松月のRhymes&Reasons

アメリカン・フォーク・ソングの言葉と想い そして源流をたずねる旅

こんなことを書いてます♪

ジャクソン・ブラウン
No. スポンサーサイト
No.78 「青春の日々」 by ジャクソン・ブラウン
Page 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「青春の日々」 by ジャクソン・ブラウン

☆松月のおすすめアルバム☆

ジャクソン・ブラウン-ソロ・アコースティック第一集ジャクソン・ブラウン-ソロ・アコースティック第一集
(2005/10/26)
ジャクソン・ブラウン

商品詳細を見る

今日はようやく開設当初からupしようupしようと思っていた方の登場です^^;
1970年代のウェスト・コースト・サウンドを支えたシンガー・ソングライターのひとり、ジャクソン・ブラウン(Jackson Browne, 1948- )です。

実は松月のジャクソンとの出会いは以前お話ししたジョン・デンバーとの出会いとまったく一緒なのです。大学の図書館で見つけた高校の英語の教科書(それもジョンの「岩を砕く花のように」が出ていたのと同じものです!)に「ハウ・ロング」(How Long)という歌を見つけ、その詩に感動してしまったのです・・・。教科書にこの2曲ってえらいマニアックな選曲なのでしょうが、わたしたちが明日を生き延びるための活動・・・反戦や、核兵器の廃絶や、環境保護への情熱が強く感じられました

さらに、そこではジャクソンのことが「ロック界の詩人」と紹介されていました・・・美しくも意味深い詩を書く「詩人」には目がないんですよ、わたしは(笑)。というわけで、彼の音楽に触れるべく、レンタル・ショップへ直行~~!!

そして借りてきたのが、「ソロ・アコースティック第一集」という、2005年に発売されたライブ・アルバムでした。「詩人」同様「アコースティック」に目がないわたしは、ライブの観客と一緒に、始めから終わりまで夢中になって聴き入っておりました。ジャクソンの詩はどれも本当に意味深いものでしたが、シンプルな弾き語りのおかげで、メッセージがまっすぐに届いたような気がして、感動・感動・感動でした

今日はその中でもわたしが特に気に入った「青春の日々」(These Days)という歌をご紹介します。かつての恋人のためにしてあげられなかったことを後悔し、将来への不安を感じながらも、前向きになろうと歩き続ける・・・。ジャクソンは16歳の時にこの歌を作ったそうですが、歳を重ねてから、昔を振り返るようにしみじみと歌っているのもいいですね。聴いていて涙があふれてしまいました・・・。

今日の映像もジャクソンの弾き語りです。もう一度じっくりと聴いてみましょう~

http://jp.youtube.com/watch?v=tPk11AugG4c


昨年の話ですが、10月に参加したパイナップラーズのライブの寄り合いで、ジャクソン・ブラウンの話もできてとってもうれしかったですよ(というか、ジョン・デンバーと関係ない話ばっかりしてすみませんでした^^;)。その後11月になってから、某音楽雑誌でジャクソンの特集記事を見つけ、来日公演のことを知り、びっくりしました

Backstreetsさんは見に行かれたのですよね。素敵なライブ・レポートをありがとうございました。ほかの方も読みに行けるように、こちらでご紹介させてくださいね
Walk On The Backstreets : Jackson Browne来日公演
アコースティック主体で「青春の日々」を歌ってくれましたかー。よかったですね♪
スポンサーサイト
↑読んでいただけたら評価をお願いします。↓コメントいただけるとさらに喜びます☆

テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

 | HOME | 
らいむ&りーずん(2011.4- )

現在、松月は千葉からゆる~く発信中♪

プロフィール( -2011.3)

松月

Author:松月(しょうげつ)
別名「日立の笛吹き娘」

20代ですが、アメリカン・フォーク・ソングに10年間も熱中しています。

茨城で演奏活動されている読者の方々の影響で、現在はブルーグラスに傾倒?
広場にティンホイッスルを持ちこんで、人と地球にやさしい?音楽を発信中。

ご感想・ご意見の書きこみ歓迎♪もちろん楽器(演奏の話)の持ちこみも歓迎♪各記事の下で、レッツ・セッション♪♪

初めての方は、こちらへどうぞ☆
松月の芳名録

YouTubeに演奏を載せています。
よかったら聴いてみてくださいね♪
The Whistlin' Gal from Hitachi

ごあんない
松月のお気に入りリスト
最近の記事
最近のコメント

コメントありがとうございます!

最近のトラックバック

TB元に直接飛べます!
松月の元記事は「←」で参照できます。

カテゴリ
月別アーカイブ

My Whistles


Dixon DX006D
(Tuneable Aluminium Soprano D)

Dixon DX107A
(Tuneable Aluminium Alto A)

緑のgoo

子どもたちや花々は 僕のきょうだい
笑顔でこころも 晴れわたるよ~
 -「ライムズ・アンド・リーズンズ」

いつもお世話になっております♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。