松月のRhymes&Reasons

アメリカン・フォーク・ソングの言葉と想い そして源流をたずねる旅

こんなことを書いてます♪

2011年03月
No. スポンサーサイト
No.230 ☆読者参加型企画☆「励ましの歌」を届けよう!
No.228 「マイ・シティ・オブ・ルーインズ」 by ブルース・スプリングスティーン
No.227 地震
Page 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆読者参加型企画☆「励ましの歌」を届けよう!

不安な日々は今も続いています。しかし、みんなで歌うことで心は暖まります。
みんなで「励ましの歌」を出し合って、一緒に元気になりませんか?

わたしからは、大好きなシンガー・ソングライター系から5曲出しますね♪

♪ Bridge Over Troubled Water - Simon & Garfunkel → No.172

「君の側にいるよ 世の中がつらくなり 友だちが見つからない時は
 荒れる海に架かる橋のように この身を投げ出そう」




♪ You've Got a Friend - Carole King / James Taylor → No.91

「私の名前を呼ぶだけでいい そうすればどこにいたって 君に会いに駆けつける
 冬も春も夏も秋も 名前を呼ぶだけでいい 会いに行くよ 君の友だちだから」




♪ Lean on Me - Bill Withers

「頼りにしてほしい 心細い時には 君の味方になって 力づけるよ
 だって 私が誰かに頼る日も 遠くはないだろうから」




♪ Peace Train - Cat Stevens

「暗闇の淵から ピース・トレインがやって来る
 ピース・トレインよ この国を 帰るべきところへと連れて行っておくれ」


「これって、反戦歌じゃないの?」というツッコミはナシで・・・^^;



♪ Let It Grow - Eric Clapton

「(愛を)育てよう 育てよう 花を咲かせて あふれさせよう
 晴れの日も 雨や雪の降る日も 愛は美しいものだから 育てよう」


本家より力強いので、こちらをご紹介します。日本人によるカバーですね。
しかも、どっかで見たようなステージだと思ったら「銀座タクト」じゃありませんか!




でも、もっとも力強いのは、たくさんの方の想いがこめられたこの曲でしょうね。

♪ We Are the World - USA for Africa

2010年のハイチ地震の時にも、新しい世代によって歌い継がれていましたよね。



「松月さん、この曲を忘れてるよっ!」
「この曲も歌詞がいいので、ぜひ聴かせたい!」


そういう曲がありましたら、この記事のコメント欄で教えてくださいませ。

被災地の方は「自分たちを励ます曲」、それ以外の地域の方は「被災地の方を励ます曲」を出し合って、つなげていけたらうれしいです♪

※必読・この記事にコメントいただく際のお願い

・ここでは「洋楽限定」で曲出しをお願いします。
 モダン・フォークでなくても結構です。年代も問いません。
  (上の6曲がすでにモダン・フォークとはいえませんし^^;)

・「歌詞のメッセージ性」を最優先した選曲をお願いします。
タイトル欄には、曲名とアーティスト名を「原題」で
 本文には、その歌についてのコメントを入れてください。
・松月や他の方の出した歌から選んでコメントいただいてもOK。
1投稿につき1曲でお願いします。投稿回数は制限なしで♪


こんな時こそ、地域を越えて、みんなでレッツ・セッション♪
スポンサーサイト
↑読んでいただけたら評価をお願いします。↓コメントいただけるとさらに喜びます☆

テーマ:自分に力をくれるもの - ジャンル:音楽

「マイ・シティ・オブ・ルーインズ」 by ブルース・スプリングスティーン

3月11日。みなさんから「開設3周年おめでとう♪」と言ってもらえるはずだったのに、

まさか、こんな悲惨なことになってしまうなんて・・・

その日、わたしは仕事の都合で水戸へ行っていました。用事を済ませて、母校・I大学の図書館に立ち寄り、展示を見た後、本を探していた時、地震を感じました。まあ茨城はこれぐらいの揺れはしょっちゅうだから、これでおさまるだろう・・・と油断した次の瞬間、悲劇は起こりました。そこは旧館の書庫。大きな音を上げて本棚が踊り、電気は切れ、天井がはがれました。これは異常だと思って、すぐに1階へ駆け下り、窓を開けて脱出していなければ、本棚の下敷きになって気を失い、誰にも見つからずにいたかもしれません。

その後も大きな揺れは続きました。次の日に後期日程の入試を控えて下見に来ていた高校生たちも戸惑っていました。電話が通じず、職員たちも図書館を閉めて家族の元へ向かいます。道路は混雑してバスも来ないので、とりあえず水戸駅まで歩いて行くことに。

案の定、水戸駅は封鎖されていました。そう、わたしは「帰宅難民」になってしまったのでした。JRの職員に導かれるままに、その夜はS小学校へ避難することにしました。

その日、水戸で避難したのは約1万3000人。S小には約1800人が集まっていました。そのほとんどが水戸駅の利用者で、その何割か、特に県外からの来訪者のほとんどは偕楽園へ梅を見に来た帰りだったのでした。この災難を誰が予想できたでしょうか。水も食べ物もカイロもなく、少ないローソクの明かりだけで過ごす夜は長く苦痛でした。毛布も市の職員が必死で調達してもまったく足りず、冷えでお腹と足が痛くても、体の弱い方に譲りました。寝るとよけいに寒くなるので、周りの方とおしゃべりをして夜を明かしました。

