松月のRhymes&Reasons

アメリカン・フォーク・ソングの言葉と想い そして源流をたずねる旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里美カントリーミュージックフェスティバルに参加しました! Part 2

これまでのお話
里美カントリーミュージックフェスティバルに参加しました! Part 1

山に囲まれたのどかな里美村の広場に1日響き渡った陽気な音楽を、始めから終わりまで楽しませていただいたわけですが、実はこの「小旅行」は日帰りの旅ではないのです。

フェスは2日間行われるので、遠くから集まったバンドは里美でひと晩キャンプするのです。つまり一緒に晩ごはんを食べて、夜更けまで演奏するのです。「万丈童子」の斉藤さんは「1泊してジャム・セッションに参加しませんか?」と誘ってくださったのでした。

わたしはブルーグラサーじゃないし、本当に仲間に入れてもらえるのか心配で、声をかけられずにいましたが、そんな時やさしく声をかけてくださった方がいました。ひとみさんというこの日の司会を務められたお姉さんでした。カントリー・スタイルがキマっていてカッコよかったので、午前中にちょっと話しかけてみたのですが、ここで親しくなり、この後も一緒に楽しむことができてうれしかったです。彼女はわたしを斉藤さんのところへ連れて行ってくださいました。ひとみさん、本当にありがとうございました!

そしてわたしはメンバーに紹介されたわけなのですが、当ブログへの反響がすごくて驚きました。チャド・ミッチェル・トリオが大好きでLPを何枚も持っていらっしゃる方や、なんとニュー・フロンティアーズと同じ学校の1年先輩だという方とお話しすることができ、それだけでも大収穫でした。「楽器は持ってこられましたか?」と聞かれ、ホイッスルを取り出して吹いてみていると、周りの方々が興味津々で話しかけてくださったのです。

「それは何という楽器ですか?」
「どこの国の楽器ですか?」
「どこで手に入れたんですか?」


その答えはこちらの記事をご覧くださいませ(笑)
ティンホイッスルも、よかっぺ♪

ブルーグラスの源流といわれるアイリッシュには欠かせない笛系ですが、ブルーグラスにはどういうわけか出てこないんですよね。だから、とても珍しかったようなのです。

さて、そうしているうちに食事の準備が整い、晩餐会が始まりました。数名のブルーグラサーと里美村の方々が腕をふるってくださいました。すごく豪華。中でも手作りの鮭の燻製は素晴らしかったです。みんなで一片ずつ分けあっておいしくいただきました



そしてお待ちかね、ジャム・セッションの始まりです。バンドが入り乱れてのステージで大いに盛り上がりました。イーグルスの「テイク・イット・イージー」(Take It Easy)や当ブログの常連・Georgeさんから教わった「ネヴァー・エンディング・ラヴ」(Never Ending Love)なども演奏されてうれしかったです。軽快な曲に対しては、アイリッシュ風に2本のスプーンで拍子をとったりして楽しませていただきました



そんな時です。突然1人の男性から声をかけられました。
「僕はアイリッシュも演奏するんだけど、前へ出て一緒にやらない?」
もうすごくうれしくて・・・そんなわけで、ギターとフィドルとマンドリンの方と一緒に
即席バンド「アイリッシュ」を結成し、前で何曲かやらせていただきました!

♪「セント・アンズ・リール」(St. Anne's Reel)
♪「サリー・ガーデン」(Down by the Salley Gardens)
♪「春の日の花と輝く」(Believe Me, If All Those Endearing Young Charms)


ものすごい拍手と声援をいただきました。ブルーグラスのステージで笛吹きがこんなにウケるとは思っていなかったので、とってもうれしかったです。本当に感謝しています

さて、夜も深まり、参加者たちは寝る準備に入ります。
松月を含む約10名はふれあい館ではなく、近くの旧家へ移動することになりました。
夜道には何もなく真っ暗でしたが、だからこそ輝いて見えた満天の星!

旧家の囲炉裏を囲んで、再び飲み、話し、歌います!
みんなで楽しめれば、広い家の寒さも感じられませんね



ここでも何曲か演奏させていただきました。爽快でした。この部屋でリーダー格だったギターの金森さんをはじめ、伴奏や手拍子をしてくださったみなさん、ありがとう

♪「セント・アンのバラード」(The Ballad of St. Anne's Reel) → No.102
♪「コンドルは飛んで行く」(El Condor Pasa) → No.135
♪「故郷へかえりたい」(Take Me Home, Country Roads) → No.130


セッションは午前2時まで続きました。もう最高です・・・。おやすみなさい・・・。

☆お楽しみコーナー☆

今回は「バンクス・オブ・ジ・オハイオ」(Banks of the Ohio)をご紹介します。
ここではGeorgeさんの参加されているバンド「からっ風」の演奏でお楽しみください☆

http://www.youtube.com/watch?v=rkX9AUVz-5M


Part 3へすすむ
↑読んでいただけたら評価をお願いします。↓コメントいただけるとさらに喜びます☆

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

NoTitle

 鉾田の中根です。(初メールは、届きましたでしょうか?名前かえました。)  里美に、いったんですね。いいですねー、行きたくてもここからは、なかなか、、、。金森さんにも、会ったんですね。美野里の方にも、ブルーグラスフェス、(4、10月)にきてます。  美野里では、 5月のダルシマ&オートハープフェスで、はじめて テインホイッスルをききました。patty annと just over in the glory land のジャムは、とてもステキでした。6月は、ほぼジョンデンバーフェス(フォークフェス)、、、わたしが、ジョン大好きといったら、なんとジョンデンバー三昧の一日になってしまった。今回もJD、S&G好きさんが、演奏してくれそう?21,22日。あと、今バンクス オブ ジ オハイオ ,ギターで習ってるところです。緑の風のアニー、today,3曲めです。  いつか遊びに来てください!  あと私ボージャングルスの方で、写真でてます。(10.3)姉さんと二人、黒の上着来てます。       ゴメンナサイ、自分のことばかりで、、、

