松月のRhymes&Reasons

アメリカン・フォーク・ソングの言葉と想い そして源流をたずねる旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョン・デンバーのトリビュート・ライブ!2009年6月14日 Part 3

ここのところ忙しさを理由にブログをなまけてしまいましたが、
今週は気合いを入れて書きたいですね!
Part 2へもどる
Part 1からよむ
夢のステージ、再び!

さあ、お待たせいたしました、いよいよ開演です!!

メンバーがスタンバイし、ステージが明るくなると、タケルさんが登場しました。ジョンもかつてそうしていたようですが、合掌してお辞儀しているところが敬虔な感じで、とても印象的でしたね

セット・リスト(Stage 1)(「No.X」は松月による解説記事です。)

1. 「そよ風のように」(Nothing but a Breeze)
2. 「ドリームランド・エクスプレス」(Dreamland Express)
3. 「ライムズ・アンド・リーズンズ」(Rhymes and Reasons) → No.2
4. 「悲しみのジェット・プレーン」(Leaving on a Jet Plane)
5. 「エブリディ」(Everyday)
6. 「今夜の君は素敵だよ」(Baby You Look Good to Me Tonight)
7. 「日食」(Eclipse)
8. 「ロッキー・マウンテン・ハイ」(Rocky Mountain High) → No.38~39
9. 「カナダの寒い夜」(Cold Nights in Canada)
10. 「古いギター」(This Old Guitar)
11. 「バック・ホーム・アゲイン」(Back Home Again)
12. 「ワールド・ゲーム」(World Game)
13. 「おばあちゃんの羽根ぶとん」(Grandma's Feather Bed)


1と2は80年代の作品。タケルさんにとって、この頃の曲はリアルタイムだったからか、特別な思い入れがあるんでしょうね・・・。さらに、70年代の曲よりも若干キーが低くなっていて、タケルさんの声にマッチンぐ~でもあるのです。

ジョン・デンバーはソロ・デビュー・アルバム「ライムズ&リーズンズ」(Rhymes & Reasons)を発表してから今年で40周年になるということで、今回はその記念ライブだったのです。タケルさんはそのレコードを見せ、解説をした後、3と4を歌ってくださいました。「ライムズ・アンド・リーズンズ」心に響く美しい旋律と深いメッセージ。このブログの原点でもある大切な歌です。12弦ギターの響きがとても素晴らしいですね。じっくり聴くことができ感激しました。

5は50年代のロックンロール・シーンで活躍したバディ・ホリー(Buddy Holly, 1936-59)の名曲のカバーだそうです。今年は彼の没後50年の年でもあります。彼もまた飛行機事故で亡くなってしまったんですよね・・・。タケルさんのトリビュート魂、尊敬します。この歌もとても素敵でした。

7の「日食」はマーヤさんと出会って間もない頃、彼女のNo.118~119の記事を読んで感動して大好きになった歌なんです(覚えていらっしゃるでしょうか?)。さらに、なんと今年7月22日(ってもうすぐじゃん!)に日本で46年ぶりの皆既日食が奄美大島で見られるそうなんです。幻想的な空、わたしも見てみたいなぁー。詳しくはこちらのサイトをご覧くださいね! → 2009皆既日食in奄美

ここで、前回も活躍された須賀さんと桜井さんが今回も登場です。タケルさんと歌った「ロッキー・マウンテン・ハイ」、今回は「タクトの魔物」に邪魔されず、バッチリ決まりましたね。実は前回松月に「ロッキー・マウンテン・ハイ」のフライングをネタにされたことを気になさっていたようで、一生懸命練習したんだよ、と、終演後に話してくださいました。大丈夫ですよ、今回は松月がこの後恥ずかしい思いをする番ですから

以前にも書きましたが、須賀さんは70年代に「ADO」という「狩人」風のデュオで活動していて、タケルさんが彼らの4枚のシングル(オークションで手に入れたらしい)を見せてくださいました。しかもMM27さんはそれらの曲を携帯に入れているというんだから、さらにびっくりですね。ちなみに桜井さんとのデュオは「DOA」という名前なのだとか。
DOAって・・・(笑)

で、次はそのDOAによる演奏9と10です。ギターとマンドリンのハーモニーがとても素晴らしかったです。須賀さんは「1970年頃のジョン・デンバーがそのまんま年をとった感じ」(注:松月のコメント)なのですが、見た目だけでなく声も70年代のJDソングにぴったりですよね。そして11は、須賀さんとタケルさんと一緒に、同じ時を過ごす幸せをみんなでわかちあいました

そして、12、13とリズミカルな曲が続き、手拍子で盛り上がり、休憩となりました。

休憩中、アンケートを見つめながら、、、

松月「ライブで聴きたい曲かー、どーしようかなぁー・・・」
MM27さん「『岩を砕く花のように』とか書いたらどうですか?」

とか話しながら、まったく期待しないで書いていたんですよ。
ところがこの後、奇跡が起ころうとは!?
Part 4へすすむ ↑読んでいただけたら評価をお願いします。↓コメントいただけるとさらに喜びます☆

