松月のRhymes&Reasons

アメリカン・フォーク・ソングの言葉と想い そして源流をたずねる旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「思い出のキャロライナ」 by ジェイムス・テイラー

前項で「3月にディランが来るぞ」というお話をしましたが、4月にはキャロル・キングとジェイムス・テイラーが一緒に武道館でコンサートをするそうですね。「君の友だち」の記事でお話ししたように、彼らは互いに支えあってきた本当の友だちですから、このジョイントは感動的ですね。それに、彼らはわたしが2番目に夢中になったシンガー・ソングライターで思い入れがあるのです。どんなライブになるのか楽しみですね

今日はしばらくぶりにジェイムス・テイラーの歌を取り上げてみたいと思います。JTといえばギター・ワークが巧みで、難しいコードや独特なコード進行が多いのですが、この曲はわりとシンプルで聴きやすかったです。「思い出のキャロライナ」(Carolina in My Mind)という、1968年の1stアルバムに収録された作品です。

1stアルバムはあのビートルズが設立したアップル・レコード(Apple Records)から出ており、ポール・マッカートニーやジョージ・ハリスンもバックで参加していたそうです。この歌もアップルでレコーディングをするために、ロンドンに渡っていた時に書かれました。彼は自分が育ったノース・カロライナを恋しく思って、この歌を書いたといいます

このアルバムは十分なプロモートがされず、あまり売れなかったのですが、この歌は彼にとって重要なレパートリーであり、1976年の「グレイテスト・ヒッツ」(Gratest Hits)にリメイク・バージョンが収録されています。わたしはこちらのアルバムを聴いて覚えたのですが、オリジナルのも聴いてみたいのよねー。

さて、今回の映像は司会者の発音がなんとなくイギリスっぽいと思ったのですが、なんと「エディンバラ城」! スコットランドなんですねー。この時もキャロライナを懐かしく思いながら歌っていたのかなぁー。歌詞のメッセージがとにかく心に響きます

http://www.youtube.com/watch?v=B3pTT-orGG4


もうひとつ、アリソン・クラウス(Alison Krauss, 1971- )によるカバー・バージョンもご紹介します。レモンさんやtakabohさん、地元ブルーグラス・バンド「The! Winds」のuchanさんもお好きな方ですよね。わたしもブルーグラスを掘り始めて以来お気に入りのシンガーなんです。フィドルもかっこいいですね!

http://www.youtube.com/watch?v=83w8SkdJtPM
↑読んでいただけたら評価をお願いします。↓コメントいただけるとさらに喜びます☆

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

NoTitle

この曲は知らないんですけど覚えて見たい曲ですね。
ジェームステイラーと紹介されてお客が「わー」とすぐ盛り上がるのはうらやましいな。(笑)

アリソンクラウズはいつからこの色っぽい路線になったのか分かりませんけど
女性としての武器を最大限に利用していますね。
僕がみた彼女の映像にはまだ垢抜けない頃のもありましたがすでにひきつける魅力はありました。
やはり見かけは大事なんですね。(笑)

それから彼女の横で弾いているスライドギターはドブロギターだと思うんですけど普通ブルースでギターのように抱えて弾くものですが、こうして横にすると例のダルシマーみたいですね。

NoTitle

ビートルズから洋楽聞き出したのでアップルのアーティストには興味ありましたが
小学生の私にはメリーホプキンとバッドフィンガーがやっと、テイラーさんは名前だ
けでした。
ところがその後プロデューサーのP・アッシャーと伴にリストラされてワーナーに移
籍してブレイク。この想い出のキャロライナ入ったアルバムも再発され、私もやっと
聞きました。
ポールも1曲だけベースで参加。ポールもジェイムスも現在また時を経て同じレー
ベル所属ですね。
蛇足ながらテイラーさんの兄弟もなかなか良質のアルバム出してます。

やっぱり良かです!

松月さん、こんばんは♪

松月さんが、ポール・サイモンの次に夢中になったのがJTとするなら、私の場合ジム・クロウチの次がニール・ヤングorJTなんですね。
ニール・ヤングがストローク・プレイなら、JTはフィンガー・ピッキングで、このピッキングは私の永遠の<憧れ>なんです。

アリソン・クラウスは初めて聴きましたが、しっとりとしていいですね。

私の嫁さん同様、JTとキャロル・キングのコンサートを一度でいいので見たいのですが、もちろん田舎の福岡市には来ません・・・。

NoTitle

この「思い出のキャロライナ」はジョン・デンバーのカバーで覚えたのでどちらかというと、ジェームズ・テーラーの曲というよりは、ジョンの歌というイメージがあります。

JTバージョンはゆっくりだし、ジョン・デンバー・バージョンはアップテンポなんて、カラオケで歌おうとすると、ゆっくり過ぎて歌いにくかったです(笑)JTバージョンをゆっくりと聴かないとダメですね・・・。

ジョン・デンバー・バージョンとジェームス・テーラー・バージョンの記事をだいぶ前に書いているので、見ていただけると嬉しいですねv-237

メッセージありがとうございます!

