松月のRhymes&Reasons

アメリカン・フォーク・ソングの言葉と想い そして源流をたずねる旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「平和の鐘」~2009年秋~

9月になりましたので、「平和の鐘」を更新しました!
そして、サイド・メニューから気軽に鳴らせるようにしました。
松月のオリジナル・プラグインの完成です!

この鐘は、みなさんに鳴らしていただくことで、地域を越えた心のつながりを感じていただけたらと思い、松月が一から手作りしています。このプログラムを通じて世界中の人々の心がひとつになることを願っています

☆使い方☆

1. リストからお好きなメロディを選択してください。
2. “Play”を押すと再生します。各メロディとも約1分間演奏され、停止します。
3. “Stop”を押すか、ブログのページを切り替えると途中停止できます。
  なお、メロディの途中から再生することはできません。

☆メロディ紹介☆

今季は日本でも親しまれている、秋の郷愁漂う曲をメロディにしました。
9月1日~11月30日の期間限定公開となります。

1. 「旅愁」(Dreaming of Home and Mother)

アメリカン・フォーク・ソングの父フォスターと同時期に活動したジョン・P・オードウェイ(John P. Ordway, 1824-1880)の1868年の作品です。日本では「旅愁」として、犬童球渓(いんどう・きゅうけい、1879-1943)が詩をつけ、1907年に「中等教育唱歌集」で取り上げられて以来広く親しまれ、「日本の歌百選」の1曲に選ばれています。

2. 「故郷の空」(Comin' Thro' the Rye)

スコットランドの古いメロディに、スコットランドの国民的詩人と呼ばれたロバート・バーンズ(Robert Burns, 1759-1796)が詩をつけています。日本では明治時代に大和田建樹(おおわだ・たけき、1857-1910)がまったく新しい詩をつけ、秋の夕暮れにふるさとを想う歌「故郷の空」として親しまれています。なお、原詩を忠実に訳した「誰かが誰かと麦畑で」という詩も戦後に作られています。

3. 「庭の千草」(The Last Rose of Summer)

No.89でご紹介した「春の日の花と輝く」でも知られるトマス・ムアの詩に、ジョン・スティーブンソン(Sir John Stevenson, 1761-1833)が曲をつけたアイリッシュ・エアです。愛する人に先立たれ、孤独に生きる人の想いを「夏の最後の薔薇」に重ねています。日本では里見義(さとみ・ただし、1824-1886)の詩による「薔薇」ではなく「白菊」の歌として、1884年の小学校の音楽の教科書に紹介されています。

3曲とも詳細はこちらのサイトをご覧くださいね!
音楽で世界を旅しよう! 世界の民謡・名曲

☆ちょっとサプライズな機能☆

日立駅前にある本物の「平和の鐘」にならい、1日5回、
8時、10時、12時、15時、18時に、4つめのメロディの「自動演奏」を行います。
(こちらも“Stop”ボタンで停止できますが、“Play”ボタンで聴き直しはできません。)

4. 「アーマーの詩人」(The Bard of Armagh)

北アイルランドのアーマー州出身で、ハープを弾きながら旅をして歌っていた司教フェリム・ブレディ(Phelim Brady)の人生が描かれたアイリッシュ・エアです。この美しいメロディは「ラレードの通り」(The Streets of Laredo)というアメリカのカウボーイ・ソングにも使われ、多くのフォーク・シンガーに取り上げられています。

☆追記☆

このプログラムはInternet Explorerでのみ機能します^^;
これでは不平等なので、「特別なページ」をご用意いたしました。
IE以外をお使いの方は、こちらへどうぞ☆(注意:IEをお使いの方は入れません♪)

試されましたら、どうぞお気軽に下のコメント欄へご感想をお寄せくださいね!
もし好評なら、共有プラグイン化orソースの公開を考えたいと思っています
↑読んでいただけたら評価をお願いします。↓コメントいただけるとさらに喜びます☆

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

コメントの投稿


No.124 「平和の鐘」~2009年秋~
上の記事を読まれたご感想・ご意見をお聞かせくださいね!
初めての方は、まずこちらへお立ち寄り願います^^♪ → 松月の芳名録

らいむ&りーずん(2011.4- )

現在、松月は千葉からゆる~く発信中♪

プロフィール( -2011.3)

松月

Author:松月(しょうげつ)
別名「日立の笛吹き娘」

20代ですが、アメリカン・フォーク・ソングに10年間も熱中しています。

茨城で演奏活動されている読者の方々の影響で、現在はブルーグラスに傾倒?
広場にティンホイッスルを持ちこんで、人と地球にやさしい?音楽を発信中。

ご感想・ご意見の書きこみ歓迎♪もちろん楽器(演奏の話)の持ちこみも歓迎♪各記事の下で、レッツ・セッション♪♪

初めての方は、こちらへどうぞ☆
松月の芳名録

YouTubeに演奏を載せています。
よかったら聴いてみてくださいね♪
The Whistlin' Gal from Hitachi

ごあんない
松月のお気に入りリスト
最近の記事
最近のコメント

コメントありがとうございます!

最近のトラックバック

TB元に直接飛べます!
松月の元記事は「←」で参照できます。

カテゴリ
月別アーカイブ

My Whistles


Dixon DX006D
(Tuneable Aluminium Soprano D)

Dixon DX107A
(Tuneable Aluminium Alto A)

緑のgoo

子どもたちや花々は 僕のきょうだい
笑顔でこころも 晴れわたるよ~
 -「ライムズ・アンド・リーズンズ」

いつもお世話になっております♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。