松月のRhymes&Reasons

アメリカン・フォーク・ソングの言葉と想い そして源流をたずねる旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「趣味悠々」 de リコーダー♪

きのうの帰り、本屋さんに寄ったらこんなの見つけましたよー!

NHK趣味悠々 ドレミからはじめよう! リコーダーで奏でる懐かしのオールディーズ
(2009/09/25)
日本放送協会

商品詳細を見る

詳細はNHKのサイトをご覧ください。初回放送は10月7日(水)22時からです。
ドレミからはじめよう! リコーダーで奏でる懐かしのオールディーズ

さまざまなジャンルの趣味を初歩から教えてくれるNHKの教養番組「趣味悠々」。これまでにも渡辺香津美さんや石川鷹彦さんによるアコースティック・ギター講座があったりして、ギター弾かないくせに夢中になって見ておりましたが、この10月から8回にわたり、なんと大人のためのアルト・リコーダーの講座があるんですねー

たいていの方は「えー!? リコーダーって子どもの楽器でしょ!?」なんておっしゃるかもしれませんが、18世紀の半ばまではフルートといえばリコーダーだというくらい管弦楽でも重要な楽器だったのです。プロのリコーダー奏者も多く、この講座の講師の吉澤実さんもオーストリアで経験を積まれた素晴らしい笛吹きさんと聞いています

さらに、取り上げる曲目も「懐かしのオールディーズ」ですって! うひょー

「ラブ・ミー・テンダー」
「アメイジング・グレイス」   → No.92
「ドナ・ドナ」
「エデンの東」
「カントリー・ロード」     → No.130
「ラバーズ・コンチェルト」


「スカボロー・フェア」「コンドルは飛んで行く」も入っててほしかったなぁー(笑)

「ラブ・ミー・テンダー」はsayaさんも小学校で演奏された曲でしたよね。音域も1オクターブに収まりますし、基本の指づかいを覚えるにはうってつけですよね。
sayaさんの「ラブ・ミー・テンダー」

また、「カントリー・ロード」の記事で「この曲はペンタトニック(5音階)なんです」というお話をしましたが、「アメイジング・グレイス」もそうなんですよ、トッキーさん。ペンタトニックは覚える音が少ないだけでなく、例えばCキーの笛でFとかGキーの曲を吹いても、注意すべきB♭やF♯の音を使わないので、初心者でも演奏しやすいのです。

わたしはティンホイッスルでのセッションを通して、自ら音楽する楽しさを知りました。
「セッションうらやましいなー、私も音楽してみたいけど、楽器できないし・・・。」
そういう方は、この講座でリコーダーを見直されてはいかがでしょう?

普通に息を入れれば音は出ますので、指づかいさえ覚えてしまえばすぐに楽しめますし、
指を動かすことで、脳も活性化し、腹筋を使うので、メタポ対策にも効果ありですよ。
なにより、心が晴れ渡ります。音楽は楽しんでこそ音楽だと思いますよ~!

こんなふうに演奏できたらかっこいいじゃないですか。
・・・って、やっぱり「スカボロー・フェア」を選ぶのね(笑)

http://www.youtube.com/watch?v=VlsgV0snXIM


テキストにはこんな素敵な言葉も書かれていました。
「“息”とはその字のごとく、自らの心を表すものです。」
わたしも喜びを素直に音に表せるように、これからもがんばりまーす
↑読んでいただけたら評価をお願いします。↓コメントいただけるとさらに喜びます☆

テーマ:音楽を楽しもう! - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

NHKでですか!!

わぉ!!NHKの趣味悠々ですかー。
そこで笛でオールディーズを演奏するなんてーe-349
ラブ・ミー・テンダーというか、オーラリーですね(どっちでもいいじゃん^^;)
ラバーズ・コンチェルトも中2の時笛でやりましたよー。
動画の笛で演奏するスカボロー・フェアも澄んだ音でいいですね。

またまた登場しました。

再び出演させていただき感謝でございます。

>ペンタトニックは覚える音が少ないだけでなく、例えばCキーの笛でFとかGキーの曲を吹いても、注意すべきB♭やF♯の音を使わないので、初心者でも演奏しやすいのです。

