松月のRhymes&Reasons

アメリカン・フォーク・ソングの言葉と想い そして源流をたずねる旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ターン・ターン・ターン」 by バーズ

今年も残りあと2か月をきりました。時の経つのは早いですね!
今日はバーズの「ターン・ターン・ターン」(Turn! Turn! Turn!)をご紹介します。
同名のアルバムに収録されたこの曲は、1965年の暮れに全米1位を記録していますね。

ターン・ターン・ターンターン・ターン・ターン
(2005/04/06)
ザ・バーズ

商品詳細を見る

初めこのタイトルだけ見た時、ダンス・チューンかと思ったのはわたしだけでしょうか。でも、実際に詩を聴いてみて気づきました。繰り返される"A time of ~"という言葉・・・そう、「まわる」のはこの歌のキーワードとなっている「時」だったのですね。

この詩は本当に詩的というか、哲学的な内容ですよね。実はこれ、旧約聖書の「コヘレトの言葉」または「伝道の書」(The Book of Ecclesiastes)と呼ばれる1節が元になっているのです。1959年、ピート・シーガーがこれに美しい曲をつけて歌にしたのでした

ピートのインタビューを見つけました。出版社から「プロテスト・ソングは売れないから新しい歌を書けないのか」という手紙をうけて怒り、ポケットから取り出した詩に即興で曲をつけた、と言っているようですね。

http://www.youtube.com/watch?v=9WT6-BIav2I


フォークソングと聖書や賛美詩には「神の言葉を伝える」という点で深い関わりがあると思います。わたしは図書館へ旧約聖書を探しに行きました。そして見つけました、この詩の原文は「コヘレトの言葉」の第3章にありました!

こちらでも読めますよ! → 日本語版英語版

天が下のすべての事には季節があり、すべてのわざには時がある。
生るるに時があり、死ぬるに時があり、
植えるに時があり、植えたものを抜くに時があり、

(中略)

神のなされることは皆その時にかなって美しい。神はまた人の心に永遠を思う思いを授けられた。それでもなお、人は神のなされるわざを初めから終りまで見きわめることはできない。
わたしは知っている。人にはその生きながらえている間、楽しく愉快に過ごすよりほかに良い事はない。
またすべての人が食い飲みし、そのすべての労苦によって楽しみを得ることは神の賜物である。


つまり、神はこの世で起こりうるすべてのことに「時」を定め、「永遠」を定められた。わたしたちは神のように「時」を定めることも、未来を見ることもできないし、世の中がこの先どう変わるかわからないけれど、わたしはこう解釈しました。もし神が苦しみにも「時」を定められたのなら、苦しみの中にも美しさがあり、わたしたちはそれを見出すことができるはずだと。どんな時も楽しみを探しながら前向きに生きたいですね

ピート・シーガーはこの詩の最後に2行だけ自分の想いを加えています。

平和の時
それはきっとまだ遅すぎはしない


聖書を読んでから聴くと、このたった2行のメッセージがすごく心に響いてきます。
混乱した世の中に平和を願う想いは、ピートが90歳を迎えた今も変わりません

90年代のバーズの映像です♪

http://www.youtube.com/watch?v=aNopQq5lWqQ


☆関連記事☆
The Winds Are Singing Freedom(風は歌うよ)
8月に取り上げたこの歌の3番からも「コヘレトの言葉」が読みとれますね!
↑読んでいただけたら評価をお願いします。↓コメントいただけるとさらに喜びます☆

テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

NoTitle

松月さんは、実に素晴しいことに気づいたのではないでしょうか。

>わたしはこう解釈しました。もし神が苦しみにも「時」を定められたのなら、苦しみの中にも美しさがあり、わたしたちはそれを見出すことができるはずだと。どんな時も楽しみを探しながら前向きに生きたいですね

全くその通りだと私も思います。

私は、神と人との最も大きな差は何かということを考えたことがあります。
私が出した答えは、「神は全てのことを知っているが、私は自分のことについてのほんの僅かなことしか知らない」ということです。
この差は、私にとって大きな意味を持ってくるのです。
どういうことか、つまり、全てをご存知の神は、私を憎むことがあるだろうか、私に失望するだろうか、私が苦しんだり困ったりしたときに喜ぶだろうか、私が間違いを犯したとき見捨てられるだろうか。
答えはNOです。

私たちはみな神様から愛されているのです。

こんばんは^^

こんばんは♪
私も最初はダンスチューンかと思いました。
でも聖書の言葉を歌にしたものなんですよね。
本当に哲学的な内容です。
動画もいいですね。

God Only Knows

トクベー&キーボーさん、

わたしは聖書に少し興味があって読んでみてはいるのですが、難しくて正直よくわからないでいます。なので、トッキーさんのようなクリスチャンの方がどんな考えを持っていらっしゃるのか気になっていたので、メッセージをいただけてうれしかったですv-344

そうですよね、神はすべてを知っていて、わたしたちを愛してくださっていると思えば、つらい試練をあたえられても、越えていけそうですねv-392

sayaさん、

よかったー、ダンス・チューンな仲間がいらっしゃった!
(実際、アイリッシュ・ダンスではよく回るものですから・・・v-356

sayaさんはこの詩にどんな考えを持っていらっしゃるのかしら。
気になりますけど、やっぱり難しいですよねv-410

コメントの投稿


No.139 「ターン・ターン・ターン」 by バーズ
上の記事を読まれたご感想・ご意見をお聞かせくださいね!
初めての方は、まずこちらへお立ち寄り願います^^♪ → 松月の芳名録

らいむ&りーずん(2011.4- )

現在、松月は千葉からゆる~く発信中♪

プロフィール( -2011.3)

松月

Author:松月(しょうげつ)
別名「日立の笛吹き娘」

20代ですが、アメリカン・フォーク・ソングに10年間も熱中しています。

茨城で演奏活動されている読者の方々の影響で、現在はブルーグラスに傾倒?
広場にティンホイッスルを持ちこんで、人と地球にやさしい?音楽を発信中。

ご感想・ご意見の書きこみ歓迎♪もちろん楽器(演奏の話)の持ちこみも歓迎♪各記事の下で、レッツ・セッション♪♪

初めての方は、こちらへどうぞ☆
松月の芳名録

YouTubeに演奏を載せています。
よかったら聴いてみてくださいね♪
The Whistlin' Gal from Hitachi

ごあんない
松月のお気に入りリスト
最近の記事
最近のコメント

コメントありがとうございます!

最近のトラックバック

TB元に直接飛べます!
松月の元記事は「←」で参照できます。

カテゴリ
月別アーカイブ

My Whistles


Dixon DX006D
(Tuneable Aluminium Soprano D)

Dixon DX107A
(Tuneable Aluminium Alto A)

緑のgoo

子どもたちや花々は 僕のきょうだい
笑顔でこころも 晴れわたるよ~
 -「ライムズ・アンド・リーズンズ」

いつもお世話になっております♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。