松月のRhymes&Reasons

アメリカン・フォーク・ソングの言葉と想い そして源流をたずねる旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョン・デンバーのトリビュート・ライブ!2010年2月20日 Part 2

これまでのお話
ジョン・デンバーのトリビュート・ライブ!2010年2月20日 Part 1

この日は本当にいいお天気で、散策したい気分でした。よーし、会場まで歩って行くべ!

わたしはホイッスルよりも道に迷うのが得意なもので(笑)、気づくと「中野区」にいてあせりましたが、どーにか会場のある靖国通りへたどりつきました。

しばらく進むと、大勢の人が「チケット譲ってください」と書いた紙を掲げていました。そこは「東京厚生年金会館」。ここにあったんだぁー。そういえば、来月ジャクソン・ブラウンがここで「洋楽最後のコンサート」をするんだっけなぁー。そんなことを考えながら、ようやく会場の「バックインタウン」へやって来たのでした。

扉には“Open”の札がカンヌキのようにガッチリとかかっていました^^;須賀さんが顔を出して「もうちょっと待っててね!」とおっしゃったので、ただ待つよりも勝手ながら

ホイッスルと足拍子という、純アコースティックでとってもECOなライブを決行!

☆ひたちの笛吹き娘 in 新宿☆

Reels: The Silver Spear / Miss Monaghan / St. Anne's
Jigs: The Blarney Pilgrim / Out on the Ocean / The Kesh
Polkas: The Kerry / John Ryan's / Dennis Murphy's     などなど


アイリッシュより、ジョン・デンバー・メドレーのほうがよかったかなぁ!?
それでも、小さな男の子が熱心に聴いてくれました・・・ありがとう!

そうしているうちに扉が開かれ、中へと招かれました。たくさんのミュージシャンの写真が階段の壁一面に飾ってあって驚きました。中にはPP&Mのポールさんやブラザース・フォアの最近のメンバーもいるし・・・モダン・フォーク好きにはたまりませんなあ!

お食事は、バンドのパーカッションでフードコーディネーターの根岸さんたちがこの日のために考えてくださった、その名も「パイナップルシスターズ」! まさに円熟したパイナップラーズの演奏のような、パイナップルと野菜の絶妙なハーモニー♪ 特にパイナップルと野菜を練りこんだケーキがおいしかったです。あ、わたしったらすっかりおしゃべりに夢中になって、写真を撮り忘れてしまいました・・・おーまいがー!

おしゃべりの相手は、以前からタケルさんの掲示板でお見かけしていたえつこさんとそのお友達でした。えつこさんは70年代からの熱心なファンで、埼玉からお友達を誘っていらしたそうです。あ、席がもうひとつありますね。どなたがいらっしゃるのでしょう!?

そこへやって来たのは男性。茨城のブルーグラサーのおじさんのようなやさしい人柄で、すぐに打ち解けました・・・そう、当ブログの常連・レモンさんです!!

うれしかったなぁ・・・実はマーヤさんが、レモンさんとわたしが一緒の席になるようにお願いしてくださっていたそうなのです・・・非常感謝!

マーヤさんもMM28さんもお元気そうでした。Georgeさんがいないのはさびしいですが。
しばらくおしゃべりをしたら、いよいよ開演ですよ~!
Part 3へすすむ
↑読んでいただけたら評価をお願いします。↓コメントいただけるとさらに喜びます☆

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

NoTitle

ライブでは楽しい時間をご一緒出来て嬉しかったです。
昔ならペンパル(今は死語かな)と会うようなドキドキ感を持ってはじめてお会いする松月さんの横に座りました。
会話が進まないのは僕の性格ですのでどうぞお許し下さい。
松月さんにおじさんと呼ばれるような年齢ですが困ったものです。
ジョージさんがいらっしゃれば本当に良かったのにと思います。