お返事すっかり遅くなって申し訳ありませんでした。
みなさん、メッセージありがとうございます!

レモンさん、

気に入ってくださってうれしいです。ぜひ覚えてくださいませ☆

アリソン・クラウス、本当に魅力的ですよねー。わたしなんて
見かけも性格も趣味も女っぽくないので、努力しなくちゃね(笑)

ドブロ・ギターも里美フェスで見て、奏者の方とジョイントもしました。
こんなふうに横にして弾くのもアリなんですね!!v-218

oyaji910さん、

名前だけでもアップル時代のJTをご存じだったというのが、さすがですね。
「ファイアー・アンド・レイン」がヒットするまでは大変だったんですよね。

ポール・マッカートニーも現在ワーナー所属だったのですね!v-360
ソロもひっくるめてビートルズにはものすごく疎い松月です(笑)

Toshinosukeさん、

わたしも初めてJTのアルバム「スウィート・ベイビー・ジェイムス」を聴いた時
聴き惚れてしまったのが、「フィンガー・ピッキング」のうまさでした。
アコースティック・ギター奏者なら誰しも憧れるでしょうね。

アリソン・クラウスも、よかっぺ?(笑)v-411

福岡ですかー。遠いですよね。「水戸より北」からも気軽には行けません・・・。

マーヤさん、

記事を読みました。JTの1stアルバムのも、ジョン・デンバーの2ndアルバムのも
聴いたことがないので、こちらでレビューすることはできませんが、わたしには
アップテンポでこの曲って正直ちょっと違和感覚えますし、歌いにくいですね(笑)

「キャロライナ」はJTにとっては懐かしの州であり、しみじみと歌っていますが、
ジョンにとっては「すぐにでも行きたい憧れの地」だったんでしょうかねーv-278

補足

松月さま
私の文章で誤解招きましたが、ジェイムスはアップル~ワーナー~コロンビア
~Hear Musicと移籍でポールも現在Hear Musicです。
Hear Musicは珈琲のスターバックスが資本出資であのJoniさんも所属、私
は知らなかったのですが発掘音源でJoniさんとの競演アコースティックライヴ
出てるんですね。(これはたしかワーナー)

補足ありがとうございます!

oyaji910さん、

“Hear Music”というレーベルだったのですね。失礼いたしました。
スターバックスが出資したんですかー、知りませんでした。
ジョニ・ミッチェルとのアコースティック・ライブも気になりますねえv-238

最近めちゃくちゃ忙しくて、よく確かめずに投稿していました。反省。v-356

NoTitle

偶に彼女のCDで癒されてますよ~~~♪

アリソン・クラウス

hitatinotonoさん、

本当に癒されますよね~~~♪
実はこの記事、茨城のブルーグラス・ファンのみなさんのために書きました(笑)
飛びついていただいてありがとうございますv-238

4月に来日予定

今朝のラジオで知ったのですが、
キャロル・キングとジエイムズ・テイラーが4月に来日するのです。

私の住む北海道まではこないのですが、
全国公演だそうです。
見たいなあ!!

来日情報

ミキタカ08さん、

本文にも書いてますし、
サイドメニューの下にも昨年末から書いてますよー。

あれ、全国公演ですか?(武道館だけだと思ってた。)
それと、ミキタカさんって北海道の方でしたかー。

コメントの投稿


No.156 「思い出のキャロライナ」 by ジェイムス・テイラー
上の記事を読まれたご感想・ご意見をお聞かせくださいね!
初めての方は、まずこちらへお立ち寄り願います^^♪ → 松月の芳名録

らいむ&りーずん(2011.4- )

現在、松月は千葉からゆる~く発信中♪

プロフィール( -2011.3)

松月

Author:松月(しょうげつ)
別名「日立の笛吹き娘」

20代ですが、アメリカン・フォーク・ソングに10年間も熱中しています。

茨城で演奏活動されている読者の方々の影響で、現在はブルーグラスに傾倒?
広場にティンホイッスルを持ちこんで、人と地球にやさしい?音楽を発信中。

ご感想・ご意見の書きこみ歓迎♪もちろん楽器(演奏の話)の持ちこみも歓迎♪各記事の下で、レッツ・セッション♪♪

初めての方は、こちらへどうぞ☆
松月の芳名録

YouTubeに演奏を載せています。
よかったら聴いてみてくださいね♪
The Whistlin' Gal from Hitachi

ごあんない
松月のお気に入りリスト
最近の記事
最近のコメント

コメントありがとうございます!

最近のトラックバック

TB元に直接飛べます!
松月の元記事は「←」で参照できます。

カテゴリ
月別アーカイブ

My Whistles


Dixon DX006D
(Tuneable Aluminium Soprano D)

Dixon DX107A
(Tuneable Aluminium Alto A)

緑のgoo

子どもたちや花々は 僕のきょうだい
笑顔でこころも 晴れわたるよ~
 -「ライムズ・アンド・リーズンズ」

いつもお世話になっております♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。