松月のRhymes&Reasons

アメリカン・フォーク・ソングの言葉と想い そして源流をたずねる旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「緑の風のアニー」 by ジョン・デンバー

日立鉱山のシンボル、大島桜

みなさんはこの連休をどのようにお過ごしでしょうか?
今日は「みどりの日」。1日休みがとれたし、天気がよければ、歩きに行きたいですね。

わたしは近くの野山を歩きながら、自然観察をするのが好きなんです。
普段はPCと格闘しているので、体と心の健康維持に効くんですよ♪

わたしは歩きに行く時、必ず持っていく特別なものがあります。
思い浮かんだライムを書きとめるための紙と鉛筆、
それから、ジョン・デンバーの歌。
携帯の音楽プレイヤーに50曲くらい転送して一緒に持っていくんです。

大自然の中で聴くジョンの歌は格別なんです
特に春には、その詩が深く心にしみるんですよね・・・

今日の歌は「緑の風のアニー」(Annie's Song)。ジョン・デンバーが奥さんのアニーさん(アルバム「バック・ホーム・アゲイン」(Back Home Again)のジャケットに一緒に写っている女性です)に捧げた、この上なく美しいラブ・ソングです。

ジョンがアニーさんの故郷ミネソタで散歩していた時にふと思い浮かんでできた歌なのだそうです。愛する人を思う純粋な心があれば、たった6種類の音(ハ調で書けばソ・ラ・シ・ド・レと低いミ。リコーダーですごく吹きやすい^^)でこんなにも美しいメロディが、いたってシンプルな言葉でこんなにも深く優しい詩が書けるのですね

この歌は1974年にアメリカだけでなく、イギリスでも1位に輝きました。アニーさんとは80年代に別れてしまったのですが、ジョンはその後もこの歌を大切に歌い続けました。いつしか世界中の愛する人に捧げる歌になったのですね

今日の映像は1995年の「ワイルドライフ・コンサート」(The Wildlife Concert)からです!個人的にはギター1本による弾き語りが好きなのですが、そよ風と日射しを思わせるようなフルートとストリングスの入っているのも素敵ですね

http://jp.youtube.com/watch?v=HkGS263lGsQ
☆松月のRhymes&Reasons☆

>You fill up my senses
「感覚を満たす」なんて少し性的な香りのする表現ですが、
ジョンにとっては理想の“home”の姿ではないかと思います。
アルバム「バック・ホーム・アゲイン」はまさに「“home”への回帰」を
テーマにしていて、家庭の暖かさの感じられる作品だと思います。

>Like a night in the forest
「森の夜」「春の山々」「雨の中の散歩」・・・
さまざまな風景をイメージしていますが、
すべてが重なり合って、美しい愛の表現になったのでしょうね。

>Let me give my life to you
Let me ~は「~させてください」という意味ですね。
2番はかなり大胆な言葉を連発させていますが、
これは素直な愛の表現なのでしょうね。