その中で日立の男性とめぐり会い、幸いなことに、その娘さんを呼んで、日立まで一緒に乗せていただけました。一緒に帰り、お煎餅を分けてくださった男性にも感謝です

離れて暮らす家族との連絡はどうにか取れましたが、残量が不十分なままつながらずに何度もかけ直したので、携帯の電池が切れてしまいました。住まいは何も壊れていませんでしたが、ラジオも懐中電灯もローソクも暖房もないため、夜を過ごすには不安でした。そこで、大音量で茨城放送を流していた近くのI体育館で避難生活を続けることにしました。

さすが日立! そこには簡単な発電装置があり、ストーブや蛍光ランプをつなげたほか、個人の携帯の充電も30分以内なら許されました。炊き出しもあり、わずかですが塩むすびや温かいネギ汁をいただけました。市役所の方のおかげで、本当に快適に過ごせました。ただ、電気や水道、ガスの復旧は時間がかかっているようでした。

電気が通じたのは14日の19時過ぎ、避難所からは拍手と歓声が沸き起こりました。それでも、断水は続いていて、福島の原発の放射能も(10数年前の東海村の事故のように)雨や北風に混じって流れてくるのではないかと、今なお不安な生活が続いています


さて、ここはアメリカン・フォークのブログですから、みんなで歌を歌って元気を出しましょう。今回選んだのは「マイ・シティ・オブ・ルーインズ」(My City of Ruins)という、ロック界の「ボス」ことブルース・スプリングスティーン(Bruce Springsteen, 1949- )の2000年の作品です。

もともとは彼の故郷・ニュージャージー州にあるアズベリー・パーク(Asbury Park)という観光地の街おこしの歌だったようですが、10年前の9.11の追悼コンサートで熱唱されていました。また、つい最近の、日本人の犠牲者も多かったニュージーランドのクライストチャーチ地震の時も、テレビで被災地の映像とともに流されていたようですね。

http://www.youtube.com/watch?v=ck3wa-VlsZM


避難所から帰り、はじめてテレビやインターネットで映像を見て、今回の地震の規模の大きさや、宮城や岩手、福島の大変な状況に驚いています。1人でも多くの方の無事と、1日も早い回復を祈り、できることを考えてしていきたいと思いました。

ただ、まずは身近からですね。茨城も震度6強で被害が大きく深刻だと思うのですが、実際には報道がほとんどなく、大切な人がいない限りは、被災者の仲間に入れてもらえないことも多く、なんだか寂しいです。確かに“ruins”というほどひどくはないのかもしれませんが、家が壊れ、帰れない方もまだたくさんいます。内陸部で避難している方には、物資がまったく行き届いていないそうです。まだ電気さえ通っていないところもあるようです。どうかご理解いただき、茨城へのご支援もよろしくお願いいたします


※必読・一部追記

この記事を読んで、下にコメントを書いていただける方は、「NoTitle」と入っているタイトル欄に「Come on, rise up!」と入れて、被災地(茨城でなくてもいいです)への励ましのメッセージをお寄せください。まずはこのブログから、みんなで絆のコーラスをつなげていけたらうれしいなと思っています。

もう一度お願いします。この記事のコメントのタイトルは「Come on, rise up!」で統一できたらうれしいです。
「おめでとう」メッセージは控えていただくようお願いします。
それでは、たくさんの方のご参加をお待ちしております。
↑読んでいただけたら評価をお願いします。↓コメントいただけるとさらに喜びます☆

テーマ:日記 - ジャンル:音楽

地震

携帯だけ一時的に生き返ったので投稿します。
こちらは無事です。
お見舞いのメッセージくださった方々ありがとうございます。
電気が復旧したらお返事書きますね。
なおこのブログに地震についてのメッセージいただける方はこの記事のコメント欄にお願いします。
↑読んでいただけたら評価をお願いします。↓コメントいただけるとさらに喜びます☆
 | HOME | 
らいむ&りーずん(2011.4- )

現在、松月は千葉からゆる~く発信中♪

プロフィール( -2011.3)

松月

Author:松月(しょうげつ)
別名「日立の笛吹き娘」

20代ですが、アメリカン・フォーク・ソングに10年間も熱中しています。

茨城で演奏活動されている読者の方々の影響で、現在はブルーグラスに傾倒?
広場にティンホイッスルを持ちこんで、人と地球にやさしい?音楽を発信中。

ご感想・ご意見の書きこみ歓迎♪もちろん楽器(演奏の話)の持ちこみも歓迎♪各記事の下で、レッツ・セッション♪♪

初めての方は、こちらへどうぞ☆
松月の芳名録

YouTubeに演奏を載せています。
よかったら聴いてみてくださいね♪
The Whistlin' Gal from Hitachi

ごあんない
松月のお気に入りリスト
最近の記事
最近のコメント

コメントありがとうございます!

最近のトラックバック

TB元に直接飛べます!
松月の元記事は「←」で参照できます。

カテゴリ
月別アーカイブ

My Whistles


Dixon DX006D
(Tuneable Aluminium Soprano D)

Dixon DX107A
(Tuneable Aluminium Alto A)

緑のgoo

子どもたちや花々は 僕のきょうだい
笑顔でこころも 晴れわたるよ~
 -「ライムズ・アンド・リーズンズ」

いつもお世話になっております♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。