各記事の下で、レッツ・セッション♪♪

初めての方は、こちらへどうぞ☆
松月の芳名録

YouTubeに演奏を載せています。
よかったら聴いてみてくださいね♪
The Whistlin' Gal from Hitachi

ごあんない
松月のお気に入りリスト
最近の記事
最近のコメント

コメントありがとうございます!

最近のトラックバック

TB元に直接飛べます!
松月の元記事は「←」で参照できます。

カテゴリ
月別アーカイブ

My Whistles


Dixon DX006D
(Tuneable Aluminium Soprano D)

Dixon DX107A
(Tuneable Aluminium Alto A)

緑のgoo

子どもたちや花々は 僕のきょうだい
笑顔でこころも 晴れわたるよ~
 -「ライムズ・アンド・リーズンズ」

いつもお世話になっております♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。