田中タケルさんのライブを楽しませて頂きそして松月さんのティンホイッスルの音色に心躍らせ僕はブログ仲間の皆さんとお会いすることも出来て最高の夜でした。



NoTitle

松月さんのホイッスルや、レモンさんのギター、聞きたかったです。僕はバンドの練習があるため行けませんでした。明日、コンテスト本番なのです。
 素敵なコンサートでしたね。マーヤさんのブログで拝見させていただきました。バックの皆さんの演奏もコンサートごとに原曲に近づいているような気がします。会場の音はどうでしたか。タクトに比べてどうだったんでしょう。
 一度、みんなでセッションしてみたいですね。
 厚生年金会館といえば、ジョンもそこでコンサートを行ったのですよ。僕は50ccのスクーターで、しかも2日がかりで見に行きました。ずっと昔のことですけど。でも今回の会場は会館の近くなのですか。うーん、ますます残念な気持ちが増しますね。
 次回、ぜひお会いしましょう。

NoTitle

松月 さんのホイッスルがとても素敵だそうですね。
今度、一度聴いてみたいものです。

みんなでセッション♪

レモンさん、

わたしもドキドキしてしまいましたよ・・・v-345
でも「茨城のブルーグラサーのおじさんみたい」でした!
「とても親しみやすかった」という前向きな意味にとらえてくださいね!

お会いできて、本当にうれしかったです。ありがとうございました。
次の機会には「ガーデン・ソング」か何かを一緒に演奏しましょうね♪

Georgeさん、

メッセージありがとうございます。
そうでしたかー、コンテスト、うまくいきますように!
ジョンも厚生年金会館でコンサートをして、見に行かれたんですかーv-411

会場の音は素晴らしく、あそこで演奏できたら気持ちいいだろうと思います。
パイナップラーズのライブにもJAMタイムがあったらいいのになぁー。

ミキタカ08さん、

メッセージありがとうございます。
サイドメニューの真ん中あたりにホイッスルの紹介記事をリンクしました。
演奏も聴けますので、雰囲気だけでもお楽しみくださいませv-341

NoTitle

「ホイッスルと足拍子という、純アコースティックでとってもECOなライブを決行」とは、会場前でやられたのですか?・・・であるとするならば素晴らしいことですよ!! 

会場(ライブハウスも)でのコンサートは基本的にPAが入り音が故意に作られてしまいます。音が自然の空間で混ざり合い響きあう、そんな音の世界を見つめて欲しいと願う一人です。

ライブをやられていらっしゃるのでしたら是非ECOを続けてください。
できれば野外で活動して欲しいと願うのです。沢山の人に近くで触れてもらえれば輪が広がります。
そして歌詞は日本語にして唄って伝えて欲しいと願うのです。
カントリーにはカントリー・ダンスがあるようにアイリッシュにもアイリッシュ・ダンスがあります。

ちょっと生意気な言い方ですね。気にさわったら言ってください。

私のもっとうはアコースティックなので、そんなこだわりもあり、練習も兼ねて公園ライブを続ける訳なのです。そこで即席「○○合唱団」を作って楽しんでいるのです。

日立の草原でそんな輪も広がるといいなと、「ホイッスルと足拍子という、純アコースティックでとってもECOなライブを決行」をよみ感じてしまいました。

ブログに松月さんの「ホイッスルの音」をアップして聴かせて頂きたいと願っています。
また、立ち寄らせて頂きます。

とってもECO♪

タウン・ワンダーさん、

再度のご来訪ありがとうございます。そうです、会場の扉の前でやりました。
周りを楽しませるというよりは、自分が楽しみたいだけでですけど(笑)

わたしの活動はいつでもECOで、たいていは野外で練習を兼ねてやっております。
「ひたちの笛吹き娘」カテゴリに書いていますので、よかったら読んでくださいねv-392

日本語の歌詞については、ジョン・デンバーの「ライムズ・アンド・リーズンズ」、
「ロッキー・マウンテン・ハイ」、「フォー・ベイビー」、「ガーデン・ソング」に
オリジナルの訳詞を書いて歌っています。各記事をご覧になってみてくださいv-266

