松月のRhymes&Reasons

アメリカン・フォーク・ソングの言葉と想い そして源流をたずねる旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「サムデイ・ワン・デイ」 by シーカーズ

今日はシーカーズ(The Seekers)をご紹介しましょう。男性3人、女性1人から成る4人組で、ピーター・ポール&マリーをもう少しポップにしたようなグループです。

彼らはオーストラリア出身なのですが、1964年にイギリスへ渡る機会を得ます。そしてイギリスで出逢った2人の人物が、彼らに大きな影響を与えることになります。

1人はプロデューサーのトム・スプリングフィールド(Tom Springfield, 1934- )(ダスティ・スプリングフィールド(Dusty Springfield, 1939-99)のお兄さん)で、彼が提供した歌「恋はたったひとつ」(I'll Never Find Another You)が1965年に全英1位を記録し、ブリティッシュ・インベイジョンの波に乗り、アメリカでもヒットしました。その後も次々にヒット曲を生んだのですが、日本で最もよく知られているのは1967年発表の「ジョージー・ガール」(Georgy Girl)だと思います。

そして、もう1人はポール・サイモン。そう、あのサイモン&ガーファンクルのサイモンさんなのです!以前こちらでもお話ししたように、ポールは1965年当時、イギリスでソロ活動していました。そこで彼らは出逢い、意気投合してしまったのですね・・・。この時ブルース・ウッドリーとポールが共作した「レッド・ラバー・ボール」(Red Rubber Ball)という歌は、翌年サークル(The Cyrkle)という3人組に歌われ、大ヒットしました。

今日ご紹介する「サムデイ・ワン・デイ」(Someday, One Day)はポール・サイモンシーカーズに提供した歌です。1966年に全英11位を記録し、ポールにとっては初めてのイギリスでのヒットとなりました。

明るく前向きな気持ちになれる歌です。お楽しみくださいね
ちなみに、初めにちょっと流れている歌は → 「ザ・ウォーター・イズ・ワイド」

☆メンバー紹介☆

ジュディス・ダーラム(Judith Durham, 1943- )
キース・ポトガー(Keith Potger, 1941- )
ブルース・ウッドリー(Bruce Woodley, 1942- )
アソール・ガイ(Athol Guy, 1940- )

http://www.youtube.com/watch?v=2OTJIKpo6vI
☆松月のRhymes&Reasons☆

>We can share the dreams we plan
思い描く夢を分かち合える仲間がいるのはすばらしいですね。

>I see someone to be proud of
>I see someone that I love

それは誇りに思える人、愛する人なのです。
目の前に見えるのは、強く思っているからでしょう。

>If you believe in what you're doin'
>Then believe in what I say

believe inは「信頼する」、「よいものと信じる」という意味です。

>Sometimes things move very slowly
「時に、物事はとてもゆっくり進む」とは、
「物事がうまく進んでくれない時もある」という意味です。
(「だから、落ち込むことないさ」と言っているのでしょう。)

>And I know that you feel like movin'
>Feel like goin', feel like doin'

feel like ~ingは「~したい気持ちだ」という意味です。
前向きな希望を述べていますね。 ↑読んでいただけたら評価をお願いします。↓コメントいただけるとさらに喜びます☆

テーマ:'50年代から'60年代の音楽 - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

コメントの投稿


No.14 「サムデイ・ワン・デイ」 by シーカーズ
上の記事を読まれたご感想・ご意見をお聞かせくださいね!
初めての方は、まずこちらへお立ち寄り願います^^♪ → 松月の芳名録

らいむ&りーずん(2011.4- )

現在、松月は千葉からゆる~く発信中♪

プロフィール( -2011.3)

松月

Author:松月(しょうげつ)
別名「日立の笛吹き娘」

20代ですが、アメリカン・フォーク・ソングに10年間も熱中しています。

茨城で演奏活動されている読者の方々の影響で、現在はブルーグラスに傾倒?
広場にティンホイッスルを持ちこんで、人と地球にやさしい?音楽を発信中。

ご感想・ご意見の書きこみ歓迎♪もちろん楽器(演奏の話)の持ちこみも歓迎♪各記事の下で、レッツ・セッション♪♪

初めての方は、こちらへどうぞ☆
松月の芳名録

YouTubeに演奏を載せています。
よかったら聴いてみてくださいね♪
The Whistlin' Gal from Hitachi

ごあんない
松月のお気に入りリスト
最近の記事
最近のコメント

コメントありがとうございます!

最近のトラックバック

TB元に直接飛べます!
松月の元記事は「←」で参照できます。

カテゴリ
月別アーカイブ

My Whistles


Dixon DX006D
(Tuneable Aluminium Soprano D)

Dixon DX107A
(Tuneable Aluminium Alto A)

緑のgoo

子どもたちや花々は 僕のきょうだい
笑顔でこころも 晴れわたるよ~
 -「ライムズ・アンド・リーズンズ」

いつもお世話になっております♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。