松月のRhymes&Reasons

アメリカン・フォーク・ソングの言葉と想い そして源流をたずねる旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潜入!アイリッシュ・パブ in 水戸

最近はローカルな話題が続き、全国の読者の方々は退屈されているかもしれませんね。
というわけで、今日は、、、いえ、今日も、水戸のお話でございます^^;

水戸市役所のそばに「ケルズ」というアイリッシュ・パブがありまして、そこで毎月最終木曜日に「ワイルドギース」という地元のアイリッシュ・バンドが演奏しているのです。
No.102を書いた時から行きたかったライブに、ようやく行くことができました。

アイリッシュパブケルズ
わたしは今回ライブがきっかけで潜入しましたが、いつでも気軽に入れるお店ですよ



「ワイルドギース」さんの楽器編成はこんな感じでした。

☆フィドル
☆コンサーティーナ
☆アイリッシュ・フルート
☆キーボード
☆バウロン


コンサーティーナ(concertina)はボタン式のアコーディオンのような楽器。おもしろい形ですね。ギターの代わりにキーボードの伴奏もいいですね。ちなみにフルートの方は松月と同じ日立市在住(さらに町も結構近く)だとわかり、親しみがわいてしまいました。新鮮な楽器編成で、ちょっと高級な感じの演奏でした。松月のそばで一緒に聴いていた、昔バイオリンをやっていたというご婦人も大感激していらっしゃいました。

バウロンについてはNo.102で少し触れましたが、右手のスティックで打つだけではなく、左手で裏から皮を押さえて音の高さを変えているのですね。奥の深い打楽器です!



そのバウロンとキーボードをやっていらした方が、休憩中に話しかけてくださいました。
「楽しんでいただいて、ありがとうございます。アイリッシュお好きなんですか?」
わたしは勝田で「ぽっちーん」さんの演奏に交ぜていただいていることを話しました。
「そうでしたかー、ならぜひ私たちにも交ざっちゃってください!」
「いいんですかー!? ありがとうございまーす!(心の声:おおー、すげー!)」

そんなわけで、覚えたリールやホーンパイプなど何曲か参加させていただきました。
今では、ただ聴くよりも、演奏に参加できる方がずっと楽しいし、うれしいです。
ホイッスルは常に持ち歩っています。どこで素敵な出会いがあるかわかりませんからね。
特にここでは演奏しても怒られませんし、むしろ歓迎されるのですから、幸せです

その日は11月の第4木曜日、アメリカでは「サンクス・ギビング・デー」でしたが、
この夜、水戸で素敵な機会を与えられたことに、わたしは感謝したいです

日立駅前のイルミネーション

☆お楽しみコーナー☆

なかなか行けませんけど、東京都内のセッションにも行ってみたいですね・・・。

今日の映像は、浅草のカフェでのセッション風景だそうです。
確かにメチャクチャかも・・・興味のない人にはやかましい!?(←失礼)
でも、やっている側はまったくお構いなし! ですよね!(笑)

スプーンで拍子をとるもよし、テーブルをたたくもよし、奇声を発するもよし!
音楽に少しでも参加できると、本当に楽しいですよ。みなさんもいかがですか?

演奏しているのは「ジョン・ライアンズ・ポルカ」(John Ryan's Polka)。
「タイタニック」の3等客室のパーティで演奏されていた軽快な曲です

http://www.youtube.com/watch?v=RT6HDwxGf0M
↑読んでいただけたら評価をお願いします。↓コメントいただけるとさらに喜びます☆

テーマ:音楽を楽しもう! - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

「ジョン・ライアンズ・ポルカ」

ミキタカ08さんより、メールでメッセージをいただいたのですが、
お返事が送れなかったため、(非公開にすることでもないし)こちらに書きますねv-295

>『タイタニック』の3等船室でアイリッシュ音楽に合わせ老若男女が歌い・踊るシーンを思い出しました。
>ノッてますね。


映像を楽しんでいただき、ありがとうございます。
先日の里美フェスの時に教えていただいて、ようやく曲名がわかりました。
今ではブルーグラサーのおじさんたちと一緒に演奏させていただいています。

イリアン・パイプスもあったら、もっと盛り上がるんでしょうけど、
セッションに持ってくるような人は、ほとんどいないでしょうね。
あー、でも、こんな忘年会だったらいいのになぁーv-306

コメントの投稿


No.144 潜入!アイリッシュ・パブ in 水戸
上の記事を読まれたご感想・ご意見をお聞かせくださいね!
初めての方は、まずこちらへお立ち寄り願います^^♪ → 松月の芳名録

らいむ&りーずん(2011.4- )

現在、松月は千葉からゆる~く発信中♪

プロフィール( -2011.3)

松月

Author:松月(しょうげつ)
別名「日立の笛吹き娘」

20代ですが、アメリカン・フォーク・ソングに10年間も熱中しています。

茨城で演奏活動されている読者の方々の影響で、現在はブルーグラスに傾倒?
広場にティンホイッスルを持ちこんで、人と地球にやさしい?音楽を発信中。

ご感想・ご意見の書きこみ歓迎♪もちろん楽器(演奏の話)の持ちこみも歓迎♪各記事の下で、レッツ・セッション♪♪

初めての方は、こちらへどうぞ☆
松月の芳名録

YouTubeに演奏を載せています。
よかったら聴いてみてくださいね♪
The Whistlin' Gal from Hitachi

ごあんない
松月のお気に入りリスト
最近の記事
最近のコメント

コメントありがとうございます!

最近のトラックバック

TB元に直接飛べます!
松月の元記事は「←」で参照できます。

カテゴリ
月別アーカイブ

My Whistles


Dixon DX006D
(Tuneable Aluminium Soprano D)

Dixon DX107A
(Tuneable Aluminium Alto A)

緑のgoo

子どもたちや花々は 僕のきょうだい
笑顔でこころも 晴れわたるよ~
 -「ライムズ・アンド・リーズンズ」

いつもお世話になっております♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。