松月のRhymes&Reasons

アメリカン・フォーク・ソングの言葉と想い そして源流をたずねる旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョン・デンバーのトリビュート・ライブ!2010年2月20日 Part 3

これまでのお話
ジョン・デンバーのトリビュート・ライブ!2010年2月20日 Part 1 / Part 2

詳しい解説はマーヤさんにお願いしまして、わたしは簡単に書きたいと思います。

<Stage 1>

1. 「さらばアンドロメダ」(Farewell Andromeda)
2. 「悲しみのジェット・プレーン」(Leaving on a Jet Plane)
3. 「フォー・ベイビー(フォー・ボビー)」(For Baby (For Bobbie))
4. 「ライムズ・アンド・リーズンズ」(Rhymes and Reasons)
5. 「さすらいのカウボーイ」(I'd Rather Be a Cowboy)
6. 「バック・ホーム・アゲイン」(Back Home Again)
7. 「マシュー」(Matthew)
8. 「フォロー・ミー」(Follow Me)
   ~「グッドバイ・アゲイン」(Goodbye Again)
9. 「スイート・サレンダー」(Sweet Surrender)
10. 「大空に歌い水面に踊る」(Singing Skies and Dancing Waters)
11. 「テレビを壊せ」(Blow Up Your TV)


出だしは「さらばアンドロメダ」でした。「僕の歌う歌はすべてこの素敵な1日へ迎えてくれたことへの感謝の歌なんだ」という部分が、「みんなに支えられながら活動を続けられて幸せだよ」と言っているような喜びにあふれていました。わたしのほうこそ、みなさんの作ってくださった素晴らしい1日に迎え入れていただけて感謝ですよ!

初期のモダン・フォークな作品「悲しみのジェット・プレーン」「フォー・ベイビー」はPP&Mに歌われた歌でもあり、ここではマリー・トラバースさんへのトリビュートとして歌われました。「ライムズ・アンド・リーズンズ」もそうでしょうね。ギターと歌声のからみが絶妙でした。レモンさんの熱心に曲目を書きとめる姿も印象的でした。

スペシャル・ゲスト・・・というより「9人目のパイナップラー」と言うべきでしょう、最近はもうタケルさんのライブには欠かせない存在となった須賀さんのコーナーですが、今回はお得意の「マシュー」「フォロー・ミー」に加えて「グッドバイ・アゲイン」を歌ってくださいました。このメドレーは以前からすごーく聴きたかったので、うれしかったですね。声がよくのびて、ギルドもよく響いていてかっこよかったです

でも、相棒の櫻井さんが欠席だったのは、ちょっと残念、、、かも!?
(マンドリンとバンジョーも聴きたかった・・・松月は今ブルーグラスに夢中なのだー)

「スイート・サレンダー」も、わたしが初めて参加した時、アンケートの「聴きたい曲」に挙げた曲でした。「時の流れに身を任せて、信じるままに生きようぜ!」という前向きな気持ちになれるいい歌なんですよねー^^明るい曲調はAキーの効果でしょう♪

次の「大空に歌い水面に踊る」は、ファンのみなさんから「聴きたい曲」へのリクエストが多かったそうで、今回初めて演奏された曲でした。70年代後期の作品。どこか演歌っぽく聴こえる(?)しっとりした歌で、しみじみ聴き入りました・・・

前半は全部知ってる曲でした! (S&G以外で)こんなことって初めてかも!?♪

Part 4へすすむ
↑読んでいただけたら評価をお願いします。↓コメントいただけるとさらに喜びます☆

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

コメントの投稿


No.160 ジョン・デンバーのトリビュート・ライブ!2010年2月20日 Part 3
上の記事を読まれたご感想・ご意見をお聞かせくださいね!
初めての方は、まずこちらへお立ち寄り願います^^♪ → 松月の芳名録

らいむ&りーずん(2011.4- )

現在、松月は千葉からゆる~く発信中♪

プロフィール( -2011.3)

松月

Author:松月(しょうげつ)
別名「日立の笛吹き娘」

20代ですが、アメリカン・フォーク・ソングに10年間も熱中しています。

茨城で演奏活動されている読者の方々の影響で、現在はブルーグラスに傾倒?
広場にティンホイッスルを持ちこんで、人と地球にやさしい?音楽を発信中。

ご感想・ご意見の書きこみ歓迎♪もちろん楽器(演奏の話)の持ちこみも歓迎♪各記事の下で、レッツ・セッション♪♪

初めての方は、こちらへどうぞ☆
松月の芳名録

YouTubeに演奏を載せています。
よかったら聴いてみてくださいね♪
The Whistlin' Gal from Hitachi

ごあんない
松月のお気に入りリスト
最近の記事
最近のコメント

コメントありがとうございます!

最近のトラックバック

TB元に直接飛べます!
松月の元記事は「←」で参照できます。

カテゴリ
月別アーカイブ

My Whistles


Dixon DX006D
(Tuneable Aluminium Soprano D)

Dixon DX107A
(Tuneable Aluminium Alto A)

緑のgoo

子どもたちや花々は 僕のきょうだい
笑顔でこころも 晴れわたるよ~
 -「ライムズ・アンド・リーズンズ」

いつもお世話になっております♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。