松月のRhymes&Reasons

アメリカン・フォーク・ソングの言葉と想い そして源流をたずねる旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティンホイッスルも、よかっぺ♪ Part 2

これまでのお話
ティンホイッスルも、よかっぺ♪ Part 1

前項でお話ししたように、ティンホイッスルはリーズナブルで親しみやすい楽器です。フルートなどとは異なり、普通に息を入れれば簡単に鳴りますので、音が出なくて挫折することもまずありませんし、丈夫で維持費もかかりません。決して「宝のナントカ」とか「安物買いのナントカ」などとは言わせませんよー(←オイ×2^^;)

リコーダーを吹いたことがあれば、ほぼ同じ指使いですぐに曲が吹けます。あとは適当なところに装飾音やスライドを入れ、なめらか~に吹けるように練習を重ねれば、「タイタニック」のテーマだってそれっぽく演奏できるようになるかもね!?

☆関連リンク☆
ティンホイッスルの吹き方
すだれさんによる、初心者向けのポイントを絞ったチュートリアルです!

ホイッスルにはいろいろな長さのものがあって、演奏可能な音域やキー(調)が異なります。最も一般的なものは「D管」といって、6つの穴を全部閉じた状態が「レ(D)」の音になっています。基本的な指づかいは次のとおりで、とても規則的ですね。


(上が吹き口側、○:開、●:閉)

そのため、D管のホイッスルでは、DとGのキーが楽に演奏可能です。というか、アイリッシュ音楽やホイッスルのための楽譜は、DかGのキーで書かれていることがほとんどです。



ピアニストの方にとっては、#に黒鍵を使うので、少々めんどくさく感じられるかもしれませんが、実はこれらの調性はコードが押さえやすく、ギターでよく使われるんですよね。なので、D管はギターとあわせるのに便利なのだぁー。

今の目標は「緑の風のアニー」の間奏をマスターすることですかね。それでGeorgeさんの歌&ギターとあわせられたら最高だなぁー!なんて思ったりしています

最後に、松月が1曲演奏したいと思います。へたくそでもよければどうぞ^^;
アイルランドの伝承曲「サリー・ガーデン」(Down by the Salley Gardens)です。

80マイルも離れて、夢の共演が実現しました!!
レモンさん、ギターで伴奏をしてくださり、ありがとうございました


調子がわるいので、削除しました。松月のへたくそなソロでよければ
Down by the Salley Gardens.mp3

こちらは有名なアイリッシュ・バンド、クラナド(Clannad)による演奏です。

http://www.youtube.com/watch?v=d02dI9jBz3A


Down by the salley gardens my love and I did meet
She passed the salley gardens with little snow-white feet
She bid me take love easy as the leaves grow on the tree
But I, being young and foolish, with her would not agree


柳の庭のほとりで 恋人と僕は出会った
彼女は小さな真っ白い足で 柳の庭を通り過ぎていった
「恋はあせってはいけないわ 木の葉が茂るのと同じようにね」
でも僕は若くて愚かだったので 彼女の言葉を受けとめられなかった

In a field by the river my love and I did stand
And on my leaning shoulder she laid her snow-white hand
She bid me take life easy, as the grass grows on the weirs
But I was young and foolish, and now I am full of tears


川のそばの野原に 恋人と僕は立っていた
彼女は真っ白い手を 僕の傾いた肩にのせた
「人生はあせってはいけないわ 草が堰の上に育つのと同じようにね」
でも僕は若くて愚かだった それで今は涙が止まらない


↑読んでいただけたら評価をお願いします。↓コメントいただけるとさらに喜びます☆

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

NoTitle

ついにやりましたね。松月さんの演奏を聞かせていただき感謝いたします。
ティンホイッスルという楽器は知りませんでしたがリコーダーとほぼ同じのようですね。
素朴なあったかい音色です。

