松月のRhymes&Reasons

アメリカン・フォーク・ソングの言葉と想い そして源流をたずねる旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の横笛 Part 2

これまでのお話
中国の横笛 Part 1

中国で安く手に入った立派な横笛。しかし音が出せず、哀れにも物干し竿にされていたわけですが、ティンホイッスルを吹くようになって「この横笛もちゃんと吹いてあげなくちゃな」という想いに目覚めたのです。はじめは「てきとー」に練習していたのですが、基本に帰ろうと思い、図書館からフルートの教本を借りてきて、息の入れ方の研究に没頭する夜がしばらく続きました。そしてついに音が出たのです。でも「ぴぃー」という音だけで、街で聴いたような美しい響きは出ませんでした。いったいなぜなんだぁー!?

わたしはひどく落ち込み、せめて上手い方の演奏を聴いて心を慰めようと、Webで探していました。「中国の横笛」で検索していると、こちらのページに行き着きました。
笛子/ちょこっと楽器紹介

この横笛は「笛子」(てきし/ディーズ)というんですね。「唄口と音孔の間にもう1つ穴があり(膜孔)、そこに竹の皮膜でできている(らしい)薄い膜(笛膜)を貼り、共鳴させる。そうすることによって、中国的な独特な音色が出る」んだとか。・・・エッ!?

なんと、Part 1で笛を箱から出した時「なぜか真ん中の穴だけふさいでいた紙のカバー」だと思っていたものは、「笛膜」という中国的な演奏に必要なものだったのです。それをはがしてしまっては、美しい音は出るはずがありません。あー、わたしはアホだぁー

でも、これで原因がわかりました。前向きにいこう。笛膜を貼ればいいんだから。
といっても、日本じゃ手に入らないんだろうなー、売ってても高いんだろうなー、、、

ん、待てよ、薄くて共鳴するものなら別に竹の皮膜じゃなくたっていいのでは?
そこで、わたしはあるものを膜孔に貼りつけ、息を吹き込んでみました。

ぶぅ~~~♪ ・・・おおー、鳴ったー♪

中国で聴いた独特の音が響いた、まさに感動の瞬間でした
松月は台所にあったラップの切れ端を笛膜にしたのです。なんともECOだっぺ?(笑)

しかもこれ、ピンと張ると清楚な横笛の音が、少したるませるとよく響くROCKな感じのワイルドな音が出せちゃうんです。1本で2役楽しめて、なかなか面白いです

それと、松月の笛子には“G”と書かれているのですが、6つの指孔を全部閉じた時は“D”の音が出るようで、D管のティンホイッスルとほとんど同じ運指で吹けるので、とてもやりやすくて助かっています。笛子もこのくらいうまく吹けるようにがんばってみようかな

http://www.youtube.com/watch?v=7O4X4sTBkFA
↑読んでいただけたら評価をお願いします。↓コメントいただけるとさらに喜びます☆

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

NoTitle

いいな。いい音ですね。中国の横笛。
以前台湾で買ったオカリナ、やはり上手くふけませんでした。(涙)
その笛に貼ってあった竹の皮がリードの変わりをしていたとは
苦労されましたね。(笑)




「リード」って、便利だな♪(←クッキングペーパーじゃないですよ。笑)

レモンさん、

ありがとうございます。でも、まだ音がスムーズには出せないので、応援よろしくです。
台湾のオカリナですかー。そういえばオカリナも売ってたけど、高かったなー。

リコーダーも、ホイッスルも、オカリナも簡単に音が出る構造になっているので、
「リード? んなもん知るけ!」って感じでした。管楽器には大事なものなんですね。

これから買われる方は、間違っても笛膜をはがされませんように。
もし知らずにはがしてしまったら、松月を仲間だと思って笑ってやってくださいねv-411

どこですかあ?

松月さん!
 すてき、すてき~。古文化街って どこだろ?シーアン?
 なんにしても・・・聴いたような音です。
ターレンや シーアンで 食事のときに 流れていたのは
この音でしょうか?

 それにしても 竹が やっぱり 違いますねえ・・・

 東博に「中国の竹でつくった」という 法隆寺のなんだったかなあ、
 厨子だか なんだか あったんですが・・・
 「年月が経つほど あめいろになる」と説明されたような
 されないような・・・・

天津です^^

うだきちさん、

メッセージありがとうございます。これを手に入れたのは天津の古文化街です。
うだきちさんはターレンやシーアンでお食事されたことがあるんですね!v-373

そういえばお寺めぐりもご趣味でしたよね。目のつけどころが違いますね。
この竹には塗装がしてあるようで、穴の内側に微妙に茶色がはみ出ています(笑)

中国では緑化のためか、竹や柳やプラタナスが多く植えられていました。
竹って年月を経ると「あめいろ」になるんですね!?興味深いですv-411

コメントの投稿


No.128 中国の横笛 Part 2
上の記事を読まれたご感想・ご意見をお聞かせくださいね!
初めての方は、まずこちらへお立ち寄り願います^^♪ → 松月の芳名録

らいむ&りーずん(2011.4- )

現在、松月は千葉からゆる~く発信中♪

プロフィール( -2011.3)

松月

Author:松月(しょうげつ)
別名「日立の笛吹き娘」

20代ですが、アメリカン・フォーク・ソングに10年間も熱中しています。

茨城で演奏活動されている読者の方々の影響で、現在はブルーグラスに傾倒?
広場にティンホイッスルを持ちこんで、人と地球にやさしい?音楽を発信中。

ご感想・ご意見の書きこみ歓迎♪もちろん楽器(演奏の話)の持ちこみも歓迎♪各記事の下で、レッツ・セッション♪♪

初めての方は、こちらへどうぞ☆
松月の芳名録

YouTubeに演奏を載せています。
よかったら聴いてみてくださいね♪
The Whistlin' Gal from Hitachi

ごあんない
松月のお気に入りリスト
最近の記事
最近のコメント

コメントありがとうございます!

最近のトラックバック

TB元に直接飛べます!
松月の元記事は「←」で参照できます。

カテゴリ
月別アーカイブ

My Whistles


Dixon DX006D
(Tuneable Aluminium Soprano D)

Dixon DX107A
(Tuneable Aluminium Alto A)

緑のgoo

子どもたちや花々は 僕のきょうだい
笑顔でこころも 晴れわたるよ~
 -「ライムズ・アンド・リーズンズ」

いつもお世話になっております♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。