これほどシンプルでストレート、
なのに詩的で美しい愛の歌がほかにあるでしょうか。 ↑読んでいただけたら評価をお願いします。↓コメントいただけるとさらに喜びます☆

テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

緑の風のアニー

松月様、

5月4日は「みどりの日」だったのですね・・・。
その名にふさわしい日ですよね♪

ジョン・デンバーの「緑の風のアニー」は21世紀に残る永遠に不滅の名曲ですよねv-238

歌詞はとても短くシンプルなんですが、この歌を歌っている間、時が止まっているようなイメージがあります。

いつまでも変わることない愛、そんな思いが込められているのだと思います。

アメリカでは結婚式での定番ソングでもあったし、アニーさんへの愛から、全人類への愛へと昇華させてずっと歌い続けてきたんだと思います。

この歌は何度聴いてもいいし、何度記事にしても、感動を与えてくれると思います。

先日も大きなショッピング・センターでいろんな懐かしいCDのコーナーがあって永遠の不滅ポップスのアルバムの中に「緑の風のアニー」が収録されていて嬉しかったです。

今どきの若い世代の人たちにもこの「緑の風のアニー」を是非とも聴いてもらいたいなぁv-341v-354

エバーグリーン

マーヤさん、
いつもメッセージありがとうございますv-410

>ジョン・デンバーの「緑の風のアニー」は21世紀に残る永遠に不滅の名曲ですよね
いつまでも変わることない愛、そんな思いが込められているのだと思います。


わたしもそう思います。
こういうのを、まさに「みどり」という言葉を使って
「エバーグリーン」(evergreen)っていうんですよね♪

このブログを緑を基調とした配色にしたのには、2つの意味があります。
ひとつは、環境保護への意思の表現であり、
もうひとつは、「エバーグリーン」の意味をこめているのですv-255v-353

緑ーEvergreen

なるほど・・・。

<ブログを緑を基調とした配色にしたのには、2つの意味があります。
<ひとつは、環境保護への意思の表現であり、
<もうひとつは、「エバーグリーン」の意味をこめているのです。

ブログの色にまで、心憎いほどの思いを込めているのですねv-218

とっても素晴らしいです☆

その思いを生活の隅々まで実践していきたいですよね・・・v-255v-411

NoTitle

はじめまして。
ジョン・デンバーが好きでここにたどり着きました。
緑の風のアニー大好きな歌です。
私も山を駆け巡り(簡単なトレッキング程度)
川を下り(カナディアンカヌーイストです)
高原の森の中でコンサートを開き(フォークギタリストです)
観客は2~3人・・・・

兎に角、自然大好きな中年親父ですがどうぞよろしく
お願いします!

自然のぬくもり

wildernessさん、

ご来訪ありがとうございます。
おおー、お名前からして、ワイルドが好きそうな方ですねーv-263

わたしも先日は森の中の牧場でフォーク・フェスに参加してきました。
ジョン・デンバー・ファンの方と何曲かハモって気持ちよかったですー。
その時、熱心な観客は2~3人でしたが、鳥たちは楽しげに聴いてくれました。
アコースティック音楽には、自然のぬくもりを感じますv-278

コメントの投稿


No.17 「緑の風のアニー」 by ジョン・デンバー
上の記事を読まれたご感想・ご意見をお聞かせくださいね!
初めての方は、まずこちらへお立ち寄り願います^^♪ → 松月の芳名録

らいむ&りーずん(2011.4- )

現在、松月は千葉からゆる~く発信中♪

プロフィール( -2011.3)

松月

Author:松月(しょうげつ)
別名「日立の笛吹き娘」

20代ですが、アメリカン・フォーク・ソングに10年間も熱中しています。

茨城で演奏活動されている読者の方々の影響で、現在はブルーグラスに傾倒?
広場にティンホイッスルを持ちこんで、人と地球にやさしい?音楽を発信中。

ご感想・ご意見の書きこみ歓迎♪もちろん楽器(演奏の話)の持ちこみも歓迎♪各記事の下で、レッツ・セッション♪♪

初めての方は、こちらへどうぞ☆
松月の芳名録

YouTubeに演奏を載せています。
よかったら聴いてみてくださいね♪
The Whistlin' Gal from Hitachi

ごあんない
松月のお気に入りリスト
最近の記事
最近のコメント

コメントありがとうございます!

最近のトラックバック

TB元に直接飛べます!
松月の元記事は「←」で参照できます。

カテゴリ
月別アーカイブ

My Whistles


Dixon DX006D
(Tuneable Aluminium Soprano D)

Dixon DX107A
(Tuneable Aluminium Alto A)

緑のgoo

子どもたちや花々は 僕のきょうだい
笑顔でこころも 晴れわたるよ~
 -「ライムズ・アンド・リーズンズ」

いつもお世話になっております♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。