松月のRhymes&Reasons

アメリカン・フォーク・ソングの言葉と想い そして源流をたずねる旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はアースデイ!

4月22日は「アースデイ」(Earth Day, 地球の日)といって、環境問題への関心を高め、地球のことを考えて行動を起こすきっかけをつくる日です

発祥は1970年のアメリカ。ウィスコンシン州のゲイロード・ネルソン上院議員が、人々に市民運動を通して環境問題への関心を持ってもらいたいと考え、4月22日を「アースデイ」とすることを提唱しました。というのも、当時のアメリカでは大気や水の汚染が進んでいて、健全な環境を持続させるためには対策が必要だと考えたからです。

そして、全米学生自治会長をしていたスタンフォード大学のデニス・ヘイズ氏が、みんなで行動を起こそうと全米の大学に呼びかけました。その結果、学生を中心とした2000万人以上の人々がデモやイベントを催し、参加したのでした。その活動と市民の高い関心が、環境保護庁の設置や、大気浄化法や水質改善法などの環境保護法が制定されることにつながったのです。

それから20年後の1990年、世界的に環境問題への関心が高まっていた頃、アースデイはアメリカからの呼びかけで141か国から2億人が参加する地球規模のイベントになりました。日本でも全国200か所で様々な活動が行われ、それ以来、環境保護に取り組むコミュニティのネットワークはどんどん広がっています。

わたしは日立市の環境セミナーやシンポジウムに進んで参加しているのですが(もちろん周りは年配の方ばかりですが^^;)、その中で「アースデイつくば」の話を聞き、1991年に筑波大学の学生から始まり、企業や市民団体も協力して資源回収や歴史散歩、パネル展などが行われていることを知ったのです。その時市の職員の方に「松月さんも大学で環境保護サークルを作ったら?」と言われたのですが、いろいろあって、大学生であるうちに行動を起こすことは残念ながらできませんでした

でも今では、このブログを開設したことで、全国とつながっているのですから、この機会に大きく呼びかけてみたいと思いますこの日を機に、明日の地球のためにできることを始めてみませんか?誰もいない部屋の電気は切る、過剰包装は断る、近所へは徒歩や自転車で行く・・・いろいろ考えられそうですが、

何よりも大切なのは、「コミュニケーション」だと思います。いろんな世代や地域や民族の人と親しくなり、現状を知り、対策を考え、意見を交換し合い、まずは「意思を共有」することが大切だと思うのです。

その「意思」をどのように表現するかは個人の自由です。ここは「フォーク・ソングを歌おう」というブログですので、来てくださった方にはぜひ次項の「岩を砕く花のように」という歌を覚えて帰っていただきたいと思います

これは1990年の6月、アースデイ20周年に関連したイベント「EARTH'90」の中で、ジョン・デンバーと南こうせつがデュエットした歌で、その模様はNHK衛星第2で生放送されたそうです。その時世界100か国が衛星で結ばれたそうで、まさに世界がひとつになった瞬間だったのですね。

「アースデイつくば」の始まりが1991年ということは、ひょっとするとこの歌がきっかけのひとつだったりするのかも・・・なんて思ったりして

岩を砕く花・・・桜もいいけど、足もとの小さないのちも同じように愛したいですね

岩を砕く花

☆関連リンク☆
始まりはいつもジョン・デンバー : 「アース・デイ」(Earth Day)

ジョン・デンバーは1990年に「EARTH'90」に参加しただけでなく、「Earth Songs」というアルバムも出していたんですね。マーヤさんがこのアルバムの最後の曲「Earth Day Every Day」の詩をご紹介されています。そういえば、「アースデイつくば」のパンフレットに「毎日がアースデイ」って書いてあったな・・・。この活動にジョンの歌の影響をますます感じてしまう松月でした
↑読んでいただけたら評価をお願いします。↓コメントいただけるとさらに喜びます☆

テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

*** COMMENT ***

アースデイ

アースデイに関する詳しい説明をしていただき感謝です。

日立市では環境セミナーがあるのですね。私の住んでいる町は凄い田舎なので、そういったセミナーはもしかしたらなかも知れないのですが、車やトラックがどんどん走っているし、日本中どこでも、環境問題について真剣に考えていかないといけないと思っています。

これをきっかけに環境を守るために、今私には何ができるかを考えていきたいと思いましたv-410

Earth Day, Every Day & Everywhere!

マーヤさん、

日立は鉱山から始まった工業都市ですから、昔から環境問題に対する意識が高かったのだと思います。煙害から山を守るために煙突を高く設計したりだとか、煙害に強い木を植えたりして、今では山には緑があふれ、空気もきれいだといわれています。

環境セミナーには、「ひたち環境都市フェスタ」で技術展を見てから参加するようになりました。そこでほかの受講者の方々(大部分が元技術者、つまり大先輩^^)からいろいろ教わりながら、今何が必要で、この先どんなものを創ったらいいのかと真剣に考え、夢を膨らませていました。

わたしがあの歌を知るまで足もとの「岩を砕く花」の存在に気づいていなかったように、今の豊かな生活の中に見過ごしている大切なものがあると思うのですv-298

このブログもゆっくり続けて、もっといろんな方々にご意見を書いていただいて、コミュニケーションを活発にしていきたいと切に願っていますv-5v-411

コメントの投稿


No.12 今日はアースデイ!
上の記事を読まれたご感想・ご意見をお聞かせくださいね!
初めての方は、まずこちらへお立ち寄り願います^^♪ → 松月の芳名録

らいむ&りーずん(2011.4- )

現在、松月は千葉からゆる~く発信中♪

プロフィール( -2011.3)

松月

Author:松月(しょうげつ)
別名「日立の笛吹き娘」

20代ですが、アメリカン・フォーク・ソングに10年間も熱中しています。

茨城で演奏活動されている読者の方々の影響で、現在はブルーグラスに傾倒?
広場にティンホイッスルを持ちこんで、人と地球にやさしい?音楽を発信中。

ご感想・ご意見の書きこみ歓迎♪もちろん楽器(演奏の話)の持ちこみも歓迎♪各記事の下で、レッツ・セッション♪♪

初めての方は、こちらへどうぞ☆
松月の芳名録

YouTubeに演奏を載せています。
よかったら聴いてみてくださいね♪
The Whistlin' Gal from Hitachi

ごあんない
松月のお気に入りリスト
最近の記事
最近のコメント

コメントありがとうございます!

最近のトラックバック

TB元に直接飛べます!
松月の元記事は「←」で参照できます。

カテゴリ
月別アーカイブ

My Whistles


Dixon DX006D
(Tuneable Aluminium Soprano D)

Dixon DX107A
(Tuneable Aluminium Alto A)

緑のgoo

子どもたちや花々は 僕のきょうだい
笑顔でこころも 晴れわたるよ~
 -「ライムズ・アンド・リーズンズ」

いつもお世話になっております♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。