Georgeさんとのコラボも早く実現すればいいですね。楽しみにしています。

「Down by the Salley Gardens」って素敵な詩ですね。
誰でもあと一歩の勇気さえあればと思うこと多いですからね。

ありがとうございます♪

レモンさん、

励ましのメッセージをいただき、ありがとうございます!
本当に素朴な音色がいいですよね。
新緑の山で吹くと、ものすごく気持ちいいんですよーv-398v-22

「サリー・ガーデン」という歌はわたしも初めて知ったのですが、
柳の庭をそよ風が吹きぬけていくようなメロディが好きです。
今のわたしの演奏はそよ風というより突風かもしれませんが^^;

レモンさんに伴奏をお願いして、こんな感じで演奏できたら最高ですねv-343
http://www.youtube.com/watch?v=VNn1cg3DiFE

NoTitle

素晴らしい共演ですね。感動しました。松月さんのホイッスルも素敵ですし、それに重ねたレモンさんのギターも感動ものですね。本当に素晴らしいと思います。もう、私のギターの域を越えているので、生意気なことは言いません。ぜひ、80マイルはなれたところではなく、実際に共演なさっているのを、近くで聞いてみたいですね。
 レモンさんのギターは、何をお使いになって演奏されたのですか。ギターの響きをとても素敵ですね。特に最後のハーモニックスに泣かされますね。

NoTitle

後から伴奏だけ付けるというのは正直やりにくかったですがこういう試みも面白いと思います。
皆で少しずつ足していくというのもいいのではないでしょうか。

曲の後半で松月さんの笛が高音で伸びる部分は伴奏にアクセントを付けてみました。
ご迷惑だったでしょうがお言葉に甘えて楽しませてもらいました。

それからちなみに僕のギターは前にもブログで書きましたがマーチンの00028でD28より小ぶりなタイプで、カスタムではなく普通に出回っているものです。
georgeさんもコラボお願いします。

NoTitle

こんばんは^^
演奏聞かせていただきました。
私もティンホイッスルという楽器は初めて知りましたが、暖かい音色ですね。
リコーダーと同じような感覚でしょうか?
最後の詩もいいですね。

楽しんでいただけてよかったです!

Georgeさん、

感動されたなんて、最高にうれしいメッセージをありがとうございます。
わたしも初めて聴いた時は、レモンさんのギターに感動しました。
機会があれば、実際にあわせてみたいですよね。もちろんGeorgeさんとも。
なんか将来、本当にみんなでアルバムをつくることになりそう!?v-341

レモンさん、

改めて、素敵な伴奏をつけてくださり、ありがとうございました。
「楽しませてもらいました」、そう言っていただけて幸いです。
高価な楽器でなくても、奏者の技術しだいで素敵な音が出せるんですね。
レモンさんのギターにとても励まされましたv-353

sayaさん、

わたしたちの演奏を聴いていただいて、ありがとうございます。
管はブリキ(tin)製なのですが、木管のような素朴なぬくもりがありますね。
確かにリコーダーに近いのですが、それよりもずっと奥が深く難しいです。
アイリッシュの伝承歌って、しみじみとした愛の詩が多いような気がしますv-344

NoTitle

ネット上でコラボができるなんて、なんとすごい時代でしょう。しかし、私GeorgeめのパソコンはいまだにWindows98なのです。また、いろいろな技術がなく、どうやったらレモンさんのように録音し、それをネット上にのせるのか知らないのです。なんとも情けない!

NoTitle

Georgeさん
僕がやった方法ですが
まず録音はパソコンのスピーカーで音を鳴らしながらそれにあわせて演奏し、別に用意したレコーダーで録音するというとても原始的な方法です。
後はそれを動画配信サイトにアップするだけです。
一度やってみると意外に簡単ですがファイル形式に注意する必要があります。
しかし口で言うのは簡単ですが実は僕も結構苦労しました。