確かにその通りです。曲を書いているときも、その道理で、ときどきキーを間違えて途中で書きなおすことがあります。レベルの低さが分かるでしょう。

音を合わすのって本当に楽しいですよね。私も今までにいろんなジャンルのさまざまなフォーマトでセッションン(カッコいい響き)してきましたが、こんなに気持ちがいいことって他にあるだろうか、ていつも感じていました。

私はこう思っているのです。音楽を楽しむのに才能は必要ありません。上達する早さには人それぞれ違いはあります。でも音楽はスポーツとは違い競争ではないのです。楽器を持って音楽を楽しみたいと思ったらそれが、才能であり、神様からの素敵なパーティーへの招待状なのです。

演奏の楽しみ

sayaさん、

sayaさんもNHKの番組がお好きなようですねー、うれしいです。
そうでしたね、原曲は「オーラ・リー」ってタイトルだったんですよね。

「ラバーズ・コンチェルト」も演奏されたんですね。こちらの原曲は
「バッハのメヌエット」ですが、わたしはピアノで習いましたv-341

映像いいですよねー。わたしもこんなふうにGeorgeさんかレモンさんと
ギター&ホイッスルのDUOで演奏できたらなーと思っていますv-269

トクベー&キーボーさん、

わたしの場合は混乱しないようにCキーで先に書いて、移調しています。
右上の「平和の鐘」のメロディもそうやって作っています^^;

セッションって本当にやっていて気持ちいいですよねーv-218

>音楽はスポーツとは違い競争ではないのです。

その通りですよね。競争ではなく、みんなで楽しむというスタイルが好きです。
好きなことをみんなで楽しくできれば、練習の励みにもなりますよねv-344

気になる木 柿の実つけて秋を松   (お粗末)

吹けばなるはずのリコーダーですが、何故かピィーと変な音がする。
知人に聞くと歌と同じで腹式呼吸でのどを開いて吹くのだそうです。
強くも無く、弱くも無く、ちょうどよいのが難しい。
何でも同じなんだ、あの中国には中庸なんて言葉がありましたね。

でもギター弾きながらは出来ないから、これはやはり松月さんにお願いしましょう。

PS それとライブの告知に感謝します。

「松」&「月」のコラボもできたらなぁー^^

レモンさん、

そうなんですってねー。放送を見たら、先生がおっしゃってました。
「ただ息を吹きこむのではなく、体に響かせるのです。」
人間の歌声って、実は最も身近な「楽器」だったんですねーv-264

笛吹きは「演奏しながら歌えない」のがとても残念です(笑)

ライブのご成功をお祈りしますv-354

コメントの投稿


No.132 「趣味悠々」 de リコーダー♪
上の記事を読まれたご感想・ご意見をお聞かせくださいね!
初めての方は、まずこちらへお立ち寄り願います^^♪ → 松月の芳名録

らいむ&りーずん(2011.4- )

現在、松月は千葉からゆる~く発信中♪

プロフィール( -2011.3)

松月

Author:松月(しょうげつ)
別名「日立の笛吹き娘」

20代ですが、アメリカン・フォーク・ソングに10年間も熱中しています。

茨城で演奏活動されている読者の方々の影響で、現在はブルーグラスに傾倒?
広場にティンホイッスルを持ちこんで、人と地球にやさしい?音楽を発信中。

ご感想・ご意見の書きこみ歓迎♪もちろん楽器(演奏の話)の持ちこみも歓迎♪各記事の下で、レッツ・セッション♪♪

初めての方は、こちらへどうぞ☆
松月の芳名録

YouTubeに演奏を載せています。
よかったら聴いてみてくださいね♪
The Whistlin' Gal from Hitachi

ごあんない
松月のお気に入りリスト
最近の記事
最近のコメント

コメントありがとうございます!

最近のトラックバック

TB元に直接飛べます!
松月の元記事は「←」で参照できます。

カテゴリ
月別アーカイブ

My Whistles


Dixon DX006D
(Tuneable Aluminium Soprano D)

Dixon DX107A
(Tuneable Aluminium Alto A)

緑のgoo

子どもたちや花々は 僕のきょうだい
笑顔でこころも 晴れわたるよ~
 -「ライムズ・アンド・リーズンズ」

いつもお世話になっております♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。