NoTitle

僕達の映像を取り上げていただき、ほんとうにありがとうございます。こうやって聞くとまだまだだめですね。ひたすら聞き込みと練習ですね。
 ブルークラスはまだ比較的新しいジャンルの音楽で、かのビル・モンロー、レスター・フラット、アール・スクラッグズ達がステージで初めて披露したときには、まだその名前はついていなかったのです。それを聞いた聴衆が、まるでブルーグラスのような音楽だ、といったところから、「ブルーグラス」という名前がついた、ということを聞いたことがあります。日本に一般的に広く聞かれたのは映画「俺達に明日はない」が公開された時であったと思います。古い映画ですが、その音楽は今観てもとても新鮮に響きます。
 囲炉裏を囲んだお写真、なにか若かりし頃の高石友也とナターシャセブンを彷彿とさせますね。彼らも日本中を旅して歩き、日本の音をセッションを行いながら探していたのだと思います。今はナターシャはたび重なる不幸でどうしているのかわからないのですが。京都の宵宵山コンサートにはまだ出演しているのかな。ブルーグラスを日本にひろげた彼らの功績も大きいと思います。

いばらき万歳!

みのりんさん、

鉾田からのご声援ありがとうございます!
里美へ気軽に行けたのは、県北に住めているからこそですねーv-353

美野里でもブルーグラスフェスやってるんですね。すごーい!
ダルシマー、アイルランド音楽の本に紹介されていました。
やはりアイリッシュとブルーグラスって近いものがあるんですね。

>わたしが、ジョン大好きといったら、なんとジョンデンバー三昧の一日に

うわお、マーヤさんがそれを聞いたら、うらやましがられそうv-413

ボージャングルスにもそのうち行ってみようかと思います。
その時にでも、ギターをお聞かせくださいねv-238

Georgeさん、

「からっ風」のみなさん、心がこもっていてすてきです。
ハーモニーとか、気持ちをあわせるのは難しいことだと思いますが、
それよりも何よりも、楽しんでやれるのがいいのではないでしょうかv-411

詳しい解説をありがとうございます!
カントリーとブルーグラスの違いが正直よくわからないで書いています。
大学の教養の英語のテキストをもう一度読み直してみますね。

囲炉裏セッション、本当に楽しかったです。
旅をしながら日本の音を探すというのもかっこいいですねv-218

NoTitle

大変楽しく映像を見せていただきます。
けんそんされていますが、みなさんお上手ですね。
ギター以外の楽器を弾きこなす中年の方々に
尊敬の念をいだきました。
ぜひとも活動を末永く継続していただきたいですね。

本当にお上手ですよね!

ミキタカ08さん、

映像を楽しんでいただき、ありがとうございます!
(よかったですね、Georgeさん^^)

ブルーグラスもフォークもギターだけではありませんよね。
わたしは特にフィドルかバンジョーが弾けたらかっこいいなと思います。
そしてもし山梨に移り住んだら、ぜひ「からっ風」に入れていただきたいですねv-221

コメントの投稿


No.142 里美カントリーミュージックフェスティバルに参加しました! Part 2
上の記事を読まれたご感想・ご意見をお聞かせくださいね!
初めての方は、まずこちらへお立ち寄り願います^^♪ → 松月の芳名録

らいむ&りーずん(2011.4- )

現在、松月は千葉からゆる~く発信中♪

プロフィール( -2011.3)

松月

Author:松月(しょうげつ)
別名「日立の笛吹き娘」

20代ですが、アメリカン・フォーク・ソングに10年間も熱中しています。

茨城で演奏活動されている読者の方々の影響で、現在はブルーグラスに傾倒?
広場にティンホイッスルを持ちこんで、人と地球にやさしい?音楽を発信中。

ご感想・ご意見の書きこみ歓迎♪もちろん楽器(演奏の話)の持ちこみも歓迎♪各記事の下で、レッツ・セッション♪♪

初めての方は、こちらへどうぞ☆
松月の芳名録

YouTubeに演奏を載せています。
よかったら聴いてみてくださいね♪
The Whistlin' Gal from Hitachi

ごあんない
松月のお気に入りリスト
最近の記事
最近のコメント

コメントありがとうございます!

最近のトラックバック

TB元に直接飛べます!
松月の元記事は「←」で参照できます。

カテゴリ
月別アーカイブ

My Whistles


Dixon DX006D
(Tuneable Aluminium Soprano D)

Dixon DX107A
(Tuneable Aluminium Alto A)

緑のgoo

子どもたちや花々は 僕のきょうだい
笑顔でこころも 晴れわたるよ~
 -「ライムズ・アンド・リーズンズ」

いつもお世話になっております♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。