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

NoTitle

 まだ余韻に浸っているような、そんないいライブだったようですね。お疲れ様でした。
機会があれば、是非一度、上京(自分の中では、まだこの言葉もあるんですね。)の際に、このようなライブを見たいと思っているのですが、お金もかかるので、なかなか実現しないので、うらやましい限りです。
 ジョン・デンバーというと「悲しみのジェット・プレーン」、「故郷へ帰りたい」などの有名な曲しかほとんど知らないのですが、松月さんやマーヤさんのブログを読ませていただきますと本当に熱い想いが伝わってきて、そのようなアーティストがいるというのもある意味、羨ましい気持ちがします。
 

Preserve your memories...

takabohさん、

メッセージありがとうございます。
ライブが終わってから忙しくなってしまって、まだレビューを書いてるよ、という方が正しいのですが、確かにまだ余韻に浸っていられるから、こうやって書けるんですよね。

わたしも関東圏とはいえほとんど東北で、参加者の中では遠方です。平日はまずムリですし、休日も東京へはちょくちょく行けないのです。だからこそ、行けた時はかかった費用以上に楽しんで、こうやって思い出を詳しく書き残しておきたいのです。

パイナップラーズは仙台でもライブしたことがあるんですよ。今後八戸からも気軽に参加できるところに行ってくれたらいいですね。マーヤさんのブログものぞいていただいてうれしいです。マーヤさんもきっと喜ばれると思いますよv-238

NoTitle

松月さん、
お忙しいところのライブ・レポ、お疲れ様です!

takabohさん、
私のライブ・レポまで読んでくださっているそうで、ありがとうございますm(__)m
遠くから、わざわざというのは勇気がいりますよね・・・。
実は聞くところによると、タケルさんのファンの方が東北から東京まで、ライブに参加されているらしくて、凄いなぁと思っています。
いつかチャンスがありましたら、ご参加くださいねv-266

松月さん、
迫真のライブ・レポでしたね・・・。前回はライブ・レポに3週間以上かけてしまいましたので、一気に1週間で仕上げましたが、松月さんの記事を読んで、またもや、楽しいひと時を思い出しました。どの曲も好きな曲ばかりでしたが、「エブリディ」(Everyday)、「今夜の君は素敵だよ」(Baby You Look Good to Me Tonight) 、「日食」(Eclipse)と特にお気に入りの曲が続いてかなりテンションが上がってしまいましたv-162

「日食」(Eclipse)の記事はとっても気合を入れて書いた記事で、松月さんがこの記事を読んでからこの曲が好きになったとコメントをくださり、とっても嬉しかった曲でもあります。今年7月22日の皆既日食にちなんでの選曲らしいのですが、偶然にもマーヤのお好みにもマッチしてしまったというダブル・ファンタジーでしたよね・・・v-238

それと、須賀さんがものすごく一生懸命練習されたというのは、ものすごく実感としてありました。次回も熱烈な歌いっぷりとタンと聞かせていただきたいものですね・・・v-238v-249v-269

はるばると

マーヤさん、

takabohさんへのメッセージありがとうございます。
東北にも熱烈なタケルさんのファンがいらっしゃるのですね!?
マーヤさんも広島からいらしてますし、わたしなんてまだ近い方ですかねv-410

わー、「日食」のこと覚えててくださったんですね! よかったぁーv-344
マーヤさんのお気に入りの曲だってこと知ってましたから、
ライブで演奏されてさぞうれしかっただろうなと思っておりました。

須賀さん、次回はぜひ「グッドバイ・アゲイン」も聴かせてくださいねv-360

コメントの投稿


No.107 ジョン・デンバーのトリビュート・ライブ!2009年6月14日 Part 3
上の記事を読まれたご感想・ご意見をお聞かせくださいね!
初めての方は、まずこちらへお立ち寄り願います^^♪ → 松月の芳名録

らいむ&りーずん(2011.4- )

現在、松月は千葉からゆる~く発信中♪

プロフィール( -2011.3)

松月

Author:松月(しょうげつ)
別名「日立の笛吹き娘」

20代ですが、アメリカン・フォーク・ソングに10年間も熱中しています。

茨城で演奏活動されている読者の方々の影響で、現在はブルーグラスに傾倒?
広場にティンホイッスルを持ちこんで、人と地球にやさしい?音楽を発信中。

ご感想・ご意見の書きこみ歓迎♪もちろん楽器(演奏の話)の持ちこみも歓迎♪各記事の下で、レッツ・セッション♪♪

初めての方は、こちらへどうぞ☆
松月の芳名録

YouTubeに演奏を載せています。
よかったら聴いてみてくださいね♪
The Whistlin' Gal from Hitachi

ごあんない
松月のお気に入りリスト
最近の記事
最近のコメント

コメントありがとうございます!

最近のトラックバック

TB元に直接飛べます!
松月の元記事は「←」で参照できます。

カテゴリ
月別アーカイブ

My Whistles


Dixon DX006D
(Tuneable Aluminium Soprano D)

Dixon DX107A
(Tuneable Aluminium Alto A)

緑のgoo

子どもたちや花々は 僕のきょうだい
笑顔でこころも 晴れわたるよ~
 -「ライムズ・アンド・リーズンズ」

いつもお世話になっております♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。