最近僕もだんだんハイテクが億劫になりつつあります。
目と目で合図して演奏するのが何よりですよね。

NoTitle

レモンさん

ありがとうございます。チャレンジしてみようと思います。問題は動画配信サイトにどのように登録するのか良くわからない点です。僕が所属しているバンドにその辺が詳しい人間がいて、以前Youtubeにアップしましたが、彼もやはり苦労したみたいです。特にファイル形式がどうのこうのと言っていましたし、アップ用のソフトの無料期間が切れてどうのこうの、などとも言っていました。Georgeめには何のことだかさっぱりわかりませんでした。
 しかし、時間を見つけてチャレンジしてみたいです。レモンさんのように本当に素敵なギターでのコラボができればいいですね。松月さんとのアルバムも、なにやら現実味を帯びてくるような気がしますね。

NoTitle

ネットのコラボですか! すごい勉強になりました。
松月さんとレモンさんの演奏に感動しました!
アイルランドの曲ですか! メロディーも素敵だし、詩も素直な心情が出ていて、いいですね。

ネットでコラボ!

Georgeさん&レモンさん、

お返事遅くなって申し訳ありませんでした。
動画配信、わたしも挑戦してみたいと思っています。
お2人のご意見をもとに、いずれ「読者からの話題」カテゴリに
「ネットでコラボ!」(仮)というタイトルで記事を書いてみたいですねv-221

takabohさん、

ありがとうございます。気に入ってくださってうれしいです!
アイリッシュ含め、英国のトラッドにすっかりハマってしまいました。
6~8月の「平和の鐘」のメロディ、どーしようかなぁー?v-390v-339

NoTitle

コメント、遅くなりました・・・。
松月さんとレモンさんとのコラボ、とても素晴らしいですね♪
ネットで、遠く離れていてもこんな夢の共演ができるのですね!

私にはやり方がよくわからないのですが、Georgeさんも加わってさらにボリューム感アップして楽しい演奏会にしていただきたいと思います。

松月さんの他の曲もまた聞かせてくださいねv-238

80マイルも離れて

マーヤさん、

しばらくぶりですー。
演奏を聴いていただいてありがとうございます。
「ネットでコラボ」なんて斬新?なことをやってるブロガーは
きっとうちだけだっぺなぁー、なんて、ちょっぴり自惚れてます^^;

でも本当は生でお聞かせしたいし、マーヤさんやGeorgeさんに
加わっていただき、みんなで集まって演奏できたらいいなと思ってます。
来月もちろん持っていきますよー。タケルさんたちとセッションできるかなぁー?v-264

コメントの投稿


No.100 ティンホイッスルも、よかっぺ♪ Part 2
上の記事を読まれたご感想・ご意見をお聞かせくださいね!
初めての方は、まずこちらへお立ち寄り願います^^♪ → 松月の芳名録

らいむ&りーずん(2011.4- )

現在、松月は千葉からゆる~く発信中♪

プロフィール( -2011.3)

松月

Author:松月(しょうげつ)
別名「日立の笛吹き娘」

20代ですが、アメリカン・フォーク・ソングに10年間も熱中しています。

茨城で演奏活動されている読者の方々の影響で、現在はブルーグラスに傾倒?
広場にティンホイッスルを持ちこんで、人と地球にやさしい?音楽を発信中。

ご感想・ご意見の書きこみ歓迎♪もちろん楽器(演奏の話)の持ちこみも歓迎♪各記事の下で、レッツ・セッション♪♪

初めての方は、こちらへどうぞ☆
松月の芳名録

YouTubeに演奏を載せています。
よかったら聴いてみてくださいね♪
The Whistlin' Gal from Hitachi

ごあんない
松月のお気に入りリスト
最近の記事
最近のコメント

コメントありがとうございます!

最近のトラックバック

TB元に直接飛べます!
松月の元記事は「←」で参照できます。

カテゴリ
月別アーカイブ

My Whistles


Dixon DX006D
(Tuneable Aluminium Soprano D)

Dixon DX107A
(Tuneable Aluminium Alto A)

緑のgoo

子どもたちや花々は 僕のきょうだい
笑顔でこころも 晴れわたるよ~
 -「ライムズ・アンド・リーズンズ」

いつもお世話になっております♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。