松月のRhymes&Reasons

アメリカン・フォーク・ソングの言葉と想い そして源流をたずねる旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「平和の鐘」~2009年夏~

松月の自作コンテンツ「平和の鐘」を更新しました!
みなさん、いつも鳴らしてくださってありがとうございます

夏バージョンは6月1日~8月31日の3か月間の限定公開です。
気に入っていただけましたら、どうぞ最終日までお楽しみくださいね
☆使い方☆

♪Internet Explorer版
“Select Music”リスト・ボックスからお好きな曲を選んだ後、
ひまわりのアイコンで再生/停止してください。

♪Netscape Navigator他版
“Select Music”リスト・ボックスからお好きな曲を選んだ後、
コントロール・バーで再生/停止してください。

☆メロディ紹介☆

今季は「自然に帰ろう!ふるさとに帰ろう!!」というテーマで、
「山」「海」「森」にちなんだメロディを打ち込んでみました

1. 「峠の我が家」(Home on the Range)

「バッファローのかけめぐる故郷へ帰りたい」と歌われるこの詩は1870年代に書かれ、移住者やカウボーイたちによってさまざまな形で全米に広まり、現在よく知られている詩とメロディは20世紀の初めにできあがったそうです。カンザス州の州歌にもなっており、アメリカ西部の讃歌として愛され続けています。あのニール・ヤングも歌ったとか!?

2. 「マイ・ボニー」(My Bonnie)

スコットランド民謡です。「ボニー」とはケルトの言葉で「可愛い」という意味があるので、海の向こうに隔てられた愛しい人か、あるいは戦争に行った息子に向けられた歌かと解釈していましたが、スコットランドとイングランドの間で起こったカトリックとプロテスタントの戦いが関わっているようです。

3. 「とねりこの木立」(The Ash Grove)

ウェールズ民謡です。この曲には恋人との別れの悲しみを歌ったものなど何通りもの詩がつけられていますが、わたしが覚えたのはジョン・オクセンフォード(John Oxenford, 1812-77)というイングランドの劇作家によるものでした。若き日の思い出、いつでも心を慰めてくれたトネリコの森こそ私の故郷だ、と歌われています。

3曲とも詳細はこちらをご覧くださいね。歌詞や対訳も載っています。
音楽で世界を旅しよう! 世界の民謡・名曲

☆追記☆

これまで不具合報告が1件もなかったので気づかずにいたのですが、「平和の鐘」と「さくいん」(これも松月作)が実はFirefox 3で機能していないことがわかり、ものすごくあわてました。雑ではありますが、今できる限りの改善をさせていただきました。どうかあなたのブラウザでもちゃんと動いてくれますように・・・

本当はちょっとコードを変えればいいのでしょうけれど、すぐには思いつかなくて、それを考える時間があったら、新しい記事を書いたり、お友達にメッセージを送ったりしたいのです。いちばん大事なのは記事ですから、もっと記事を充実させないとね~^^; ↑読んでいただけたら評価をお願いします。↓コメントいただけるとさらに喜びます☆

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

NoTitle

こんばんは^^
「平和の鐘」昨日早速鳴らしてみましたe-48(私のところで最近UPした「リンク集」でも宣伝してるやつ^^;)
オルゴールみたいな音色で可愛いですね。
「峠の我が家」ってカンザス州の州歌にもなっているんですかぁー。
「マイ・ボニー」もスコットランド民謡であることは知っていましたが、ケルトの言葉で「可愛い」という意味があるんですね。でもスコットランドとイングランドの間で起こったカトリックとプロテスタントの戦いが関わっていたんですかぁー。

ありがとうございます♪

sayaさん、

さっそく鳴らしていただいて、さらに「リンク集」での宣伝まで、本当にありがとうございます。全国からお越しくださる方々にお互いの心のつながりを感じていただけたらと思い、設置しています。メロディは「チェレスタ」という、ピアノと鉄琴をあわせたような楽器の音色を使って、MIDI編集ソフトに1音1音打ちこんで作っています。

わたしも上の民謡のサイトで背景を初めて知りました。作ってみて改めてトラディショナル・ソングの魅力を感じていますv-353

NoTitle

本当に素朴でオルゴールっぽくて、かわいい音がしますよね!
こういうオルゴール・ボックスが欲しいなぁと思うくらいですねv-238

とっても気に入りましたv-354

オルゴール de 平和の鐘

マーヤさん、

ありがとうございます。みなさんから「鳴らしてるよー」「ちゃんと動いてるよー」「気に入ったよー」といったコメントが寄せられると安心しますし、元気づけられますv-411

これをそのまんまオルゴールにしようとすると、回転ドラムの直径と幅を一般的な大きさの3~4倍にする必要があり、かなりでっかくなりそう!?^^;PCでMIDIデバイスさえあれば、何小節でも何和音でもいけますし、作るにも材料がいらないのでいいですねv-22

NoTitle

お久しぶりです。
マイボニー、小学校の時ビートルズのデビュー曲て
聞いてどんな曲だろうてて思ってて・・・
実際はハンブルグ時代にバックで演奏。笑
その後中学の教科書にも出てました。
スコットランド民謡だったのですか?
勉強になりました。はい

My Bonnie

oyaji910さん、

しばらくぶりです、情報提供感謝です。詳しくは記事中にご紹介した民謡のサイトをご覧いただきたいのですが、トニー・シェリダンという方のアルバムのバックでビートルズが演奏していたんだそうですね。わたしも勉強になりましたv-238

コメントの投稿


No.103 「平和の鐘」~2009年夏~
上の記事を読まれたご感想・ご意見をお聞かせくださいね!
初めての方は、まずこちらへお立ち寄り願います^^♪ → 松月の芳名録

らいむ&りーずん(2011.4- )

現在、松月は千葉からゆる~く発信中♪

プロフィール( -2011.3)

松月

Author:松月(しょうげつ)
別名「日立の笛吹き娘」

20代ですが、アメリカン・フォーク・ソングに10年間も熱中しています。

茨城で演奏活動されている読者の方々の影響で、現在はブルーグラスに傾倒?
広場にティンホイッスルを持ちこんで、人と地球にやさしい?音楽を発信中。

ご感想・ご意見の書きこみ歓迎♪もちろん楽器(演奏の話)の持ちこみも歓迎♪各記事の下で、レッツ・セッション♪♪

初めての方は、こちらへどうぞ☆
松月の芳名録

YouTubeに演奏を載せています。
よかったら聴いてみてくださいね♪
The Whistlin' Gal from Hitachi

ごあんない
松月のお気に入りリスト
最近の記事
最近のコメント

コメントありがとうございます!

最近のトラックバック

TB元に直接飛べます!
松月の元記事は「←」で参照できます。

カテゴリ
月別アーカイブ

My Whistles


Dixon DX006D
(Tuneable Aluminium Soprano D)

Dixon DX107A
(Tuneable Aluminium Alto A)

緑のgoo

子どもたちや花々は 僕のきょうだい
笑顔でこころも 晴れわたるよ~
 -「ライムズ・アンド・リーズンズ」

いつもお世話になっております♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。