タウン・ワンダーさんの「もっとう」には共感を覚えます。
わたし自身も言ってみれば“Hitachi City Rambler”なので(笑)

松月のホイッスルは、ちょうど右にある“My Whistle”の解説から聴けますよ~♪

素敵なライブでしたほ会い

素敵なライブでしたねv-238

松月さんとレモンさんとの夢のご対面実現しましたし、私としましてはブロガー冥利につきます。

会場には早めに到着されていたのですね。私も早く行くつもりでしたが、メンバーの皆さんにメッセージカードを書いていたら、結局遅れて到着してしまいました。この最初のシーンの見逃しがちょっと残念です。

でも、駅から近くてわかりやすい場所でしたし、この『バックインタウン』の音響設備もとても素晴らしくて本当に良かったし、料理も美味しかったし、感無量でしたv-221

次のレポも楽しみにしていますねv-266

NoTitle

こんばんは、ご無沙汰してます。
私も道に迷うのが得意ですね、特に初めての場所は^^;
パイナップルと野菜のケーキですかー、おいしそうですね。
↑のYoutubeの演奏、聴きました。ホイッスルの音色、きれいですね♪
ついにYoutubeデビューですね?!

パイナップルうまかっぺ♪

マーヤさん、

先日はまたお世話になり、ありがとうございました!
マーヤさんとレモンさんの夢のご対面も実現してよかったです。
タケルさん含め4人で写真を撮ってもらえて、いい思い出ができましたねv-238

メンバーの皆さんへのメッセージ・カードですかー。尊敬します☆
「最初のシーン」って、松月のECOライブのことですか?(笑)
上に挙げた3つのダンス・チューンのセットは、会場内でも吹きましたよ。
やっぱり、ジョン・デンバー・メドレーのほうがよかったかなぁ!?

記事とコメントが遅れていてすみません。気長におつきあいくださいませv-410

sayaさん、

しばらくです。こちらこそごぶさたしてます。
読んでくださってありがとうございます!

これまでは500KB以下のmp3に直していたので、音が劣化していました。
もっと早くビデオの作り方を覚えて、YouTubeデビューすべきでした。
風景写真がたくさんとってあるので、また新作を企画しようと思いますv-485

コメントの投稿


No.159 ジョン・デンバーのトリビュート・ライブ!2010年2月20日 Part 2
上の記事を読まれたご感想・ご意見をお聞かせくださいね!
初めての方は、まずこちらへお立ち寄り願います^^♪ → 松月の芳名録

らいむ&りーずん(2011.4- )

現在、松月は千葉からゆる~く発信中♪

プロフィール( -2011.3)

松月

Author:松月(しょうげつ)
別名「日立の笛吹き娘」

20代ですが、アメリカン・フォーク・ソングに10年間も熱中しています。

茨城で演奏活動されている読者の方々の影響で、現在はブルーグラスに傾倒?
広場にティンホイッスルを持ちこんで、人と地球にやさしい?音楽を発信中。

ご感想・ご意見の書きこみ歓迎♪もちろん楽器(演奏の話)の持ちこみも歓迎♪各記事の下で、レッツ・セッション♪♪

初めての方は、こちらへどうぞ☆
松月の芳名録

YouTubeに演奏を載せています。
よかったら聴いてみてくださいね♪
The Whistlin' Gal from Hitachi

ごあんない
松月のお気に入りリスト
最近の記事
最近のコメント

コメントありがとうございます!

最近のトラックバック

TB元に直接飛べます!
松月の元記事は「←」で参照できます。

カテゴリ
月別アーカイブ

My Whistles


Dixon DX006D
(Tuneable Aluminium Soprano D)

Dixon DX107A
(Tuneable Aluminium Alto A)

緑のgoo

子どもたちや花々は 僕のきょうだい
笑顔でこころも 晴れわたるよ~
 -「ライムズ・アンド・リーズンズ」

いつもお世話になっております♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。